コウノドリ9話ネタバレあらすじ&感想 妊娠とは流産のリスクを負うこと!乗り越えた先にある奇跡を実感

Pocket

綾野剛さん主演ドラマ『コウノドリ』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第9話では、3度目の流産を経験することになる妊婦が登場。現代医学をもってしてもいまだ謎が多い不育症と、サクラ(綾野剛)が向き合います。

そして過疎化が進む地元の町をお産ができない町にしたくない一心で、大病を患いながらも産科医を続ける四宮(星野源)の父。仲間が1人、また1人と新たな道に進む中、四宮が出す決断とは・・・?!

以下、ドラマ『コウノドリ』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『コウノドリ』第9話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『コウノドリ』第9話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

ペルソナ総合医療センターにて出産した風間真帆(芦名星)の赤ちゃんが仮死状態で生まれました。蘇生を行った新生児科医師・白川領(坂口健太郎)は赤ちゃんの肺に問題があると診断し、治療を施すことに。

しかし、赤ちゃんの状態はなかなか回復しません。新生児科部長・今橋貴之(大森南朋)に相談すべきではないかという看護師や研修医・赤西吾郎(宮沢氷魚)の声を無視し、白川は治療を続けます。

その後、赤ちゃんの肺ではなく、心臓に問題があったことを今橋が発見。見当違いの治療をしていたことを両親に謝罪する白川でしたが、赤ちゃんの父親は『医療ミスだ』と白川のことを激しく非難するのでした。

他院へ搬送され、オペをした結果、赤ちゃんは助かりましたが、白川は大きなショックを受け、自信を喪失してしまいます。『俺、ペルソナ辞めるわ』白川は下屋加江(松岡茉優)にそう伝え、小児循環器科で研修し、最強の新生児科医になることを宣言したのでした。

一方、大学から研究に専念しないかとの誘いを受け、迷っていた四宮(星野源)でしたが、そんななか四宮の父・晃志郎(塩見三省)が倒れました。ステージⅣの肺がんを患っている晃志郎でしたが、晃志郎が産科医をしている四宮の地元の産科医は晃志郎ただ1人。お産ができない町にしたくないという思いから、晃志郎は治療に専念しようとはしません。

一旦はペルソナに帰った四宮でしたが、晃志郎の病状は思った以上に深刻で、晃志郎は再び倒れてしまうのでした。

さらに詳しいドラマ『コウノドリ』第9話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『コウノドリ』第9話の視聴率

ドラマ『コウノドリ』第8話の視聴率は、第7話の視聴率を1.2%上回り、12.9%という結果になりました。今期、平均視聴率が10%を超えているのはわずか4つのドラマのみとなっており、上からドラマ『ドクターX』・ドラマ『陸王』・ドラマ『奥様は、取り扱い注意』・ドラマ『コウノドリ』となっています。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
 12.9% 11.8 %(↓1.1%  11.9 %(↑0.1%  13.6 %(↑1.7%  10.6 %(↓3.0%
第6話 第7話 第8話
 11.0%(↑0.4%  11.7%(↑0.7%  12.9%(↑1.2%

ドラマ『コウノドリ』第9話の視聴率は再び上がり、12%代後半と予想します。実際のドラマ『コウノドリ』第9話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『コウノドリ』第9話の視聴率は12.3%でした

それでは、ドラマ『コウノドリ』第9話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『コウノドリ』第9話のあらすじ(ネタバレ)前編

3度目のお別れ

篠原沙月(野波麻帆)がサクラ(綾野剛)のもとを妊婦検診に訪れる。『ここに来ると思い出しちゃうね・・・』心配そうな沙月を夫・篠原修一(高橋光臣)が『大丈夫だよ』と励ます。

エコーで確認すると、胎児の心拍が確認できなかった。『3回も流産するなんて、私のせいですか?』偶然が重なって起こったのだと思うとサクラは説明。『先生、私不育症ですか?』

医師らのカンファレンスで、サクラは沙月が不育症の検査を希望している胸を説明。不妊治療外来の医師・岸田秀典(髙橋洋)は本人が希望しているならいいのではと言う。沙月の35歳という年齢では流産は25%の妊婦に起こることから、四宮春樹(星野源)は流産が珍しくないことをもっと知ってもらってもいいのでは?と言ったのだった。

『じゃあ行ってくる』父・四宮晃志郎(塩見三省)が倒れたという連絡を受け、四宮は再び地元へ帰っていった。

赤西吾郎(宮沢氷魚)の救急での研修が始まった。早速、男性が緊急搬送されてくる。血圧が200を超えていたため、薬で血圧を下げようとしていた下屋加江(松岡茉優)に『馬鹿野郎!脳出血か、脳梗塞かまだわからないのに血圧下げてどうすんだよ!』下屋は救命救急医・加瀬宏(平山祐介)に怒鳴られてしまった。

