奥様は取り扱い注意9話ネタバレあらすじ&感想 偽装結婚,勇輝に愛はなかった説浮上!勇輝は菜美のスパイだった

Pocket

綾瀬はるかさん主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

プロ殺し屋と互角の戦いを繰り広げた勇輝(西島秀俊)が一般人ではないことがほぼ確定しました。彼は何者なのか?最終回前話となる第9話で大きな展開がありそうです。

以下、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

伊佐山菜美(綾瀬はるか)たちの暮らす街で連続空き巣事件が発生。空き巣に入られた家が町内に住む大物政治家のホームパーティに参加した家ばかりだったことから、菜美はただの空き巣でないことに気づきました。

ことの発端は近所に住む主婦・坂崎藍子(苗木優子)が政治家のホームパーティにて、退屈しのぎに寝室に盗聴器を仕掛けたことにありました。実はこの政治家にはかつて汚職疑惑があり、黒を裏付ける発言を藍子は聞いてしまったのです。

そのことに気づいた政治家がプロの殺し屋を雇い、盗聴器が仕掛けられたであろうホームパーティに参加していた家を狙っていたのでした。命の危険を感じた藍子が菜美に助けを求め、菜美は殺し屋を撃退。汚職疑惑の証拠となる音声をマスコミに公表したのでした。

盗聴器の受信機を探し回る過程で、伊佐山家に入った殺し屋は勇輝(西島秀俊)と対峙。取り逃がしはするものの、勇輝はプロの殺し屋と互角の戦いを繰り広げます。このことから夫が只者ではないことを確信した菜美。勇輝もまた、妻が自分のことを疑い始めていることに気づくのでした。

一方、優里(広末涼子)は合コンで知り合った安西(小関裕太)に好きだと告白されることに。横溝健(玉山鉄二)が仕掛けた巧妙な罠であることに気づかないまま、優里は夫・啓輔(石黒賢)への不満から安西にのめり込んでいくのでした。

さらに詳しいドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話の視聴率

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第8話の視聴率は、第7話を0.3%下回り、12.4%という結果になりました。若干の上下はありますが、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』の視聴率は第1話からずっと安定しています。

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
11.4% 11.3%(↓0.1% 12.4%(↑1.1% 11.2%(↓1.2% 14.5%(↑3.3%
第6話 第7話 第8話
12.9%(↓1.6% 12.7%(↓0.2% 12.4%(↓0.3%

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話の視聴率は最終回に向けて少し上昇し、13%前後と予想します。実際のドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話の視聴率は13.6%でした

それでは、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話のあらすじ(ネタバレ)前編

町内の黒い影

(なぜ、この人と結婚してしまったんだろう・・・)優里(広末涼子)は啓輔(石黒賢)の顔を見るたびに、そう思ってしまう自分がいることに気づいた。この生活に感じる息苦しさを言い訳にしてはいけないことは重々承知しながらも、優里は合コンで出会った安西(小関裕太)との逢瀬を重ねていたのだった。

安西と会った帰り道、優里は1人の近所に住む主婦・浦辺と道ですれ違う。浦辺は帰宅するや否や、『ごめんなさい』と遺書をしたため用意してあったロープで自殺を図った。

浦辺の通夜に参列した菜美(綾瀬はるか)と優里、京子(本田 翼)。『浦辺さん、自殺だったみたいです』と京子が情報通の主婦から聞いた情報を告げた。

横溝健(玉山鉄二)は車で通夜帰りの菜美たちとすれ違う。横溝は自殺した主婦が遺書を残し、自分たちが関係していたことが明るみに出ていないか、確かめに来たのだ。手下が遺書は残されておらず、自分たちのことは知られていないと横溝に報告した。『1人減ったんで、早めに新しいの補充しろってあの女に伝えろ』と横溝は手下に伝えた。

菜美が帰宅すると、夫・勇輝(西島秀俊)に話があると切り出された。『一緒にドイツに行かないか?』順調に業績を伸ばしている会社が今度ドイツに支社を出すことになり、勇輝が抜擢されたのだという。『行くとしたら、いつになるの?』勇輝は一月後には日本を立ちたいと答えた。菜美は前向きに考えてみると言い、勇輝はありがとうと笑った。

優里が自宅でボーッとしていると、『どうかしたのか?』と啓輔が話しかけてきた。『浦辺さん、自殺だったんだって。孤独だったのかな・・・』という優里に、夫も子供もいてそれのどこが孤独なのかと啓輔は尋ねる。家族がいても、分かり合えなければ孤独なだけだと言う優里。優里は啓輔が自分と分かり合えるよう、努力してくれているのかと尋ねた。『君はいつまでたっても子供だな。求めるばかりで与えようとしない』と啓輔は言った。『本気で言ってるの・・・?』優里が涙目で尋ねると、啓輔は話を打ち切って、部屋を出て行った。
 

【スポンサーリンク】

 

明らかになった真相

翌朝。勇輝が出勤した後、かつての仕事仲間・小雪(西尾まり)のもとを尋ねた菜美。『ある会社とある人物のことを調べて欲しいの』菜美は勇輝の身辺調査をしてほしいと申し出た。

勇輝が初めて一目惚れした相手であることを菜美が明かすと、小雪は『一目惚れってことは直感で選んだんでしょ?ヤバいかもね・・・あんたが欲しがってたものは今も昔も変わらないはず』と言う。菜美が潜在意識下で求めていたものを、勇輝が与えてくれると思ったからこそ、菜美は勇輝に惚れたのであり、それは勇輝が限りなく黒に近いということ・・・

とあるホテルのロビー。横溝がある主婦に『804だ』と部屋番号を告げる。主婦は指定された部屋に行き、男性がいる室内に入って行った。

夫・渉(中尾明慶)の会社の前から、尾行を始めた京子。(今何してる?)京子が試しにLINEを送ってみると、渉は喫茶店にいるにもかかわらず、会社で残業中だと嘘の返信をしてくる。ますます疑いを強める京子・・・

そうこうしているうちに、1人の女性が渉の前に現れた。2人は腕を組み、ラブホテルへと入って行ったのだった。

菜美の携帯に、小雪から電話があった。『かなり深く潜って探ってみたけど、怪しいところは見つからなかったよ』勇輝は間違いなくカタギの人間だと言う小雪。『安心して主婦生活を楽しみなよ』『うん、そうする』安心し、電話を切る菜美。

菜美との電話を切った小雪は、背後に座っている男の方を振り向き、『これでいいんでしょう?』と尋ねる。その男は勇輝だった。

京子が放心状態でダイニングに座っているところに、渉が上機嫌で帰ってきた。『どうした?元気ないね?』京子はただちょっと疲れているだけだと無理に笑った。

その頃、菜美の自宅にも勇輝が帰宅した。昼食に同じうどんを食べたことが発覚し、テレパシーかもねと勇輝と菜美は微笑みあう。

菜美はドイツについていくことを決意したと勇輝に切り出す。『あなたのこと支えさせて』『本当にありがとう。君のことはいつまでも幸せにするよ』勇輝は笑顔を見せながらも、菜美が本心では何を考えているのか、探っていたのだった。

次ページのドラマ『奥様は、取り扱い注意』第9話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】
ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る