コウノドリ2話ネタバレあらすじ&感想 究極の選択!母の命か,ベビーか?産後うつの深刻な現状も

Pocket

綾野剛さん主演ドラマ『コウノドリ』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

2015年の秋ドラマとして放送されたドラマ『コウノドリ』が帰ってきます。全国各地への病院への丁寧な取材をもとに、TBS医療ドラマ精鋭スタッフが集結して送るドラマ『コウノドリ』の舞台は、生命誕生の場である産婦人科。

様々な問題を抱えた妊婦や新生児、そしてその家族に全力で向かい合う産婦人科・新生児科のスタッフが織りなす命の奇跡が描かれます。

以下、ドラマ『コウノドリ』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『コウノドリ』第2話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『コウノドリ』第2話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

離島の隠久ノ島病院にて島で生まれる新しい命を取り上げる荻島勝秀(佐々木蔵之介)。荻島はサクラ(綾野剛)や四宮(星野源)らが研修医時代にお世話になった恩人です。

満足な設備がない島の病院では、運ばれてきた妊婦に対応することが出来ず、本土にドクターヘリにて搬送されることも度々あります。しかし、荻島は子供が産めるということは未来があるということだと言い、この島で未来を守る仕事に関わっていくという胸の内をサクラに話したのでした。

そして、サクラはペルソナ総合医療センターに戻ってきました。四宮に荻島の言葉を聞かせると、設備のない島でリスクの高いお産を扱うことが未来を守ることにはならないと冷静な意見。まず母子の命を優先させる四宮らしい言葉でした。

第1話には生まれつきのろうあ者である妊婦・早見マナ(志田未来)と、キャリアウーマンの妊婦・佐野彩加(高橋メアリージュン)が登場。ペルソナ総合医療センタースタッフ一丸となってのサポートがあり、2人とも無事出産を終えます。

しかし、問題がなくなったわけではありません。両親ともに耳が聞こえないマナたちの育児は決して平坦なものではないでしょう。また、彩加の赤ちゃん・みなみの心臓には小さな穴が空いていることが分かったのです。

産休を取るのもやっとの状態だったキャリアウーマンである彩加。出産後は1日も早く復帰することを望んでいます。夫・康孝(ナオト・インティライミ)も口では協力すると言いますが、実際に彩加のことをサポート出来ていない様子。

少子化が問題となっている現代ですが、女性と家族が直面している出産・育児にまつわる問題は深刻なもの。ドラマ『コウノドリ』第2話でも、引き続き彩加の問題が描かれます。

さらに詳しいドラマ『コウノドリ』第1話のネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『コウノドリ』第2話の視聴率

ドラマ『コウノドリ』第1話の視聴率は12.9%でした。この数字は第1話終了時点において、今期放送の連続ドラマの中で、ドラマ『ドクターX』・ドラマ『陸王』に続き第3位の高視聴率となっています。

ドラマ『コウノドリ』第2話の視聴率は少し落ちて11%くらいと予想します。実際のドラマ『コウノドリ』第2話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『コウノドリ』第2話の視聴率は11.8%でした

それでは、ドラマ『コウノドリ』第2話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『コウノドリ』第2話のあらすじ(ネタバレ)前編

母体にがん発見

妊娠19週の妊婦・久保佐和子(土村芳)がサクラ(綾野剛)のもとを妊婦健診に訪れた。『検査の結果、子宮頸部腺がんが見つかりました』患部を円錐状に切り取り、その検査結果次第で妊娠を継続するかどうかを判断したいというサクラ。『私はどうしたらいいんですか・・・?』佐和子は不安な表情を見せる。『もしがんが進行していたら早い段階での治療が必要になります』

一方、四宮春樹(星野源)のもとを産後の健診に訪れた佐野彩加(高橋メアリージュン)。産後2週間のみなみの心臓の穴も問題はないようだ。彩加は気遣う四宮の質問にすべて『大丈夫です』と答え、職場復帰への意欲を見せる。

佐和子の検査の結果が出た。検査結果を見たサクラは佐和子夫婦を呼び出す。がんの進行具合では取りきれるかもと期待したが、予想以上に佐和子のがんは進行していた。『この状態ですと、出産が終わるまで経過を見るという選択はありません』

2つの選択肢

『久保さんの治療を最優先に考えるなら、赤ちゃんを生まないという選択肢もあります』というサクラに、今赤ちゃんを諦めれば、妻の命は助かるんですよね?と念を押す夫の久保慎吾(福士誠治)。サクラはその可能性が高いという。しかし、佐和子の子宮は全摘出となるため、今後妊娠は望めないことになる。『私、産みたいです・・・諦めるなんてできません!』佐和子は涙を流しながら、必死に訴えた。

佐和子のことが大事なため、今は子供を諦めてもいいと考えていると佐和子に明かした慎吾。『・・・離婚してもいいよ?子宮取っちゃったらもう子供産めないし・・・』慎吾は子供を産める産めないで価値は決まらないと声を荒げる。『俺は子供産んでもらうために佐和子と結婚したんじゃない!』慎吾は泣きじゃくる佐和子を抱きしめた。

産婦人科の医局。自らの生後半年になる子供の首を絞めたとして母親が逮捕されたというニュースが流れた。サクラの脳裏をよぎったのは三浦芽美(松本穂香)の姿だった。

四宮と倉崎恵美(松本若菜)がカフェで会っているところを偶然目撃した白川領(坂口健太郎)。『つわりはどうだ?』と尋ねる四宮。恵美は大丈夫だと答える。『四宮先生、正式に離婚しました』と恵美が報告し、四宮は『そうか・・・』と答えたのだった。

佐和子と慎吾はともにウェディングプランナーとして働いている。今日の新婦のお腹には新しい命が・・・『おめでとうございます!』明るく祝福する佐和子の姿を慎吾が心配そうに見つめている。
 

【スポンサーリンク】

 

4週の差が生むリスク

佐和子についての医師らの会議が始まった。がんが進行していること、佐和子本人は妊娠継続を希望していることを下屋加江(松岡茉優)が説明する。

新生児科部長・今橋貴之(大森南朋)は何週までサクラが待つつもりかと尋ねると、サクラは『28週と考えます』と答える。しかし、四宮は早すぎると反論。発達障害などの障害が残るリスクがあるため、32週が妥当だと四宮は主張する。

4週間の差が佐和子の命を削るかもしれない。かといって出産を急げば、赤ちゃんのリスクが高まる・・・医師らは佐和子夫婦と再度話し合い、慎重に決めるという方向になった。

佐和子夫婦がサクラのもとを訪れた。『子供を産むなら、何週で産むのがいいんでしょうか?』と尋ねる慎吾。サクラが28週と答えると、佐和子は『そんなに早く?!』と動揺する。

出産を早めれば、その分リスクが高いことを説明する今橋。『新生児科としては31週まで待ちたいのが本音です』しかし、それは3ヶ月間がんの治療は全くしないということになる。佐和子夫婦は決めかねていた。

次ページのドラマ『コウノドリ』第2話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る