BORDER贖罪ネタバレあらすじ&感想 石川,闇の世界を選択する結末に!正義とは結局何なのか

Pocket

スペシャルドラマ『BORDER 贖罪』結末までのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

今回放送されるスペシャルドラマ『BORDER 贖罪』は、2014年春に放送された連続ドラマ『BORDER』の続編となっています。

『BORDER 贖罪』の主人公は、脳に被弾したことから死者と交信できる特殊能力を得た刑事・石川安吾(小栗旬)。自らを正義と疑わない石川が、絶対的な悪・安藤周夫(大森南朋)と対峙することにより、正義と悪の境界線を越えてしまったところから、物語は始まります。

スペシャルドラマ『BORDER 贖罪』結末までのネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、前作の連続ドラマ『BORDER』最終回の簡単なネタバレあらすじについてもまとめています。ネタバレしますので、連続ドラマ『BORDER』最終回とスペシャルドラマ『BORDER 贖罪』がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

連続ドラマ『BORDER』最終回の簡単なあらすじ(ネタバレ

銃撃戦の末に脳に被弾したことにより、死者と交信できる特殊能力を手にいれた刑事・石川安吾(小栗旬)。石川はその能力を使い、事件の被害者と対話することで難事件に挑んでいきます。

しかし、石川が死者と交信できる能力にはリミットがありました。それは、死者が火葬されるなど、荼毘に付されるまでの間に限って使える能力だったのです。

事件の被害者と交信できる石川の能力は、捜査に大いに役に立ちましたが、問題は現実の社会で犯人を逮捕できるだけの十分な証拠をそろえられるか?という点でした。石川にとっては被害者の証言が何よりの証拠ですが、現実の社会でこの言い分は通りません。犯人がわかっているのに逮捕できないという葛藤が、次第に石川を正義と悪の境界線近くに引っ張っていくようになります。

石川は犯人逮捕に固執するあまり、裏社会の力を利用すること、証拠の捏造などに手を染めるようになっていきました。石川は徐々に疲弊していきます。

そんななか、自らを絶対的な悪と称する犯罪者・安藤周夫(大森南朋)が起こした事件に石川は関わることになります。事件の被害者で、安藤に命を奪われた幼い少年と対話することに成功した石川は、程なくして今回の事件の犯人が安藤であるという答えに行き着きます。

しかし、証拠がない・・・石川は被害者の少年の毛髪を安藤の自宅に忍び込ませるなどの裏工作を働きますが、狡猾な安藤の手により、証拠は闇に葬られ、石川の計画通りに事は進みません。

しびれを切らした石川が、安藤に『お前がやったんだろう?』と尋ねると、安藤はいとも簡単に『はい』と自白しました。『闇があってこそ光があるんです。悪が存在してこそ正義も存在する。私がいるからこそあなたは輝けるんです』と語る安藤は、石川に自分を逮捕できるだけの証拠がないことを確信し、『あなたもこちら側に来ればいい』と石川自ら自分を罰することを提案。『それもできないでしょ?』と安藤は石川を挑発するのでした。

そんななか、被害者の少年の葬式の日がやってきました。火葬されれば、石川は少年と対話することはできなくなります。『ありがとう』笑顔で自分に手を振った少年の姿を見たとき、石川のなかで何かが爆発。石川は気がつくと安藤の元へ走り出していました。

石川は安藤をビルの屋上へ連れて行き、『死にたくなかったら自首しろ!』と詰め寄りますが、安藤はいたって冷静。表裏一体の存在である自分と石川。しかし、そこには決定的な差がある。悪である自分は人の命を奪うことができるが、正義側にいる石川はそれができない、と安藤は淡々と話します。『また、私の勝ちですね?』そういった安藤を、石川はビルの屋上から突き落としていました。

我に返った石川が下を覗くと、そこには転落死した安藤の姿が・・・激しく動揺する石川の肩を死者となった安藤が叩きます。『こちらの世界へようこそ』
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『BORDER 贖罪』の登場人物とキャスト

