監獄のお姫さま1話ネタバレあらすじ&感想 姫の冤罪晴らすためおばさん結集!犯人は本当に伊勢谷?

Pocket

小泉今日子さん主演ドラマ『監獄のお姫さま』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

主演の小泉今日子さんをはじめ、菅野美穂さん・坂井真紀さん・満島ひかりさん・夏帆さんなど超豪華キャスト共演という事で、大きな話題となっているドラマ『監獄のお姫さま』。

しかし、それだけではありません!ドラマ『監獄のお姫さま』では、数々のヒット作を生み出してきた脚本家・宮藤官九郎×『逃げ恥』『あなそれ』で知られるプロデューサー ・金子文紀の最強タッグが実現!かなりの注目が集まっています。

以下、ドラマ『監獄のお姫さま』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『監獄のお姫さま』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『監獄のお姫さま』第1話の見どころ(ネタバレ?

ドラマ『監獄のお姫さま』は、元受刑者のおはさんたちが、ドラマタイトル通り、今も冤罪で囚われの身となっている『監獄のお姫様』の無実を晴らし、刑務所から助け出すために奮闘するという一見風変わりな設定の宮藤官九郎氏らしいストーリー。

ドラマ『監獄のお姫さま』第1話の見どころは、何と言っても豪華キャストで結成される監獄のお姫様救出チームのメンバーと、なぜチームが結成されるに至ったか?という描写です。

監獄のお姫様、通称・姫こと江戸川しのぶ(夏帆)は現在もなお殺人罪で服役中。しかし、どうやらしのぶの罪は冤罪の可能性があるようです。

そんな姫を陥れたとされるのが、イケメン社長・吾郎(伊勢谷友介)。かつて交際関係あった吾郎としのぶ。しのぶが殺したのは、吾郎の元恋人です。これが吾郎の策略による厄介払い目的の陰謀だったという可能性が浮上しています。

そんな悪どい吾郎にはめられたかわいそうな姫の無罪を晴らし、刑務所から救出しようとするのが、カヨ(小泉今日子)をはじめとする元受刑者の女性たち。しのぶとカヨたちは同じ刑務所ですが、カヨたちがしのぶを救出しようと計画するに至った理由は何だったのか?元受刑者だけに、ただの正義感とはまた違う予感。気になりますね。

ドラマ『監獄のお姫さま』第1話はそのあたりに注目して観ていきたいと思います!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『監獄のお姫さま』第1話の視聴率

ドラマ『監獄のお姫さま』と同じ火曜22時枠で放送された前クールのドラマ『カンナさーん!』・前々クールのドラマ『あなたのことはそれほど』の平均視聴率は10〜11%前後。まずまずの数字と言っていいのではないでしょうか?

一方、宮藤官九郎氏が脚本を務め、大ヒットを記録したNHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』の全期間平均視聴率は20%を超え、過去10年間に放送された朝ドラのなかで第2位の視聴率となっています。ドラマ『あまちゃん』以降、NHKの朝ドラの視聴率は好調で、その理由としてドラマ『あまちゃん』をきっかけとして朝ドラを見始めたという視聴者が他の朝ドラと比較して圧倒的に多かったからと考えられています。

ドラマ『監獄のお姫さま』第1話の視聴率は12%くらいと予想します。実際のドラマ『監獄のお姫様』第1話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『監獄のお姫様』第1話の視聴率は9.6%でした

それでは、ドラマ『監獄のお姫さま』第1話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『監獄のお姫さま』第1話のあらすじ(ネタバレ)前編

登場人物

馬場カヨ(小泉今日子)夫を刺し傷害罪で服役

足立明美(森下愛子)通称:姐御。元指定暴力団組長夫人。夫を助けるため、夫の罪を被り自ら出頭。違法薬物不法所持で服役。

大門洋子(坂井真紀)通称:女優。ある若手俳優にハマりすぎて追っかける金が足りなくなり、横領や詐欺に手を染め服役。

勝田千夏(菅野美穂)通称:財テク。財テクで有名なカリスマ経済アナリスト。数億円の資産隠しと脱税、さらにインサイダー取引で実刑判決を受ける。しかしこれに懲りず、刑務所内での出来事をフェイスブックやメルマガで配信。年間数億円を稼ぎ、「カリスマ女囚」と呼ばれる。

