ドクターX 9話ネタバレあらすじ&感想 内神田末期ガン,倒れた未知子も!?未知子の外科医生命の行方とは

Pocket

米倉涼子さん主演ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

プリマになるという少女の夢を守るため、邁進する未知子(米倉涼子)を本格的に排除する動きを見せ出した日本医師クラブ会長・内神田(草刈正雄)。

そんななか、未知子のまさかの病の影が・・・ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』、いよいよ最終回前話です。

以下、ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)がある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしてきた事実を告発する意向を記者会見で発表します。八雲は肝外発育型肝細胞がんで死期が近いと診断されており、今回の告発の背後には死ぬ前に正義を貫きたいという八雲の想いがあったのでした。

しかし、八雲が不正を告発しようとしていたのは、日本医師クラブ会長・内神田(草刈正雄)の友人でした。東帝大学病院に入院してきた八雲のオペは非常に難易度が高いため、当初フリーの外科医・未知子(米倉涼子)が担当する予定でしたが、八雲の命が助かってしまうといろいろと不都合が起きることを理由に、内神田は院長・蛭間(西田敏行)に、八雲のオペを失敗させるよう導くように忖度させます。

その流れを察し、腐った体制に嫌気がさした若手外科医・西山直之(氷山絢人)は直接内神田に交渉し、八雲のオペを自分が執刀する許可を得ました。実は西山の母は若かりし頃、内神田と交際しており、妊娠。しかしすでに学部長の娘との縁談が決まっていた内神田の将来を案じ、妊娠した旨を黙ったまま別れていたのです。西山は自分が内神田の隠し子であることをマスコミにリークしない見返りとして、オペの許可を内神田より取っていたのでした。

未知子の助けがあり、八雲のオペは無事に成功。寿命が延び、命が惜しくなったのか、八雲は不正はすべて自分の記憶違いで、告発はしないと言い始めます。父・内神田の圧力が働いていることを察した西山は内神田に会いに行き、『あんたは患者を殺そうとしたんだぞ!?何が権力だ!何が組織だ!くだらねえ!!』と言い捨て、母の形見である内神田の腕時計をテーブルの上に置き、去って行ったのでした。

さらに詳しいドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

2016年に放送されたドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4期のネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話の視聴率

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第8話の視聴率は、第7話の視聴率を0.5%上回り、20.6%という結果になりました。

現在第7話までが終了している今期視聴率第2位のドラマ『陸王』の平均視聴率が15%強ドラマ『ドクターX』の平均視聴率が20%強で、2位以下のドラマを大きく引き離し、完全な独走状態をキープしていることがわかります。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
20.9%

19.6%(↓1.3%

19.0%(↓0.6% 19.1%(↑0.1% 20.8%(↑1.7%
第6話 第7話 第8話
20.7%(↓0.1% 20.1%(↓0.6% 20.6%(↑0.5%

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話の視聴率は最終回を目前にさらに上がり、21%前後と予想します。実際のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話の視聴率は21.2%でした

それでは、ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話のあらすじ(ネタバレ)前編

少女の夢を守るために

母・九重比佐子(原沙知絵)と家路を急ぐバレエ少女・九重遥(井本彩花)。足のことを気にする遥に、『また痛いの?』と比佐子が尋ねるが、遥は痛くないと答える。『私絶対選考会で1位になってプリマになるから!』と遥は宣言したのだった。

もうすぐ娘・舞が一時帰国することから浮き足立っているフリーの麻酔医・城之内 博美(内田 有紀)とフリーの外科医・大門未知子(米倉涼子)が病院から帰宅しようとしているところに、遥を連れた祖父・九重節郎(大友康平)が現れた。節郎は遥が足を痛がっていることが気になるという。

高級鉄板焼き店で食事をする蛭間重勝(西田敏行)と日本医師クラブ会長・内神田景信(草刈正雄)。蛭間は内神田の息子である外科医・西山直之(氷山絢人)のことを、父に似て医師の素質があると絶賛した。『ただ、懸念すべきことがありまして・・・大門未知子にべったりというか・・・』蛭間の言葉を聞いた内神田は『時間がないんだ』と言い、神原名医紹介所に圧力をかけるよう命じたのだった。

遥が節朗と一緒に病院に行ったことを聞いた比佐子は眉をしかめた。『なんで黙ってたの?おじいちゃんと行ったんだって?前から言ってるでしょ?あの人とあまり関わらないでって』比佐子は節朗は父親としても、人間としてもダメだと言い、酒に溺れる節朗の様子を脳裏に浮かべたのだった。

