監獄のお姫さま9話ネタバレあらすじ&感想 実行犯日本語難ありで誤解?!全てが偶然?姫の父も怪しい

Pocket

小泉今日子さん主演ドラマ『監獄のお姫さま』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

吾郎(伊勢谷友介)と殺害された横田ユキ(雛形あきこ)の関係を最初に知ったのが、しのぶ(夏帆)の父だったことが判明しました。娘に二股をかけていた吾郎に、しのぶの父は激怒。会社は継がせないと宣言していました。

となると、吾郎がしのぶに罪を着せたとしても社長の座は手に入らないはず。吾郎が出世目的でしのぶに罪を着せたという線は消えたことになるようです。第9話でさらに明らかになる新事実に目が離せません。

以下、ドラマ『監獄のお姫さま』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『監獄のお姫さま』第9話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『監獄のお姫さま』第9話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

吾郎(伊勢谷友介)への復讐計画を綴った復讐ノートを紛失してしまったカヨ(小泉今日子)。復讐ノートを拾ったのは、看守の若井ふたば(満島ひかり)でした。

そんななか、足立明美(森下愛子)勝田千夏(菅野美穂)リン (江井エステファニー)が一斉に仮釈放を迎えます。『やるからね!絶対!!』カヨは涙ながらに、吾郎への復讐を呼びかけました。

カヨにも仮釈放が近づく中、しのぶ(夏帆)は今のうちに知っていることを全て話すと事件前後の情報を語りはじました。吾郎の元恋人・横田ユキ(雛形あきこ)の存在に最初に気づいたのは、しのぶの父だったとのこと。

しのぶの父が行きつけのスナックにてユキがホステスとして働いていたことから、しのぶの父は我が娘の婚約者が二股をかけているという事実を知ってしまったようです。激怒した父は吾郎に会社は継がせないこと、しのぶを社長に据えることを吾郎に告げたのでした。

そして、カヨがついに仮釈放の時を迎え、ついに1人刑務所に取り残されてしまうしのぶなのでした。

さらに詳しいドラマ『監獄のお姫さま』第9話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『監獄のお姫さま』第9話の視聴率

ドラマ『監獄のお姫さま』第8話の視聴率は、第7話の視聴率を1.1%上回り、6.6%という結果になりました。最終回に向けて、視聴率が上がってきましたね。

第1話 第2話

第3話

第4話 第5話
9.6% 9.6%( 6.5%(↓3.1% 7.8%(↑1.3% 8.0%(↑0.2%
第6話 第7話 第8話
7.9%(↓0.1% 5.5%(↓2.4% 6.6%(↑1.1%

ドラマ『監獄のお姫様』第9話の視聴率は引き続き上昇し、6%代後半と予想します。実際のドラマ『監獄のお姫様』第9話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

ドラマ『監獄のお姫様』第9話の視聴率は8.2%でした

それでは、ドラマ『監獄のお姫さま』第9話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『監獄のお姫さま』第9話のあらすじ(ネタバレ)前編

ふたばの親心

2015年、11月。『お世話になりました』自立と再生の女子刑務所をカヨ(小泉今日子)が出て行く。迎えに来ると宣言していた検事・長谷川信彦(塚本高史)は来ていなかった・・・

早速スマホを契約し、元夫とファミレスで再会したカヨは、メアドの設定方法を教えてもらう。身元引き受け人がいなかったカヨは、1年間更生保護施設に入ると語る。

息子・公太朗(神尾楓珠)のことをしきりに気にするカヨに、夫は公太朗とカヨが会うことは、新しい妻がよく思っていないのだと語る。妻はカヨの元夫との間に子供を産んだばかり。公太朗の良き母親になろうと奮闘している妻の気持ちもわかってくれと元夫はカヨに語った。

勇介が4歳を迎えた。しかし、しのぶ(夏帆)の刑期はまだあと8年残っている。刑務所内でもいじめを受けるようになったしのぶを不憫に思った若井ふたば(満島ひかり)は、正体を隠し、しのぶの母・民世 (筒井真理子)に手紙を書いた。吾郎(伊勢谷友介)には内緒で、勇介を連れ、面会に来て欲しいと。