若井ふたば(満島ひかり)通称:先生。「自立と再生の女子刑務所」刑務官。職業訓練の教育も兼ねた、女囚たちの教育係でもある。

小島悠里(猫背椿)かつて高級しゃぶしゃぶ店の厨房で働いていたことから通称:「しゃぶ厨」

江戸川しのぶ(夏帆)通称:姫。大手乳製品メーカー・江戸川乳業社長令嬢。

5年間かけた誘拐計画、決行の日

アナリスト・勝田千夏(菅野美穂)とともに『サンデージャポン』にゲスト出演中のEDOミルク社長・板橋吾郎(伊勢谷友介)は出されたカンペを見て、驚愕。そこには『息子さんを誘拐しました』と書かれていた。

2017年12月24日。目を覚ました吾郎はいつも通り、自家用車にて出社する。隣には秘書の若井ふたば(満島ひかり)の姿が。吾郎には本日サンジャポの出演が控えている。冒頭シーンの数時間前という設定。

馬場カヨ(小泉今日子)たちは吾郎の息子・勇介(前田虎徹)を誘拐する作戦の真っ最中。大門洋子(坂井真紀)に見張りを任せ、テレビ局にいち早く到着したカヨは、楽屋にて千夏と合流。『私たちならやれる!5年もかけて計画したのよ?』緊張しているカヨに、千夏は言い聞かせた。そこに吾郎がやってくる。カヨは千夏のメイクさんに扮したのだった。

やがて撮影が終わった。カヨがすり替えた『息子さんを誘拐しました』というカンペに驚いた吾郎は、妻の晴海(乙葉)に電話。しかし勇介は無事だった。

ショッピングモールで晴海とショッピング中の勇介を誘拐する手筈になっている洋子。しかし、洋子は失敗し、勇介とは別の男の子を誘拐してしまっていた。

作戦が失敗した報告を受けた千夏は吾郎にアプローチ。ホテルに誘い出し、時間を稼ぐ。その間にカヨと洋子、足立明美(森下愛子)は合流し、再び勇介誘拐の計画を練り始める。その時、ふたばから連絡が。カヨは失敗したことを報告すると、晴海が美容室の予約を入れているという情報をふたばがLINEしてきた。

小島悠里(猫背椿)が店長を務める美容室にて、晴海がシャンプーをされている間に、勇介の大好きな戦隊もののヒーローに変身したカヨたちは、無事勇介を美容室から誘い出し、車に乗せることに成功した。洋子がマスクを取ると、勇介は『何だよ、くそばばあじゃねえかよ?!』とご立腹。カヨがエンジンをかけた。

その頃。吾郎は有馬記念を明美と観戦中。そこにふたばから連絡が入る。『すぐ本社にお戻りください。今奥様から連絡があって、勇介くんが誘拐されました』
 

【スポンサーリンク】

 

犯人の目的

EDOミルク本社の社長室。勇介が誘拐されたことで責任を感じている晴海が号泣している。『美容室くらいいつでも行けるだろう!』晴海のことを吾郎が詰る。吾郎は勇介の身に危険が及ぶことを心配し、警察には通報せずにいる。

カヨたちの隠れ家に連れてこられた勇介は、カヨたちからクリスマスプレゼントをもらった。ふたばが事前に知らせてきた勇介がサンタにお願いしたプレゼントを手渡したつもりのカヨたちだったが、どうやら間違ってしまった様子。勇介はサンタにプレゼントをもらうために、自宅に帰りたいと泣き出した。

休日なため、銀行が休みであることから、吾郎は身代金を要求された時のために明美と千夏に電話。合計5000万円を用意することになった。

しかし、カヨは金の用意はしなくてもいいのでは?という。なぜなら犯人である自分たちは身代金を要求していないから。『そろそろ私たちの要求、伝えません?』吾郎に電話する人間を、カヨたちはじゃんけんで決めることになった。

『おたくの大事な息子を預かっている・・・』吾郎に電話してきたのは、ボイスチェンジャーで声を変えたカヨだった。『要求は何だ?!』『いますぐ警察に通報してください』もうひとつは今夜のイベントのカメラの前で全てを白状することが条件だと、カヨは続ける。『すべて告白しなさい。あなたの罪を』吾郎は電話を切った。

次ページのドラマ『監獄のお姫さま』第1話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る