陸王8話ネタバレあらすじ&感想 うまい買収話には裏がある?!御園は味方?敵?こはぜ屋の命運かかる!

Pocket

役所広司さん主演ドラマ『陸王』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

シルクレイ製造機が全壊し、1億円以上の設備投資が必要な事態に追い込まれたこはぜ屋。銀行からの融資を断られ、社員や家族の生活を優先するため、陸王開発を諦めようとした宮沢紘一(役所広司)に、会社を売らないかという思いもよらない提案がされました。

夢と社員たちを守る代わりに暖簾を失うのか、はたまた暖簾を守るために夢を諦めるのか・・・?究極の選択を前にした宮沢の決断とは、果たして・・・ ?!

以下、ドラマ『陸王』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『陸王』第8話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『陸王』第8話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

ライバルメーカー・アトランティスの嫌がらせにより、陸王のアッパー素材を提供してくれていた橘ラッセルから契約を打ち切られたこはぜ屋。悪いことは続くもので、今度はシルクレイ製造機が全壊してしましました。

機械を一から作るために必要な資金はなんと1億円以上・・・宮沢紘一(役所広司)は金策に、息子の大地(山崎賢人)はアッパー素材を提供してくれる代わりのメーカー探しに明け暮れることになります。

一方の茂木裕人(竹内涼真)は、シューフィッター・村野彦(市川右團次)からこはぜ屋のピンチを聞き、役に立ちたいという思いから雑誌社の取材にて自らの復帰の立役者となってくれた陸王を紹介。しかし、またもやアトランティスの圧力がかかり、紙面に陸王の文字が掲載されることはありませんでした。

銀行からの融資を断られた宮沢は、陸王の開発を諦めざるを得ないという結論に至ろうとしていました。それを知った村野は、『見損なった』と開発チームから去っていきます。

そんななか、埼玉中央銀行行橋市店に移動となっていた企業融資担当・坂本太郎(風間俊介)がベンチャーキャピタルに転職することになります。宮沢は坂本に出資をしてくれる先の紹介を依頼します。

やがて坂本の出した答えは、投資は難しいというもの。肩を落とす宮沢に、坂本は『会社を売りませんか?』と尋ねます。アメリカに拠点を置く大手アウトドアメーカーのフェリックスがこはぜ屋を買収したいというのです。

さらに詳しいドラマ『陸王』第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『陸王』第8話の視聴率

ドラマ『陸王』第7話の視聴率は、第6話を1.7%下回り、14.7%という結果になりました。この日、裏で放送されていたM-1グランプリの影響が多少あるのかもしれません。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
14.7% 14.0%(↓0.7% 15.0%(↑1.0% 14.5%(↓0.5% 16.8%(↑2.3%
第6話 第7話
16.4%(↓0.4% 14.7%(↓1.7%

ドラマ『陸王』第8話の視聴率は若干上がり、15%代と予想します。実際のドラマ『陸王』第8話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『陸王』第8話の視聴率は17.5%でした

それでは、ドラマ『陸王』第8話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『陸王』第8話のあらすじ(ネタバレ)前編

壊れ始めた結束

坂本太郎(風間俊介)に買収されることを提案された宮沢紘一(役所広司)。『また陸王や足軽大将を作れることになるし、それに社員も守れるし・・・』と続ける坂本に、宮沢は『買収は買収だろ?!』と声を荒げる。買収されることのメリットをさらに説く坂本の話を、宮沢は打ち切った。『うるさい!買収されたら未来もあるものか!もういい!』こはぜ屋の暖簾を失うくらいなら、元の足袋屋に戻ったほうがいいと宮沢は言い切った。

茂木裕人(竹内涼真)は陸上部監督・城戸明宏(音塚琢真)に、豊橋国際マラソンに出たいと切り出した。『本番までに完璧な調整をしろ』城戸はそれが豊橋国際マラソンへのエントリーの条件だと言う。