遥と比佐子が東帝大学病院を訪れた。整形外科医・木元(きたろう)が遥の足の痛みの原因が舟状骨骨折であることを説明する。しかし、舟状骨骨折の治療には2回のオペが必要なため、長い治療期間が必要となり、選考会には間に合わない。そのことを知った遥は落ち込みを隠せない。

待合室にて肌身離さず身に着けているバレリーナのキーホルダーを弄んでいる遥に、未知子が話しかけた。『かっこいいじゃん、そのバレリーナ。そんなの売ってるんだ?』そのキーホルダーは細部まで精巧に作り込まれていた。遥は『作ってもらいました』と答える。遥は立ち上がり、痛みに耐え、このまま選考会に出ると比佐子に伝えた。

節朗と会った比佐子は『遥の選考会のエントリー、辞退してきた』と伝えた。『そんなに悪いのか?』遥の足を心配する節郎。『芸事なんかで飯が食えるかって、遥のこと殴らずに済んだね』比佐子はこれ以上遥に関わらないでくれと節朗に伝え、去って行った。

神原晶(岸部 一徳)や博美と銭湯を訪れた未知子。『でも遥ちゃん、かわいそう・・・』バレエの世界では小さい頃から実力を認められなければプリマになれないことから、今の大切な時期を半年間怪我で無駄にするのはかわいそうだと博美が言った。

木元のもとを診察に訪れていた遥たちの前に未知子が現れた。『バレエの選考会間に合うよ』未知子は金属のネジではなく、患者自身の骨で作った骨のネジで骨折部を固定する方法ならば、後でネジを抜く必要もなくオペは1回で済むと説明した。

遥の術前カンファレンス。未知子はピーナッツ大の大きさの骨を遥から切り出し、その場で加工。直後に遥に埋め込めば、オペは1回で終了すると医師たちに説明した。『手術室の中で誰がどうやってネジを作るっていうんだ?!』という外科副部長・猪又孝(陣内孝則)。

未知子はすでに専門の技術スタッフに働きかけ、前向きな返答をもらっていた。西山は遥のオペの助手につきたいと挙手したのだった。
 

【スポンサーリンク】

 

内神田の病

内神田のオフィス。秘書が内神田の指示通りに動いたことを報告。『これで大門未知子も神原名医紹介状も終わりですね・・・』と内神田はつぶやく。また、秘書は内神原宛に届いた郵便物を差し出した。

秘書が出て行った後、内神田は郵便物を開封。中には内神田自身のある検査結果が入っていた。内神田は食道がんのステージⅣらしい。『私の余命も後半年ってとこか』内神田は検査結果を破り捨てた。

東帝大学病院の外科医局。骨ネジを作ってくれる専門家がどこも同時刻に断ってきたことが未知子に告げられた。蛭間に掛け合ってくると院長室に向かう未知子に、西山が声を荒げる。『直談判しても無駄です!これ上からの圧力ですよ!?』『圧力?上って誰?』

神原名医紹介所に郵便物が届いた。中には『取引停止警告』と書かれた書類が入っており、神原は驚愕する。

内神田のオフィスを未知子が訪れた。『君は彼の将来のためにならない。彼には医者としての王道を歩かせたい』将来は自分の椅子に西山を座らせたいと内神田は語り始める。『私の息子がフリーランスごときに汚されていくのは我慢ならない。フリーランスは排除します!』自分の都合で患者の将来を奪っていいのかと内神田を問い詰める未知子。

内神田はフリーランスとして自由だけを手に入れ、大病院の最先端の設備を使ってオペをしている未知子は矛盾していると言う。

『仮に私が末期の癌に侵されているとしよう』内神田は世界中に医師が未知子1人だったとしても、決して未知子にオペは頼まないと言い切った。

未知子が神原名医紹介所に帰ると、神原は肩を落とし、『神原名医紹介所が訴えられるみたい』という。内容は過大請求だという。内神田の圧力であることは一目瞭然だった。

大手の技術者に断られたとしても、中小企業などもっと小さい規模のところにも骨ネジを作ることができる技術者はいるはずだと外科医・森本光(田中圭)が言い出した。未知子の脳裏に、遥がつけていたバレリーナのキーホルダーが浮かんだ。

遥の元を訪れた未知子。『遥ちゃん!それ、誰に作ってもらった?』遥のキーホルダーを作ったのは、節朗だった。未知子は節朗の元を訪れ、骨ネジの作成を依頼したのだった。

すでに引退し、年金暮らしの節朗の工場はもう10年以上も稼働させていなかった。『金属と人間の骨はまったく違う』と節朗は乗り気ではない。

次ページのドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第9話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る