奥様は取り扱い注意4話ネタバレあらすじ&感想 子作りNGの理由は秘密の××!?夫の勇輝がますます怪しい

Pocket

綾瀬はるかさん主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

前話で菜美(綾瀬はるか)がとてもつもなく強いということが発覚し、以前ボクシングのインストラクターをしていたと誤魔化した菜美。そんな菜美に、夫・勇輝(西島秀俊)は『少しくらい秘密があったほうがいいよ』と意味深な発言をしましたが、勇輝が菜美の過去に無関心なのは、自身の過去に触れられたくないと言う見方もできますね。

勇輝にも、菜美同様、秘密の過去があるのか・・・楽しみです。

以下、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

穏やかな生活を手にいれたいと元特殊工作員であることを隠し、普通の主婦として生きる菜美(綾瀬はるか)。しかし、困っている人を放っておけない生活の菜美は、持前の戦闘能力で主婦のピンチを救います。

第3話に登場したのは、幼稚園のボスママ・貴子(青木さやか)と貴子からのいじめに苦しむ主婦・理沙(小野ゆり子)。理沙はたまたま菜美がかつあげしている学生を退治している現場を目撃し、貴子に立ち向かうための強さが欲しいと菜美に相談してきたのでした。

はじめこそへなちょこだった理沙でしたが、菜美のトレーニングにより運動能力が向上。気持ちもどんどん前向きになっていきます。そんな理沙を目の当たりにした貴子の取り巻き主婦たちも、貴子の派閥から離脱し、菜美のトレーニングに参加するように。結果、貴子は1人ぼっちになってしまいます。

菜美は今回のケースの1番の問題が、貴子が抱えた心の闇であることを見逃しませんでした。事実、貴子は夫から捨てられかけてていました。その理由は、貴子が心身ともに強すぎたから。自分は信用されていない、必要とされていないと感じた夫の気持ちは、貴子から離れてしまったのです。満たされない気持ちが理沙へのいじめとなったのは、夫がかつて理沙のことを優しそうで可愛いと褒めたからという理由でした。

『自分の弱さを認めて、みんなの力を借りて生きていけばいい』貴子と対峙した菜美は、強いだけでは生きていけないことを貴子に訴えかけました。貴子は改心し、理沙に謝罪。2人は親友通しとなったのでした。

さて、今回のトレーニングをするにあたって、菜美は自分の経歴を元ボクシングインストラクターと偽っていました。その噂は夫・勇輝(西島秀俊)の耳にも・・・勇輝は初耳の妻の過去に心の動きを一切見せず、『少しくらい秘密があったほうがいい』と微笑んだのでした。

さらに詳しいドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話の視聴率

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話の視聴率は、第2話を1,1%上回り、12,4%という結果になりました。この数字は初回よりも高く、一般的に視聴率が高くなる傾向にあるドラマ初回を越えてきたという点で今後にもますます期待ができそうです。

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話の視聴率は好調キープで引き続き11〜12%代と予想します。実際のドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話の視聴率は11.2%でした

それでは、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話のあらすじ(ネタバレ)前編

三者三様の子作り事情

中学に上がった伊佐山菜美(綾瀬はるか)は立派な不良になった。身寄りのない女学生たちと徒党を組み、菜美たちがしていたのはカツアゲされたお金を奪われた学生に返したり、痴漢を退治したりすること。

そして、普通の主婦となった菜美は主婦友達の優里(広末涼子)や京子(本田 翼)らとともに、町内のお金持ち家庭の主婦・美佐子(星野真里)の自宅で開かれている読書会に参加している。

読書会の最中、息子・悠斗が小学校から帰宅。上流家庭らしく躾の行き届いた悠斗が見せる子供らしいかわいさに、菜美たちはメロメロになった。

菜美の自宅。夫の勇輝(西島秀俊)とジェンガをしながら、菜美が今日悠斗と会い、とてもかわいいと感じたことを切り出す。『それでね、いろいろ考えたんだけど、そろそろ子供を・・・』その途端、勇輝がジェンガを崩す。『あ〜〜負けた〜〜!』子作りの話はそれきりとなってしまう。

