奥様は取り扱い注意3話ネタバレあらすじ&感想 過去知らなさ過ぎ夫婦に違和感?!尋ねない勇輝の真意とは

Pocket

綾瀬はるかさん主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

元特殊工作員の経験を生かし、主婦の悩みを解決していく菜美(綾瀬はるか)。第3話ではその秘密の過去がバレてしまうピンチに・・・

菜美と同じく何やら秘密がありそうな夫・勇輝(西島秀俊)の動向にも引き続き注目です。

以下、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

穏やかな生活を手にいれたいと元特殊工作員であることを隠し、普通の主婦として生きる菜美(綾瀬はるか)。しかし、困っている人を放っておけない生活の菜美は、持前の戦闘能力で主婦のピンチを救います。

第1話でDV夫を退治した菜美が、第2話で救ったのは元AV女優の主婦・夏希(高岡早紀)。菜美と同じく秘密の過去を隠し、穏やかに生活していた夏希にAV女優の過去があるという中傷ビラが、何者かによって町内中に巻かれたのです。

ビラを撒いたのは、かつて夏希をAV女優にスカウトした男でした。男の目的は金。口止め料として金を夏希から奪い取り、さらに夏希を業界に引き戻し、かつての甘い蜜を再び吸おうというのが男の企みだったのです。

秘密の過去が露呈したことによって、何も知らされていなかった夏希の夫は家出。夏希は町内からも追い出されそうになってしまいます。

そんな夏希のピンチを救ったのが、菜美でした。菜美は相手の男の要求に応える振りを夏希にさせ、接触。男のアジトを突き止めました。

また、同時に菜美は仕掛けたボイスレコーダーにより、恐喝の証拠を押さえることに成功。アジトに乗り込んだ菜美は、夏希の金を取り戻し、男をKO。無理やりAV出演させようと男が拘束していた少女も救出。男は警察に逮捕されたのでした。

そして、家出していた夏希の夫も戻ってき、夏希は町の夜の生活のアドバイザーとしての地位を確立、穏やかな生活を取り戻したのでした。

第2話で気になったのが、菜美の夫・勇輝のどんくさい行動です。犯人探しのために張り込んでいた勇輝は犯人を1番先に見つけたにも関わらず、取り逃がしそうになっていました。

勇輝がかつて自分も菜美同様天涯孤独に育ったと語ったことから、勇輝も特殊工作員の可能性があると踏んだのですが、そうではないのか?それとも演技なのか?引き続き、気になるところです!

さらに詳しいドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話の視聴率

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第2話の視聴率は、第1話を0,1%下回り、11,3%という結果になりました。第1話の視聴率をキープしている点に視聴者の関心度の高さが現れていますね。

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話の視聴率は好調キープで引き続き11%代と予想します。実際のドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話の視聴率は12.4%でした

それでは、ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話のあらすじ(ネタバレ)前編

菜美の秘密露呈の危機!?

伊佐山菜美(綾瀬はるか)が養護施設のボスになったのは12歳の時。体格の大きないじめっ子も、菜美のために遊具を譲るまでに。もうこの頃には、生みの親が自分を迎えに来てくれること、里親にもらわれることを諦めていた菜美は、生きるために強くなることを目指す。

現在。優里(広末涼子)と京子(本田 翼)と映画に行った帰り道。2人と離れてトイレに向かう菜美は学生のかつあげの現場に遭遇。注意するが、『ひっこんでろよ、ババア!』と言われ、スイッチが入ってしまう。襲い掛かってきた男子学生を次々とねじ伏せていく菜美。

その現場を偶然目撃した相良理沙(小野ゆり子)は驚愕。こっそり物陰に隠れて動画を撮影したのだった。

翌日。自宅を出る菜美の後を理沙はこっそり追っていく。しかし、理沙の尾行は菜美に見抜かれていた。『何の用?家の前からつけてたようだけど』『・・・やっぱり只者じゃない!』

昨日、不良たちをのしていた現場を押さえたと動画を見せるいう理沙。『あなた受付嬢をしてたんですよね?その前は何をしてたんですか?旦那さんはあなたがこんなに強いって知ってるんですか?』理沙は矢継ぎ早に菜美に質問。挙げ句の果てに、喧嘩の仕方を教えてくれと頭を下げた。

