ドクターX 4話ネタバレあらすじ&感想“オペ致しません”未知子の真意と森本の婚約者の正体に驚愕の結末!

Pocket

米倉涼子さん主演ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第4話では、森本(田中圭)に春の訪れ!?婚活パーティーで知り合い、電撃婚約をした婚約者の女性が、あの日本医師クラブ・内神田(草刈正雄)の娘だったというまさかのつながりが発覚。内神田の娘を巡って、東帝大学病院が大きく揺れます。

以下、ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

肺がんを患っていた東帝大付属幼稚園園長・三鴨(平田満)は、外科副部長・猪又孝(陣内孝則)の患者でした。化学治療にてある程度腫瘍が小さくならなければオペは不可能という猪又の診断に不安を抱いた三鴨は、セカンドオピニオンを求め他院を回りますが、三鴨がセカンドオピニオンなどと言い出したことによりメンツを潰されたと感じた猪又が手を回したことにより、三鴨を受け入れてくれる病院はありません。

結果、三鴨は神原診療所へ。東帝大学病院にてフリーの外科医・大門未知子(米倉涼子)の持ち込みのオペが行われることになりました。

かねてから日本医師クラブ会長・内神田景信(草刈正雄)より、未知子の抹殺を指示されている院長・蛭間重勝(西田敏行)は、三鴨のオペの執刀医を猪又に、第一助手に未知子を指名。蛭間は猪又に次期外科部長の座をチラつかせながら、わざと三鴨のオペを失敗して責任を未知子に押し付けるという企みをほのめかしました。

三鴨のオペが始まり、肺の腫瘍をなんとか取り切った猪又でしたが、未知子は肺の他に、三鴨の甲状腺にも腫瘍があることに気づいていました。実はこちらが三鴨の病気の根源だったのです。自分が気づかなかった甲状腺の腫瘍に気づき、見事取り去った未知子の医師としての腕前を目の当たりにし、激しく動揺する猪又。猪又が、わざとミスを犯し、責任を未知子に押し付けるということはなく、蛭間の企みは失敗に終わったのでした。

さらに詳しいドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

2016年に放送されたドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4期のネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話の視聴率

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第3話の視聴率は、第2話の視聴率を0.6%下回り、19.0%と言う結果になりました。相変わらず今期放送連続ドラマの中で、ダントツの首位をキープしています。

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話の視聴率は引き続き好調キープで19%代と予想します。実際のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話の視聴率は19.1%でした

それでは、ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話のあらすじ(ネタバレ)前編

内神田の娘が抱える病

オペ中の手際が悪かったことから、外科医・森本光(田中圭)はフリーの外科医・大門未知子(米倉涼子)から『あんた何年外科医やってんの?失格。第一助手変わって』と言われてしまう。

未知子からの一言が原因で、医局にて落ち込んでいた森本。外科医・原守(鈴木浩介)が婚活パーティーに行こうと誘う。パーティーに参加した結果、森本にいい女性が見つかった。

パーティーからの帰り道。過酷な仕事場からのストレスを癒してくれる家庭に憧れる原と森本は居酒屋へ。ともに仕事への愚痴を言い合う。同じ居酒屋に偶然神原晶(岸部 一徳)と未知子が来ていた。10件オペこなしたことから今日はなんでも頼んでいいという神原。次々と高額メニューを注文する未知子を目の当たりした森本たちは『・・・自由だ』と驚いた。

いつもの高級鉄板焼き店にて会食する日本医師クラブ会長・内神田景信(草刈正雄)と東帝大学病院院長・蛭間重勝(西田敏行)。『あの女は東帝大サラブレッドの育成にふさわしくない。暴れ馬だ』と内神田は蛭間に未知子のことを再度警告。蛭間はよくわかっていると答える。内神田は2度離婚していることを明かし、家族を大切にするよう、蛭間に伝えたのだった。

