明日の約束1話ネタバレあらすじ&感想 圭吾を殺した犯人は母親?!毒親の本性が徐々に明らかに

Pocket

井上真央さん主演ドラマ『明日の約束』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

ドラマ『明日の約束』にて、井上真央さんが演じるのは高校のスクールカウンセラー・藍沢日向。ある日、不登校の男子生徒が突然自ら命を絶ってしまったことがきっかけに、物語が一気に動き出します。

誰が彼を死なせたのか?『この世でいちばん謎が残る死』の背後に隠された真相に、自らも親子関係に問題を抱えたスクールカウンセラーが挑みます。

以下、ドラマ『明日の約束』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『明日の約束』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『明日の約束』第1話の見どころ(ネタバレ?

ドラマ『明日の約束』の舞台は高校。不登校生徒の謎の死の真相を、スクールカウンセラーの主人公が追求し、立ち向かいます。そのなかで見えてきた『生きる上で大切な事』『親子のカタチ』が描かれるます。

ドラマ『明日の約束』に原作はなく、公式HPにも記載があるようにドラマオリジナルストーリーとなっています。高校男子生徒が命を絶ち、その真相を追求していく過程で生徒の母親が毒親だったことが発覚、学校側と毒親の戦いの記録となっている福田ますみ著『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』が原作だという情報が流れているようですが、ガセのようです。

ドラマ『明日の約束』と設定は似ていますが、男子生徒の母親を演じる仲間由紀恵さんが毒親である事は、すでにドラマの設定の段階で発覚。ただ単に自殺の真相を解明するだけにとどまらず、主人公・日向(井上真央)もまた、親子関係に問題を抱えている事から、男子生徒の問題と自らの問題が並行する事で見えてくるものが描かれるヒューマンミステリードラマとなりそうです。

前述のように、男子生徒のまわりに、生徒の母(仲間由紀恵)の問題やいじめがある事はすでに第1話の段階でわかっていることなので、ドラマ最終回までの最大の謎となる『誰が彼を死なせたのか?』にはもっと別の秘密が隠されているような気がします。

加えて、ドラマ『任侠ヘルパー』担当の脚本家・古家和尚氏と『嘘の戦争』『銭の戦争』担当のプロデューサー・河西秀幸氏がタッグを組むという事で、先が気になる劇的なドラマになるのではないかと期待しています。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『明日の約束』第1話の視聴率

ドラマ『明日の約束』の前に放送されていたのは、窪田正孝さん主演ドラマ『僕たちがやりました』。平均視聴率6%と視聴率的には振るわない結果となりましたね。

しかし、ドラマ『僕たちがやりました』以前に放送されていたドラマ『CRISIS』・ドラマ『嘘の戦争』の視聴率はなかなかの好調で、ともに平均視聴率11%前後となっています。この枠のメインの視聴者層がある程度の年齢の女性である事が推測され、それを外してしまうとドラマ『僕たちがやりました』のように視聴率的に振るわないのかなといった感じがします。

今回のドラマ『明日の約束』は視聴者層も意識されていて、さらに『犯人は誰なのか?』という視聴者を掴む謎が存在する事から、ドラマ『CRISIS』・ドラマ『嘘の戦争』時代の視聴率は取り戻せそうな予感がします。

ドラマ『明日の約束』第1話の視聴率は12%くらいと予想します。実際のドラマ『明日の約束』第1話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『明日の約束』第1話の視聴率は8.2%でした

それでは、ドラマ『明日の約束』第1話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『明日の約束』第1話のあらすじ(ネタバレ)前編

生徒たちが抱える問題

ホームセンター。黒いパーカーのフードを被った不登校生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)はスプレーラッカーとロープを万引き。走り出した。

椿が丘高校。相談室にて女子生徒の悩みを聞く藍沢日向(井上真央)。女子生徒は聞いてもらってすっきりしたと笑顔で部屋を出て行く。日向は椿が丘高校にてスクールカウンセラーとして働いている。

『大翔先輩、これ』2年バスケ部員・長谷部大翔(金子大地)にスマホを差し出す1年バスケ部員・沢井勝(渡邊剣)。『このこと、絶対誰にも言うなよ?』大翔は沢井に念を押した。

教員会議。議題は1年B組の不登校生徒・吉岡圭吾(遠藤健慎)について。生徒のことを第一に考え家庭訪問をしたいという日向に対して、教員らは学校に来ない生徒にそこまで関わる必要はないのでは?という考えの様子。日向は特定の教員らに面倒がられているようだ。

圭吾の自宅。圭吾は盗んできたスプレーラッカーとロープをデスクの上に並べながら、バスケ部で受けた突き飛ばされるなどの暴力について考えている。階下では、母・真紀子(仲間由紀恵)が帰宅した。

圭吾の部屋に真紀子が入ってきた。『外出したでしょ?』げた箱の靴の位置がずれていたという真紀子。圭吾は気分転換に散歩したと言う。『お母さん、僕の携帯なんだけど・・・』『必要なの?・・・いらないでしょ?』真紀子が笑顔で尋ねると、圭吾は『ごめん、いい』と答えた。

