明日の約束2話ネタバレあらすじ&感想 いじめは本当にあったのか?犯人探しの火蓋が今落とされる

Pocket

井上真央さん主演ドラマ『明日の約束』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

不登校が続いていた吉岡圭吾(遠藤健慎)が亡くなりました。母親の真紀子(仲間由紀恵)はいじめが原因の自殺だと主張しています。

いじめはあったのか?そもそも自殺なのか・・・?死の直前の日向(井上真央)への『好きになりました』という圭吾の告白の真意も気になります。

以下、ドラマ『明日の約束』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『明日の約束』第2話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『明日の約束』第2話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

椿が丘高校にて、スクールカウンセラーをしている藍沢日向(井上真央)。日向が不登校生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)の自宅に担任の霧島直樹(及川光博)と共に訪れると、母・真紀子(仲間由紀恵)は圭吾が軽度のうつと診断されたこと、原因は学校や部活で起こっているいじめであることを話しました。

しかし、学校で圭吾がトラブルを抱えているという情報はなく、母の真紀子さえも圭吾から直接いじめのことを聞いたわけではありません。

また、母の前では終始笑顔を絶やさない圭吾に違和感を感じた日向や霧島。事実、圭吾は母の真紀子にひどく監視されていたのでした。

圭吾と同じく母親との間に問題を抱えていたのが、バスケ部マネージャーの増田希美香(山口まゆ)でした。希美香の母・麗美(青山倫子)はシングルマザー。男性に夢中になり、家に帰ってこないというネグレクトだったのです。

日向のアドバイスもあり、希美香は母親とは離れて暮らすという決断をします。そんな希美香の強さに感心する日向。なぜなら日向も母親との間に問題を抱えており、未だ解決できていなかったからなのでした。

そんなある日。圭吾が家出したと取り乱す母・真紀子からの電話で、学校の近辺を捜索した椿が丘高校の教師たち。圭吾は高校の教室に現れました。

『先生のこと好きになってしまいました。先生も僕のことを好きになってください。他の誰かよりも』突然、日向に告白した圭吾。日向はカウンセラーと生徒という関係上、それはできないと断ります。その時、母・真紀子が現れ、圭吾を自宅に連れて帰ってしましました。

その翌日。学校に母・真紀子から電話が・・・自宅で圭吾が自ら命を絶ったというのです。ちょうどのその頃。1年B組学級委員・田所那美(井頭愛海)がクラスの意見箱に圭吾がいじめられているという旨の投書をしたのでした。

さらに詳しいドラマ『明日の約束』第2話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『明日の約束』第2話の視聴率

ドラマ『明日の約束』第1話の視聴率は8.2%でした。初回の視聴率としては決して良いとはいえない数字ですが、第2話以降、謎が解けていくに従って、視聴率も上がってくることを期待したいところです。

ドラマ『明日の約束』第2話の視聴率は引き続き8%前後と予想します。実際のドラマ『明日の約束』第2話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『明日の約束』第2話の視聴率は6.2%でした

それでは、ドラマ『明日の約束』第2話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『明日の約束』第2話のあらすじ(ネタバレ)前編

突然の死

不登校生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)が自ら命を絶った。ラッカースプレーで黒く塗りつぶされた自室で、圭吾は冷たくなっていた。

スクールカウンセラー・藍沢日向(井上真央)と1年B組担任・霧島直樹(及川光博)が早速圭吾の自宅を訪れると、父・正孝(近江谷太郎)が応対した。長期出張で家を空けていて、たった今戻ったばかりだと語る正孝は母・真紀子(仲間由紀恵)が取り乱すといけないのでと日向と霧島を追い返す。

警察に事情聴衆を受け終わった真紀子は正孝に『圭吾は・・・学校に殺されたんです・・・』と力なく伝えた。

一方、椿が丘高校も対応に追われていた。まずは保護者説明会を開き、生徒への周知は圭吾の遺族の意向を聞いた上ですることに決まった。

(やべーんだけど。今うちの母親から連絡あって圭吾死んだんだって)1年B組生徒・渡辺純也(堀家一希)が友人からのメールを受け取る。その噂はあっという間に暮らす中に広まった。

このまま黙っては置けないと判断した霧島と日向がクラスに入って来た。『吉岡くんは今朝、自宅で亡くなりました』理由についてはまだはっきり分かっていないと説明する霧島。クラス中がざわつく。

その頃。圭吾から先輩のせいで死にますというメールを受け取った2年バスケ部員・長谷部大翔(金子大地)は『ふざけんなよ!』と苛立ちを露わにしていた。

日向は圭吾からの告白を思い出していた。そっと圭吾の机に触れる日向。一体何が圭吾にあったのか・・・
 

【スポンサーリンク】

 

いじめの影

『職員室電話鳴りっぱなしですよ〜〜』2年副担任・大宮奈緒(新川優愛)が相談室でぼやく。すると2年A組担任・北見雄二郎(白洲迅)が入ってきた。1年B組の保護者会が緊急に明日行われることになったらしい。『こんなときにあれですけど、本当にありがとうございました』自分のクラスの生徒・増田希美香(山口まゆ)が学校に出てこられるようになったことに北見は礼を述べた。

圭吾の遺族がバスケ部でのいじめを主張していることから、バスケ部顧問・辻哲哉(神尾佑)にも保護者会に参加して欲しいと霧島が伝える。その様子を見ていた1年バスケ部員・沢井勝(渡邊剣)は不安そうな表情を見せる。

『吉岡の部屋から遺書は見つからなかったそうです』霧島が日向に伝えた。

日向が帰宅すると、母・尚子(手塚理美)がどちらのコタツ布団がいいと思うかとカタログを見せてきた。学校のことで疲れている日向はどちらでもよいと答えると、尚子は急に不機嫌になる。日向は尚子の顔色の変化に気付き、とっさに青い方と答えたのだった。

翌日。圭吾の事件のショックからか欠席する生徒が目立つ。1年B組学級委員・田所那美(井頭愛海)も今日は欠席だ。霧島は那美が寄せた『吉岡くんはいじめられています』という投書を手にしていた。

欠席との連絡があったはずの那美が相談室を訪れた。那美は教室に行きたくないのだと日向に語る。『なんで?』と日向が尋ねると、那美は『吉岡くん・・・いじめられてました』と答えた。

1学期の終わりくらいから圭吾へのいじめが始まったと語る那美。グループラインから圭吾以外の全員が退出する、無視するなどの嫌がらせだったという。『私、もっと早く先生に相談すればよかった・・・』直後、夏休みになり、2学期から圭吾が不登校になったため霧島に言いそびれたと涙を貯める那美。『私吉岡くんのこと中学からずっと・・・』

日向は霧島に那美のことを報告。すると霧島は那美の被害妄想なのかもしれないと言いだした。霧島によると、中学生の時、いじめにあっていた那美は人間関係に過敏になっている節があったというのだ。

体育館。『どうするんですか?これから。もし俺たちと圭吾のことバレたら・・・』沢井が長谷部に不安そうに詰め寄った。

次ページのドラマ『明日の約束』第2話のネタバレあらすじに続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る