『どうして強くなりたいの?』と菜美が尋ねると、理沙はいじめを受けていることを明かす。いじめられている相手は息子の幼稚園のママ友・清水貴子(青木さやか)。嫌われたきっかけは息子が通うサッカーチームでのポジション争い。理沙の息子が貴子の息子に勝ち、ポジションを勝ち取ったことで、理沙は貴子にいじめられるようになったと明かした。

理沙は貴子が元女子プロレスラーの選手ですごい迫力があるのだと続ける。強くなり、自分に自信がつけば、貴子に堂々と物が言えるようになると思うという理沙。菜美は少し考えさせて欲しいと理沙に伝えた。
 

【スポンサーリンク】

 

優里と京子の事情

勇輝(西島秀俊)との夕食中、いじめられている主婦から相談されたことを菜美が明かす。『狭い世界で生きていると、些細な嫌がらせを受けただけで辛いからね・・・』勇輝はできるだけ相談に乗ってあげるよう、菜美に伝えた。

京子の自宅。姑の佐藤良枝(銀粉蝶)が『渉(中尾明慶)、最近帰りが遅いわね?』と話しかけた。『早く子供作らないと。人の心って変わるもんだから・・・』浮気を示唆する姑の言葉に不安になった京子は渉に電話してみるが、渉の携帯は圏外になっていた。

一方、優里の自宅。そろそろ働きたいという優里に、啓輔(石黒賢)はまだ早いという。『啓吾(川口和空)の教育をもっと気にかけて欲しいんだ』大学教授の息子の成績が悪ければ外聞が悪いという啓輔。

その直後、優里の携帯に主婦仲間で集まって合コンをしないか?というメールが。優里は断った。

朝、理沙が自宅を出ると、家の前に『分別されていません』という張り紙付きでゴミが戻されていた。その直後、理沙は貴子らが牛耳っている公園を通る。息子が公園で遊びたいと言ったが、貴子からの視線を感じたため、理沙は息子を連れそそくさと去った。

すると、菜美が公園に現れた。貴子らは威嚇するような視線を送ってきた挙句、どこに住んでいるのか?と菜美のことを部外者扱いで詮索する。菜美は気分を害した様子。『1丁目に住んでる伊佐山です。子供が生まれたらどの公園で遊ばせようかって下見してたけど、この公園はやめとくわ。なんか嫌な臭いがするから』貴子は敵意をむき出しにした眼で、去っていく菜美の背中を睨みつけた。

菜美はその足で理沙の元へ。『喧嘩の仕方を教えてあげる』喧嘩をしないという約束の元、菜美は理沙のトレーニングに付き合うことになった。

トレーニング、スタート!

その翌日。1回目のトレーニングが始まった。『まずはゆっくり走ってみよう』走り出した菜美と理沙だったが、理沙はすぐに根を上げた。『お母さんはお前のためを思ってトレーニングを始めたけど、70mしか走れなかったよって言える?』理沙は再び走り出した。

5回目のトレーニング。理沙はゆっくりながら休まずに走れるようになった。しかし、腕立て伏せはまだ4回しかできない・・・その他にも拳の握り方、構え方、突き方を教える菜美。

15回目のトレーニング。理沙は菜美から遅れずに走れるように。腕立て伏せも10回をクリア。菜美を相手にミット打ちをこなすまでに成長を遂げていた。

『菜美さんはどうして強くなろうと思ったんですか?』という理沙に、菜美は複雑な環境で育ったことを明かす。『今はひとりぼっちじゃないから。運命の人と出会って、今は世界が優しく見える』という菜美。理沙は菜美に出会えて本当に良かったと笑顔を見せた。

帰宅した勇輝が菜美の体型の変化に気づいた。『あれ?なんか引き締まった?』そんなことはないと食事の用意をする菜美の後ろ姿を、勇輝がまじまじと見つめていた。

次ページのドラマ『奥様は、取り扱い注意』第3話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る