警視庁

石川安吾(小栗旬

警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事。

立花雄馬(青木崇高

警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事。石川の同僚。

比嘉ミカ(波瑠

警視庁刑事部の特別検視官。

市倉卓司(遠藤憲一

警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の班長で、石川の上司。

久高喬(國村隼

警視庁の監察管理官。石川が捜査中に安藤を死なせてしまった案件で、石川を調査することに。

裏社会

赤井(古田新太

石川が頼りにしている情報屋。かつては人生の勝ち組だったが、妻の浮気がきっかけで傷害事件を起こし、転落。新橋近くの飲み屋をオフィスとし、情報屋に。

スズキ(滝藤賢一

石川に協力するようになった便利屋。かつて興信所で働いていた時代に、盗聴やピッキングなどの技術を身につける。

ガーファンクル(野間口徹

天才ハッカー。少年院で出会った相棒のサイモンと2人でS&G行政書士事務所を設立。裏でハッカー業を行なっている。

サイモン(浜野謙太

天才ハッカー。ガーファンクルの相棒。

犯罪者

安藤周夫(大森南朋

前作の連続ドラマ『BORDER』にて、連続幼児誘拐殺人事件を起こした犯人。絶対的な悪の体現のためなら命も惜しまないという言葉通り、死してもなお石川に執拗につきまとう。

原口知幸(満島真之介

ある殺人事件の容疑者として、捜査対象となる。

被害者

須藤真実(中村ゆりか

ある殺人事件の被害者。死者となって現れ、石川に救いを求める。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『BORDER 贖罪』のあらすじ(ネタバレ)前編

こちらの世界へようこそ

捜査中に銃弾を頭に受け、死者と交信できる能力を手にいれた警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の刑事・石川安吾(小栗旬)。脳に受けた銃弾が、人間がいつしか使わなくなった機能を目覚めさせたのか・・・

屋上で安藤周夫(大森南朋)と対峙する石川を目撃した同僚の立花雄馬(青木崇高)が、屋上へ向かう。

『また私の勝ちですね?』石川はそう言った安藤を、気がつけば屋上から突き落としていた。激しく動揺する石川の肩を叩いたのは、安藤だった。『こちらの世界へようこそ・・・』

ふと石川が我に帰ると、立花が石川の肩を掴んでいた。『何があったんだ?!』その様子を安藤がすぐそばで見ている。石川は立花の胸の中で気を失った。

安藤は石川に屋上から突き落とされたことにより、転落死した。現場に警視庁刑事部の特別検視官・比嘉ミカ(波瑠)・警視庁捜査一課第二強行犯捜査・殺人犯捜査第4係第一班の班長・市倉卓司(遠藤憲一)が駆けつける。石川のことを心配し、屋上へ向かおうとするミカに、まず仕事をしろという市倉。『・・・でも・・・』

屋上では死者となった安藤が、石川に話しかけていた。『正義のために人を殺した気分はどうですか?』悪のために人を殺すのとはまた違うのか?と興味津々の安藤。石川は何も答えない。『時間はたっぷりあります。また話し合いましょう』と安藤は言う。

呆然としたまま、所轄へ連行される石川に、市倉は落ち着いて記憶が整理できるまでは何も話すなとアドバイスした。

屋上には防犯カメラも設置されていない。ここで何が起こったかだけは、石川と死者となった安藤だけが知っている状態となる。

情報屋・赤井(古田新太)の携帯に、何者かから連絡が入った。『新しい動きが入ったら、連絡をください』とだけ言い、赤井は電話を切る。赤井は便利屋・ スズキ(滝藤賢一)や天才ハッカー・ガーファンクル(野間口徹)・サイモン(浜野謙太)に連絡。集合をかけた。

警視庁の監察管理官・ 久高喬(國村隼)がやってきた。久高の事情聴取を待つ石川に再び安藤が話しかける。『どうですか?人を殺した感触は蘇ってきましたか?正義のための殺人と、悪のための殺人にどんな違いがあるのか、話し合ってみませんか?』石川が安藤と目を合わそうとした時、久高が部屋に入ってきた。安藤は消える。