ある日。内神田四織(仲 里依紗)が東帝大学病院を訪れた。四織は式場の予約が取れたと森本に報告。森本が婚活パーティーで見つけた女性が四織。2人は電撃婚約している。すると突然、四織が倒れた。

四織の肝臓に大きな腫瘍が見つかった。『放っておくと3ヶ月以内に死ぬね』という未知子。しかし、このオペは簡単なオペではないことを、医師らはわかっていた。腫瘍を取った場合、肝臓が自己再生できるギリギリしか残らない可能性が高いのだ。

カルテの『内神田』という四織の名字に気づいた外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)は四織の病室へ。医師クラブ会長の内神田とのつながりを尋ねると、四織は内神田の実子であることを明かした。四織の母と内神田は離婚しており、四織は父の姓を選んでいる。四織は父に迷惑がかかることを心配し、父には病気のことは秘密にしてくれと海老名に頼んだ。

院長室。海老名から四織の報告を受けた蛭間は驚き、四織のオペを成功させれば、内神田からの評価が上がると沸き立つ。『最重要患者さんですからね、3タカシによるドリームチームを作ったらどうかな?』外科副部長・猪又孝(陣内孝則)・外科副部長・鳥井高(段田安則)・海老名敬の3人に四織のオペの執刀医を任せると蛭間は語った。
 

【スポンサーリンク】

 

執刀医は誰?

四織の病室に未知子が現れ、自分が手術をすると申し出る。すると猪又・海老名・鳥井が入ってきて、自分たちが四織の手術を執刀すると割って入る。しかし、四織は婚約者である森本のことを心から信じているらしく、『私、森本先生以外の手術は絶対に受けません』と言いだした。

森本が断れずに執刀医を受けたことで、医局は大荒れ。森本は医師らから総攻撃を受ける。『実は過去この症例やったことあるんだよね?君から彼女に紹介してくれないかな?』と森本に言う海老名。『その時はうまくいったんですか?!』森本が食いつくが、海老名は暗い顔をし、手術が失敗したことを示唆。森本は何も言えない・・・

院長室。四織が森本以外のオペに応じないことから、蛭間は3タカシに森本の助手についてくれと命じる。しかし、3タカシは気が乗らない様子。『院長、大門先生に助手についていただきたいんですが・・・』と森本が申し出る。しかし、未知子が助手など到底引き受けそうにもないことをその場にいる全員が感じていた。蛭間は土下座でもなんでもして、未知子に助手についてもらうよう、説得してこいと言い放った。

予想通り『助手、致しません。私が切る』の一点張りの未知子。『お願いします!大門先生が切ってもらってもいいんです』形だけの助手で良いと森本は土下座をし未知子に頼む。なぜ自分でやらないのか?と言う未知子に、森本は自分が三流であることを自覚しているため、自分は患者を治す医師ではなく、患者を診る医師になるつもりだと明かす。未知子は森本の言葉に異論を唱える。『患者ってさ、治してもらいたくてここ来てるんじゃないの?』と未知子は言い、去っていく。『大門先生みたいに失敗しない人にはわからないんですよ!!』森本は未知子の背中に言葉をぶつけた。

『もし手術が成功したら、私ちゃんと生きようと思います』と森本に言う四織。四織は、こうして森本と話せるのもあと少しだと思うと不安で仕方がないと話す。森本の脳裏に『患者ってさ、治してもらいたくてここ来てるんじゃないの?』という未知子の声が響く。森本は『僕が四織さんを治します。信じてください』とつい言ってしまった。

外科医・西山直之(氷山絢人)が医局を出て帰宅の途につく未知子に声をかけた。『大門先生、本当に森本先生に任せていいんですか?』と心配そうな様子の西山。『何か方法はないんですか?このままじゃ失敗してしまいますよ?』という西山に、未知子は『お疲れ』と言い残し去っていった。

そして、四織のオペが始まった。執刀医は森本。助手に原が付いている。3タカシは手術室の上からその様子を見守っている。

次ページのドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第4話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る