バスケ部マネージャー・増田希美香(山口まゆ)が貧血を起こしているのを日向が見つけた。『大丈夫?!』しかし希美香は大丈夫だと逃げるように去っていった。

その日の夜。日向はブライダル会社勤務の恋人・本庄和彦(工藤阿須加)と居酒屋デートに。和彦は日向の母に紹介して欲しいという。『3年も付き合ってるのに一度も会ってないし・・・』しかし、日向は和彦の仕事の多忙を気にするふりをしてやんわり断ったのだった。

その後、自宅に帰宅した日向。母・尚子(手塚理美)がケーキを買ってきたと冷蔵庫から出した。『今日はいいや』日向が断ると、尚子は『ママがせっかく買ってきたのに?』と尋ねる。日向は引きつった笑顔で、じゃあ後でもらうと答えたのだった。

母との関係

バスケ部のマネージャー・希美香の自宅。(いつ帰ってくるの?)希美香が母・麗美(青山倫子)にLINEする。すると、母から(今日も彼氏の家に泊まる)という返信が。(お金もうないよ)とLINEする希美香。母からは(頑張れ(笑))という返信が来た。(今日何の日か覚えてる?)希美香はさらにLINEするが、母からの返信はなかった。

圭吾の自宅を日向と1年B組担任・霧島直樹(及川光博)が訪れた。2人に終始にこやかに応対する圭吾。いつ学校に出てこられるのか?という話題になると、真紀子が圭吾に部屋で休むように促した。『お部屋見せてもらっていいかな?』と日向が言うと、圭吾は部屋に案内してくれた。

圭吾の部屋は綺麗に整えられたカラフルな部屋だった。『この部屋って吉岡くんの趣味?高校生の男の子らしくないなって・・・』圭吾の顔から笑顔が消えた。日向はその方がいいという。今までの圭吾が無理して笑顔を作っているように感じたからだ。『・・・あの、もういいでしょうか?』真紀子がやってきて、会話は中断された。

リビングにて、圭吾抜きで話す日向・霧島・真紀子。真紀子は医師の診断書を取り出した。そこには軽度のうつという診断が。真紀子はバスケ部とクラスの両方で、圭吾がいじめにあっていると言い出した。いじめの事実を圭吾から聞いたわけではないが、実際に圭吾が学校に行けなくなっていること、バスケ部顧問・辻哲哉(神尾佑)が厳しいという噂を聞いたことを考えると、いじめにあっているとしか考えられないと真紀子は言う。

圭吾本人から話を聞きたいと霧島と日向が言うと、真紀子はそれ自体が圭吾のストレスになると拒否する。『もし圭吾の人生がダメになるようなことがありましたら、私学校や先生を許しませんから』と真紀子は言った。

その帰り道。圭吾が終始笑顔であったことが不自然だという日向。霧島も日向と同じく真紀子のことが引っかかったらしい。

圭吾の幼なじみ・白井香澄(佐久間由衣)がバイトしているスーパー。香澄が見ている前で、希美香がケーキを万引きした。追っていった香澄が美香の手を掴む。『はい、万引き確定ね?事務所まで来て』すると、希美香は『私、今日誕生日なんです・・・』とつぶやいた。
 

【スポンサーリンク】

 

希美香の爆発

翌日。日向が学校に行くと、職員室は希美香の万引きの話で持ちきりだった。2年A組担任・北見雄二郎(白洲迅)と2年副担任・大宮奈緒(新川優愛)がスーパーに希美香を引き取りに行ったのだという。『やっぱり母子家庭だね』と言い捨てる2年学年主任・柏木康介(中林大樹)。

『誕生日だったよね?』相談室に希美香を呼び、ケーキを振る舞った日向。希美香は母親の浮気で両親が離婚したこと、昨日も自分の誕生日を忘れて、母親が男と一緒にいたことを語り出した。『だから邪魔してやろうと思って・・・』『だからケーキ万引きしたの?』希美香は黙る。

日向が母親のことをどう思うか?と尋ねると、希美香は『気持ち悪い。あんな女になりたくない・・・でも・・・』とまた黙る。日向は思っていることを少しずつでいいから、母親に話してみたら?とアドバイスした。

霧島は1年バスケ部員・沢井に部活での圭吾の様子を尋ねる。しかし、沢井は何も知らないと足早に立ち去っていった。

一方、日向は希美香の『あんな女になりたくない』という言葉を思い出していた。日向の脳裏をよぎったのは、幼い頃の思い出・・・キッチンで洗い物をする尚子の背後で、1冊のノートを持った幼い日向が立っている。日向の手には(明日の約束 8歳の日向へ)と書かれたノートがあった。

希美香の家に麗美が帰ってきた。希美香の万引きの件で彼氏に振られたと麗美は腹を立てている。『私、幸せになれないじゃん?あんたがいるとさ!』『全部自分のせいでしょ?浮気して離婚して、変な男と付き合って捨てられて・・・』父と暮らすから連絡先を教えて欲しいと希美香が言うと、麗美は一緒に暮らせるはずがないという。なぜなら、希美香は父親の本当の子供ではないのだから・・・離婚する際にしたDNA鑑定の結果によると、希美香と父は血が繋がっていないらしい。

さらに希美香の存在を否定するようなことをまくしたてる麗美。希美香が声をあげ、麗美に掴みかかった。2人はもみ合いになり、倒れた。

日向の元に希美香から電話がかかってきた。『殺しちゃった・・・私、お母さん殺しちゃった』

次ページのドラマ『明日の約束』第1話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る