『またお別れしなきゃいけないんですね・・・』沙月のオペが始まった。全身麻酔が効き始めると同時に目をつぶった沙月の目から涙が一筋流れ落ちた。

帰宅した沙月は、引き出しにしまっていある3冊の母子手帳にふと気付き、3年前初めて妊娠したときのことを思い出していた。

ペルソナ総合医療センターにて不育症の検査の説明を受ける沙月。検査をしても、流産の原因がわからないことは多々あると言う岸田。理由がわからなければ、対策がわからないと言葉を荒げる沙月に、岸田はストレスをためないことが1番だと伝えたのだった。

ロビーにて、沙月に声をかけた助産師・小松留美子(吉田羊)。1人目の子供が無事生まれていれば、今頃あれぐらいだったとロビーに居合わせた幼児を見て、沙月はつぶやく。『やっぱりいろいろ忘れられなくて・・・』留美子は『忘れなくていいんじゃないかな?だって今まで宿った子は篠原さんの子供なんだもん』と微笑んだ。
 


<スポンサーリンク>

 

四宮と父の握手

晃志郎の元に駆けつけた四宮。園とき、胎盤早期剥離の疑いがある妊婦が運ばれてきた。自らが帝王切開すると言って聞かない晃志郎を目の当たりにし、四宮が執刀すると言い出した。『お母さん、大丈夫だからな』上の子に話しかける四宮。

オペ室。『先生、赤ちゃん大丈夫ですか?』心配そうな母親に四宮が『大丈夫です!』と答える。『不慣れですまないね・・・』整形外科医が応援に駆けつけた。こうして、赤ちゃんが無事に生まれた。

帰宅しようとしていた留美子を、新生児科部長・今橋貴之(大森南朋)が飲みに誘った。今橋は助産師の枠を超えて、留美子が沙月に気をかけすぎなのではないかと心配していた。『産科は僕にとって家族なんです』という今橋。『僕はペルソナいつ辞めてもいいと思ってます』人の命を預かる現場に正直疲れたと今橋は明かす。しかし、今もここにいるということは必要とされていると思えるからで、自分もそのことを望んでいるからだと今橋は語ったのだった。

晃志郎の病室。病床の晃志郎に、帝王切開した妊婦の予後が良いことを報告する四宮。母親も、長女も取り上げたのは晃志郎。『お腹の中の子も取り上げたかった・・・』と晃志郎はつぶやく。

『父さん・・・よくここで医者を続けてきたな・・・』しみじみと言う四宮に、晃志郎は『ここが好きだからな』と答える。席を立った四宮に、晃志郎は『まだまだお前には負けんからな』と宣言。『ありがとな』と手を差し出す。四宮は父の手を強く握った。

沙月の夫・修一が帰宅すると、沙月はベッドでBABYの動画を観ていた。『どんなに辛いことがあっても、明日は来ちゃうんだよね・・・』という沙月。『不育症の検査どうだった?』と修一が尋ねると、沙月は『まあ、普通に』と答える。

『俺はさ、子供がいない2人の人生もいいと思ってる。旅行もいけるし、それに』修一の言葉を遮り、沙月は『全然嬉しくない』と言う。

四宮がペルソナに帰ってきた。医局の話題は、学生時代、ヘビメタファッションに身を包んでいた倉崎恵美(松本若菜)のこと。『すっげえの来たな・・・』とつぶやく四宮。サクラが『いつもそんな感じなの?』と尋ねると、若かりし日の倉崎は『ダメすか?』と答えたのだった。

修一がサクラの元を訪れた。『何をしたら、妻が昔みたいに笑ってくれるのか・・・僕の役目は今までのことを忘れさせてあげることなんでしょうけど・・・』という修一に、サクラは『忘れる必要ないと思います』と答える。
 


<スポンサーリンク>

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • まろん
    • 2017年 12月 09日

    16週の妊婦です。
    私は母子手帳をもらったのは心拍確認後、しかも頭殿長から予定日がわかってからだったので、母子手帳を見ると悲しくなる、という部分だけ違和感がありましたが、検診の度に元気かな?大丈夫かな?という気持ちは同じなので今回の話はとても共感できました。

      • aoi-sea
      • 2017年 12月 09日

      まろんさん

      コメントいただきありがとうございます。
      母子手帳がもらえる時期は自治体によって違うみたいですね。
      また、詳細は描かれませんでしたが、沙月が流産してしまったのは心拍確認後間もなくだったのかもしれません。

      どちらにしろ、胎動が感じられるようになるまでは、お腹のなかに赤ちゃんがいるという自覚もあまりないので、健診で元気なことを確認してホッとするという感じ、よくわかりますよね。
      妊娠することも奇跡だし、お腹のなかで育ってくれることも奇跡、元気に生まれることも奇跡で、出産とは本当に奇跡の積み重ねの末の賜物なのだということを実感しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る