しかし、その手紙を持って、民世が刑務所を訪れ、ふたばが手紙を書いたことはすぐに発覚した。所長室にて、民世と対面したふたば。民世は『私、もう会社とは関係ないんです。退いたんです。だから困るんです、こういうの・・・』と語る。

夫の治療費、介護費、横田ユキの家族への賠償金はすべて吾郎が肩代わりしてくれたと語り始めた民世。民世は吾郎に感謝しており、それにもかかわらず娘が血迷い無罪を主張していることに対して、ほとほと困り果てていると語った。

『あんたが全ての元凶だ!』怒ったふたばが民世を指差す。『うちらは毎日考えます!もし冤罪だったら?社長が犯人だったら?って』と声を荒げるふたば。『この手紙、社長に見せたんですか?』民世は『吾郎さんにはなんでも報告しなければ・・・』とすっかり吾郎の思い通りにされている様子。

その頃。吾郎がしのぶの面会に訪れていた。殿と本妻の間に子供が生まれなければ、側室が生むことは世の常だという吾郎。吾郎はしのぶにそう理解してもらえないかと無茶苦茶なことを口走る。また、しのぶが母親であることは、勇介の未来に影響するという吾郎に、しのぶは『なんで?』と言う。『事件を起こしたからでしょう?!』と吾郎が詰め寄ると、『あれ?・・・あれ・・・・??』としのぶは混乱しだした。

吾郎がしのぶの面会に来ていることを知ったふたばが慌てて面会室に駆けつけると、ふたばがちょうど部屋から出てきた。放心状態のしのぶ。『先生、私やりました。やっぱり私犯人です・・・』吾郎の姿はすでになかった。
 

【スポンサーリンク】

 

現れたふたば

2017年、1月。かつて仲間が出所していく際に、メアドを口頭で伝えたカヨ。そのメアドと同じメアドに設定したカヨだったが、誰からもメールは来なかった。

そんななか、通称・おばけこと田中幸子(あびる優)にスーパーで再会したカヨ。店員として仕事中の幸子はカヨにローストビーフをさりげなくサービスしてくれたのだった。

カヨは公太朗の学校前で待ち伏せした。『こういうの1番困るんだよ』カヨは原宿駅から徒歩35分の美容室に務めることになったとチラシを公太朗に渡した。『原宿じゃねえし・・・』と公太朗の女友達が突っ込む。『じゃあね、元気でね』カヨはスーパーで買ったローストビーフを公太朗に渡し、去っていった。

2017年、4月。美容室の前でチラシ配りをするカヨの前に、黒いハットに黒いトレンチコートをきたふたばが現れた。『角刈りにしてちょうだい』と椅子に座ったふたばに、店長の小島悠里(猫背椿)が『ベリーショートでよろしいですか?』と尋ねるが、ふたばは『角刈りにしてちょうだい』と言う。

ロングヘアのふたばをなんとかショートカットにしたカヨ。ふたばは何も言わずに帰って行った。ふたばを送り出した直後、カヨはふたばが座っていた椅子の下に復讐ノートが置いてあることに気づく。

カヨがノートを手にアジトを訪れた。そこには足立明美(森下愛子)や大門洋子(坂井真紀)、勝田千夏(菅野美穂)らの姿が。どうやら、ふたばが皆を集めたらしい。

『見てください!これ!』カヨはふたばが修正した復讐ノートを差し出す。また、ふたばがカヨたちの復讐を助けるため、すでに吾郎の秘書として潜り込んでいることをカヨは皆に明かした。

次ページのドラマ『監獄のお姫さま』第9話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

    • とおりすがり
    • 2017年 12月 13日

    田中幸子は、カヨに気づいたから、ローストビーフを「サービス」してくれた訳で。
    もう一度、視聴し直した方が、よろしいかと。

      • aoi-sea
      • 2017年 12月 13日

      ご指摘いただきありがとうございます!
      修正いたしました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る