京子の自宅。ベッドにて、京子が渉(中尾明慶)に、姑・良枝(銀粉蝶)の圧力がキツイと相談。気になっていたことを切り出してみる。『何でいつも携帯の電源切ってるの?』たまたまその時は接待中だったという渉は、『お前を裏切るようなことしないよ』と京子のことを抱きしめた。

優里の自宅。夫の啓輔(石黒賢)が優里に『もう1人作るか?』と話しかけてきた。しかし、優里は『子供を作って私を家に縛りつけようっていうこと?』と返す。最近優里は外に働きに出たいと考えていて、啓輔はそれに反対しているのだ。啓輔は考えすぎだと弁解した。

美佐子の自宅。美佐子が深夜、水を飲みにキッチンに降りてくると、夫・光雄(古屋隆太)が誰かと電話をしていた。『もう切るぞ』美佐子がいることに気づいた光雄は慌て、仕事が諸々うまくいっていないと言い訳したのだった。

美佐子の自宅での読書会の日。菜美たちが美佐子の自宅を訪れると、美佐子は読書会を急遽中止にしたいという。『体調が悪いからって、お休みの連絡怠るような人かな?』引っかかった菜美は再度美佐子の自宅のチャイムを押す。『何か困ったことが起こってるんですか?だとしたら、私たちが助けます』

玄関のドアの鍵が開き、菜美たちが家に入ると、そこには憔悴しきった美佐子の姿が・・・『悠斗が・・・誘拐されたんです・・・』
 

【スポンサーリンク】

 

悠斗、誘拐される

自宅の郵便受けに携帯電話が入っていたと語り始めた美佐子。携帯の電源を入れると、メモに脅迫状らしき文章があった。『息子を誘拐した。明日の夕方までに1億円用意しろ。警察に通報したら息子を殺す』

直後、悠斗の安否を学校に確認した美佐子。悠斗は学校に登校していなかった。

夫の光雄が帰宅した。『お前が送り迎えをしていれば!!』こんなことにはならなかったと声を荒げる光雄。その時、犯人から送られたと思われる携帯がメールを受信した。そこには泣き叫ぶ悠斗の動画が添付されていた。

警察に通報したほうがいいという京子たち。しかし、光雄は悠斗の安全を優先し、警察には通報せずにこれから金策に走ると書斎に入った。『金を貸してくれそうな奴にかたっぱしから連絡してみる。何かあったら呼んでくれ』

とある一軒家のキッチンでパンケーキを作る大学生・秀人(柾木玲弥)。秀人は出来上がったパンケーキを物置へ持っていく。そこには拘束された悠斗の姿があった。

秀人は悠斗の拘束を解き、パンケーキを差し出す。『大きい声だしたら殴るからな?・・・ほら、食え』

リビングに戻った秀人。そこにはもう2人の大学生らしき仲間がいた。『うまくいくかな?』という仲間。『この前のイベントで作った借金のために危ない橋渡ってんだからな?』秀人が言い聞かせる。『まあ、卒業までにパーッと使っちまおうぜ?』仲間の2人が賛成した。

夕方。美佐子の自宅に悠斗の家庭教師・真純(佐野ひなこ)がやってきた。『最近何か変わったことはありませんでしたか?!』特に変わったことはなかったという真純は、警察に通報したほうが良いという。しかし、光雄はもう少しで身代金が用意できそうだと、通報を拒否。そこにメールが届いた。

『さっき家に入っていった家庭教師の女を身代金の受け渡し役にする』明日の夕方の身代金の引き渡しまでそこにいさせろと指示してきた犯人。真純はそんな役は無理だと拒否するが、光雄と美佐子が頼み込んだ。

犯人が見張っているらしいが、美佐子の自宅に出入りしている自分たちのことに触れないことが気になる菜美。優里は『私たちがどう見ても警察に見えないからでしょ?』と言った。

その夜。何のために仕事をしているのか?と勇輝に尋ねた菜美。『僕が仕事をしているのは、誰かに必要とされたいからかな』と勇輝は答える。『例えば・・・誰かを喜ばせる才能があるのに、それを使わないのは罪なことかな?』と菜美が尋ねると、『そうだね』と答える勇輝。菜美は『今夜お泊まりしてきてもいいかな?』と切り出した。

次ページのドラマ『奥様は、取り扱い注意』第4話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る