直後、茂木はシューフィッター・村野尊彦(市川右團次)から、今後陸王の提供は受けられそうにないことを聞かされた。村野は残念だが、豊橋国際マラソンまでに別のシューズを探すことになると伝える。

その頃、こはぜ屋の経営がますます悪化していることを専務取締役、経理担当・富島玄三(志賀廣太郎)から告げられた宮沢。富島は村野のへのアドバイス料、飯山晴之(寺尾聡)への顧問料が経営を圧迫している大きな理由になっていることから、両者への契約打ち切りを検討してくれと宮沢に伝えた。

開発室の前で、宮沢が飯山にどう切り出そうかと考えあぐねていると、飯山が電話で話している声が宮沢の耳に入ってきた。『フェリックスが本気だってことはよくわかったよ。御園社長(松岡修造)にそう伝えてくれ』

『今の電話誰ですか?うちを買収しようとしている会社ですよ?知っていて連絡を取っていたんですか?!シルクレイの権利を渡すつもりなんですか?!』飯山に食いつく宮沢。しかし宮沢は飯山に『その他に俺のシルクレイを、陸王を作り続ける方法はあるのか?!』と問い詰められ、何も言えなくなってしまった。

宮沢の自宅。買収の話を知った大地(山崎賢人)は『どうせおやじの代で潰すつもりだったんだろう?売ってしまえばいいじゃねえか?!』と声を荒げる。暖簾を守ることの重要さがわかっていないと宮沢が応戦し、2人は激しい口論となった。すると茜(上白石萌音)が叫ぶ。『そうやってバラバラになっちゃうんだったら、陸王なんて作らなければよかった!』大地があかねの言う通りだと悲しげに言い、宮沢もそれ以上喧嘩を続けることはできない。
 

【スポンサーリンク】

 

こはぜ屋と茂木の挑戦

陸王開発メンバーを居酒屋に集めた宮沢。『みんなで走ってみないか?』椋鳩運輸セールスドライバー・江幡晃平(天野義久)が持ってきた市民駅伝への参加を、皆でしてみないかと宮沢は提案。陸王を履いてこはぜ屋チームが出場することによって、1億円を融資してくれる人が見つかるかもしれないという江幡の意見が期待できそうにもないことから、一度は参加を断っていた宮沢だったが、このいろいろと大変な中、一つくらい前向きなことがあっても良いのではと思い直したらしい。縫製科リーダー・正岡あけみ(阿川佐知子)も、係長・安田利充(内村遥)も賛成した。皆は駅伝大会に向け、練習を重ねることになった。

行田市市民駅伝大会当日。1周4kmのコースを1人1周する行田市市民駅伝大会。43チーム中、上位10位が入賞となり、入賞チームはそのインタビューが地元紙に掲載されるらしい。そうなれば、陸王の宣伝効果も多少は期待できるかもしれないと、メンバーたちは明るい表情を見せる。

しかし、本番直前、安田が足を痛めていることが発覚。宮沢は残念だが棄権しようと切り出した。『僕に走らせてもらえませんか?!』会場に来ていた坂本が名乗りを上げる。偶然、安田が坂本をはじめとするチーム陸王のメンバーの名前をあらかじめ補欠登録していたことが発覚する。『みんな、チーム陸王じゃないですか!?』という安田。宮沢は坂本に『一緒に走りませんか?』とお願いしたのだった。

その頃。豊橋国際マラソンの前哨戦の1万メートル走のスタートラインには、茂木の姿があった。

市民駅伝、1万メートル走がスタートした。駅伝の第1走者は江幡。江幡は元陸上選手ということで快走。第2走者の仲下美咲(吉谷彩子)に上位でタスキをつなぐ。

第3走者はあけみ。あけみは次々に抜かれ、10位に落ちてしまった。しかし、あけみは諦めずにラストスパート。わずかながらに順位を挽回し、第4走者の坂本にタスキをつないだ。

その頃、1万メートル走にて、茂木は5000メートル地点に到達。ペースを一気に上げ、勝負を挑む。

次ページのドラマ『陸王』第8話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る