解剖室。ミカたち、検視官が安藤の解剖を始めた。そこに石川の事情聴取を始める前に情報収集に来た久高が入ってくる。ミカは頭部の外傷の他に傷は見当たらなかったことを久高に報告。久高は石川の暴行の形跡を探していたようだったが、そのような外傷を見つけることはできなかった。

久高は石川が安藤を幼児誘拐殺人事件の被疑者として、別件で逮捕をしようとしていたという旨の説明を受ける。石川が安藤を突き止めるまでの期間がわずか5日かとあまりにも早いことから、久高は『石川は随分優秀なんですね・・・』と驚きの声を上げた。

やがて、久高の石川への事情聴取が始まった。しかし、石川は何も語らない。そのそばでは安藤が石川に話し続ける。『もし捕まってしまったら、もう正義をなすことができない。これからも殺された犠牲者の魂を救いたいなら嘘の供述をするべきです』しかし、もし石川が嘘の供述をしたならば、殺された自分の魂は浮かばれないことになりますね?と安藤は石川に問いかける。『あなたが何を話すのか、とても楽しみです・・・』

石川は当時の記憶があまりないと供述。久高はまた明日にしようと言い、自宅へは帰らずに署に泊まってほしいと伝える。石川は応じた。

動き出した闇に生きる者たち

その夜。ミカと立花が話している。『お前はどう思う?』最近明らかに石川がおかしかったと語り始める立花。『何が言いたいの?石川くんが突き落として殺したって・・・』そうではないが、もし仮にそうだとしても石川の気持ちが理解できるという立花。

かつて立花が交番勤務だった頃。交番の前を毎日通り過ぎる少女の姿があった。やがて立花は少女が自分に助けを求めていることに気づく。立花が尋ねると、少女は消え入りそうな声で『お父さんにいたずらされています。助けてください・・・』と言った。

少女の自宅に乗り込んだ立花。しかし、証拠がなかったため、どうにもできなかった。次の日。少女は父親に暴行され、病院送りに。そのことを知った立花は父親に殴りかかったのだという。

『この世界は一つじゃない』という立花は普通の世界と悪の世界があるという。あまりにも醜い悪の世界を目の当たりにして、相手を殺したくなる気持ちも理解できると立花は続ける。

『もし石川くんが正気を失っているのだとしたら、私たちがこっちの世界に引き戻してあげよう』とミカは言った。

赤井のオフィスのバーで集うスズキたち。石川が安藤を殺したかなどはどうでもいいという赤井。『問題は俺たちが石川を信じているかだ』スズキは『そんなことはわかっているでしょう』と答える。赤井は『奈落に落ちて苦しんでいる石川を救えるのは、暗闇の中を自由に動き回れる俺たちだけだ』と皆に伝えた。

翌朝。市倉は事情聴取前の久高に、石川のことを『あいつは私が見てきた中で1番まっすぐな警察官です』と伝える。久高は多くのまっすぐな警察官が道を踏み外すところを見てきたと意味深なことを語り、『では、後ほど』と市倉に背を向け、石川の元へ向かった。

石川の事情聴取が再び始まった。しかし、石川は依然記憶が曖昧で何も思い出せないと答える。すると、久高は現場に行ってみませんか?と提案した。『・・・わかりました』

スズキ、サイモンとガーファンクルがとあるマンションに業者を装い侵入。マンション内のWiFiのセキュリティロックを外す。『みんなもっとWiFiのパスワード複雑なものにすればいいのにね』『ま、どんな複雑なものにしても俺たちが突破しちゃうけどね』
 

【スポンサーリンク】

 

助けを求める死者の声

久高とともに現場の屋上へ到着した石川。転落した安藤の体勢から、石川と向き合ったまま落ちていったことは間違いないと語る久高。すると、突然現れた、死者・須藤真実(中村ゆりか)が話しかけてきた。『私はある男に殺されました。そいつについて教えますから、捕まえてください』

