2019夏のドラマのあらすじまとめてます

世にも奇妙な物語2017寺島ネタバレあらすじ 結末の“真っ赤なバナナ好きですか?”がトラウマ必須!


世にも奇妙な物語2017秋の特別編『寺島』結末までのあらすじ(ネタバレ)後編

小林の告白

その対象となったのは、小林の実の母親だった。恐怖で身動きできない寺島の前で、小林はそのときの様子を淡々と話す。母親を手にかけたこと、母親の腹の中に電話を入れようとしたこと・・・

小林が電話を手に取ったそのとき、突然電話が鳴った。小林が出ると、電話をかけてきたのは出張先の小林の父親だったという。『お母さん、元気か?』

小林はそのときの様子を笑いを堪えられないといったような口調で寺島に話して聞かせた。寺島は完全に固まった。高校の頃起こした事件がきっかけで、小林が入院させられていたことを寺島は察したのだった。

耐えられなくなった寺島は、席を立った。しかし、小林は追いかけてきたのだという。寺島は必死になって振り切り、山崎の自宅に来たのだが、きっと小林はまだ自分のことを探しているかもしれないと青ざめた表情で山崎に話を続ける。

そのとき、玄関のチャイムが鳴った。
 

 

目の前の寺島の正体

山崎の自宅の玄関チャイムが鳴った。小林が寺島を追ってきたのか?凍りつく一同。

しかし、山崎の自宅にやってきたのは担当編集者の江田だった。ほっと胸をなでおろす山崎たち。

やがて、寺島がトイレに。『誰?あの人?』江田が不思議そうな顔で山崎に尋ねる。江田が紹介してくれたアシスタントの寺島だと山崎が答えると、江田はあの人物は自分が紹介した寺島ではないと不思議なことを言い出した。

その時。テレビから、今日白昼堂々起こった凄惨な事件を報じるニュースが流れてくる。事件が起こったのはとある喫茶店。店のトイレからある女性が変わり果てた姿で発見されたらしい。女性の腹の中からはバナナが房ごと見つかったという。その被害者の女性の名前は『寺島ひな』・・・

江田が、いまテレビで報じられている被害者の女性こそが、自分が山崎のアシスタントに紹介した寺島だと声を上げる。山崎が固まっていると、トイレから寺島を名乗る女性が帰ってきた。『どうかしましたか?』

目の前にいる寺島を名乗る女性の正体を山崎は察した。この場から逃れたい一心で、小腹が空いたと家を出て行こうとする山崎を寺島と名乗る女性が引き止めた。『おみやげ持ってきたんです』寺島はバッグを差し出す。

『バナナは好きですか?・・・真っ赤なバナナは?』
 

 

世にも奇妙な物語2017秋の特別編『寺島』の感想

スポンサーリンク

以上、『世にも奇妙な物語2017秋の特別編』で映像化される『寺島』原作コミックの結末までのあらすじをネタバレでご紹介しました。

不気味な幼なじみ・小林の話から始まり、やがて小林との再会、そして最後のどんでん返しで一気に血の気を引かせるという、これぞ王道の世にも奇妙な物語らしい結末となりました。

今回世にも奇妙な物語で寺島(小林)役を演じるのが、吉岡里帆さんです。吉岡里帆さんといえば、松たか子さん主演ドラマ『カルテット』にて、何を考えているのか理解できない女性・アリスとしての不気味な演技が話題となりました。寺島役もかなりハマるであろうことが予想されますね!ハマりすぎて、怖いかも。

『寺島』の結末で、寺島こと小林が最後におみやげとして持ってきた赤いバナナが、どこからもたらされたのかは御察しの通りですが、世にも奇妙な物語ではどのように映像化されるのか楽しみです。原作コミック『寺島』は山崎らが驚愕し、作者急病による連載休止となったところで結末となっていますが、吉岡里帆さん演じる寺島が見せるラストに期待が高まりますね。

『世にも奇妙な物語2017秋の特別編』で映像化される『寺島』を楽しみにしたいと思います。

世にも奇妙な物語2017秋の特別編 手塚治虫作品・藤原竜也主演『夜の声』のネタバレあらすじはこちら
 

 

ドラマ『陸王』原作小説結末までのネタバレあらすじ

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』のロケ地に行こう!





スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です