ついさっき殺され、早くしないと全てを処分されて捕まえることができなくなってしまうかもしれないと真実は石川に助けを求める。『お願いです!助けてください』

署に戻った石川。事件でもあったのか、署内がざわついている。再び真実が現れた。『あなたは警察官なんですよね?あなたの仕事を全うしてください』石川がコーヒーが飲みたいと言うと、部屋にいた監察官は出て行った。

真実の家族や職業について、手短に質問する石川。『あなたの遺体はまだ殺された場所の近くにあるはずです。あなたが殺された場所とあなたが殺された男の素性を教えてください』『わかりました』

原口知幸(満島真之介)が車に乗り込み、エンジンスタートスイッチを押すが、エンジンがかからない。原口は電話し、車を1日貸して欲しいと申し出た。

電話を切った原口はスーツケースを開ける。そこには冷たくなった真実の姿が・・・『レンタカー借りてくるから待っててね。あとでちゃーんと処理してあげるからね』

石川が久高に事情徴収を拒否すると伝えた。自分の脳内には弾丸があり、医者から過度なストレスを避けるよう言われていることを石川は明かし、何かあったら責任が取れるのかと久高に詰め寄る。『何か思い出したら、ここに戻ってきて必ずお話しします』石川は署を出て行った。

石川、再始動

その後、監察官の尾行を巻いた石川はガーファンクルに電話。『頼みたいことがある』石川は原口の身元を調べて欲しいと依頼。サイモンが電話を代わり、『元気?』と尋ねる。石川は元気だよと答えた。

石川の携帯がガーファンクルからの原口の情報を受信した。石川は原口の自宅へ。チャイムを鳴らすが、留守のようだ。表に出た時、ちょうど原口がレンタカーで帰ってきた。

石川が原口の車の窓をノック。『突然すいません。警察の者です』昨晩、原口の部屋から女性の悲鳴が聞こえたという通報があったと石川は切り出すが、原口は自分1人しかいなかったと答える。『どこに行ってたんですか?』近所のレンタカー屋に行っていたと答える原口。これからどこかに行くのかと尋ねた石川に、原口は帰って寝るだけだと答えた。

部屋に戻った原口は、冷たくなった真実に話しかける。『あの刑事どこまで知ってるのかな?でも君が見つからない限り事件にはならないから安心だね。あいつどこかで見張ってんだろうな〜。もうちょっとだけ待っててね』万が一、警察に踏み込まれた場合に備えて、原口は真実に別の場所へ隠れててもらうと言った。

原口のマンションが見えるバーにて、石川が見張っていると隣に真実が現れた。石巻出身で、両親は被災し亡くなったと語る真実。原口は真実に身寄りがないと知った途端、お金を借りるようになったと真実は語る。

真実が務めるデパートにて客として原口が現れたのが、知り合ったきっかけだったと語る真実。交際するようになり、昨夜も結婚話を進めるために部屋に行ったのだが、突然首を絞められたと真実は声を震わせる。

『騙されたのはあなたのせいじゃありません。もしかすると他にも犠牲者がいるかもしれません』と石川が真実に話していると、突然安藤が現れた。『また正義ごっこですか?』安藤は早く事件を解決し、またこっちの世界に戻ってきてくれと言い残すと消えた。

翌朝。原口が自宅を出てきた。すかさず石川はスズキに連絡を入れる。『頼みたいことがあるんだ。今すぐ来てくれないか?』石川の電話を切ったスズキはガーファンクルに電話。『こっちはブツを手に入れましたよ。そっちは?』ガーファンクルは『かなり使えそうなブツを手に入れたと答えた。

石川と落ち合ったスズキは、持参したカードキーで原口の自宅のドアを開けた。『で、何を探せばいいですか?』というスズキに、石川は『死体だ』と答える。

原口の自宅に真実の遺体はなかった。『どこかに運び出す時間はなかったはずだ・・・』石川は解せない様子。

次ページのドラマ『BORDER 贖罪』のネタバレあらすじ後編にて結末を迎えます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る