コウノドリ1話ネタバレあらすじ&感想 母抱える問題が浮き彫りに!“何もできないけど目は逸らさない”

Pocket

綾野剛さん主演ドラマ『コウノドリ』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

2015年の秋ドラマとして放送されたドラマ『コウノドリ』が帰ってきます。全国各地への病院への丁寧な取材をもとに、TBS医療ドラマ精鋭スタッフが集結して送るドラマ『コウノドリ』の舞台は、生命誕生の場である産婦人科。

様々な問題を抱えた妊婦や新生児、そしてその家族に全力で向かい合う産婦人科・新生児科のスタッフが織りなす命の奇跡が描かれます。

以下、ドラマ『コウノドリ』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『コウノドリ』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『コウノドリ』第1話の見どころ(ネタバレ?

ドラマ『コウノドリ』第1期から2年が経過、舞台は引き続きペルソナ総合医療センターの産婦人科と新生児科です。

産婦人科医・鴻鳥サクラ(綾野剛)と四宮春樹(星野源)は同期入局の良きライバル。サクラは出生時に母親が亡くなり、幼少期を施設で育つという過去、そして人気ピアニスト・BABYという裏の顔を持っています。

情熱的なサクラとは対象的に、冷静沈着に的確な診断を下すのが四宮。かつて自らが担当した出産で、母親が死亡、新生児が数年の植物状態を経て死亡するという過去があり、患者の気持ち以前に最優先すべきは命という信念を持つに至っています。

そして2年前、新米ドクターだった下屋加江(松岡茉優)と白川領(坂口健太郎)がともに経験を積み、ある程度認められる段階に。いつ恋に発展してもおかしくない位置にある2人の関係ですが、ドラマ『コウノドリ』第2期に期待です。

サクラたちをサポートするベテラン助産師・小松留美子(吉田羊)も健在。恋愛とは程遠いと思われた留美子に、ドラマ『コウノドリ』第2期では恋の予感が・・・そして、女性としての転機を迎えるとのことで、留美子が妊娠・出産に至るという展開もあり得るかもしれませんね!

ドラマ『コウノドリ』第2期にはサクラと四宮が新人産婦人科医だった頃の恩師・荻島勝秀(佐々木蔵之介)が登場。2人の原点となった荻島との再会が、今後の2人の産婦人科医としての身の振り方に大きな影響を与えていくことは間違いなさそうです。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『コウノドリ』第1話の視聴率

ドラマ『コウノドリ』第1期の平均視聴率は11.46%と決して悪くない数字。同時期に放送されたTBSドラマ『下町ロケット』の18.54%に続き、健闘しました。

そして、今期もドラマ『コウノドリ』はドラマ『下町ロケット』と同じ池井戸潤氏原作のドラマ『陸王』と並んで放送されます。ツートップでTBSの視聴率アップに一役かう存在となっていく気配が濃厚です。

ドラマ『コウノドリ』第1話の視聴率は12%くらいと予想します。実際のドラマ『コウノドリ』第1話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『コウノドリ』第1話の視聴率は12.9%でした

それでは、ドラマ『コウノドリ』第1話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『コウノドリ』第1話のあらすじ(ネタバレ)前編

離島での出産事情

隠久ノ。とある小学校の音楽室で子供達を前にピアノを弾いて聞かせるBABYこと鴻鳥サクラ(綾野剛)。すると、突然担任の久松ユリ(安藤倫子)が腹部を押さえ、倒れた。

隠久ノ島病院。唯一の病院である隠久ノ島病院。院長の院長・荻島勝秀(佐々木蔵之介)が駆けつける。ユリは今回の妊娠が2度目。ユリは妊娠高血圧症を患っており、早めに本土に渡って出産することになった。

ユリ搬送のためのヘリを待っている間に、未検診の妊婦がやってくる。妊婦は妊娠27週〜29週。出血があり、今日中に生まれる可能性が高い。早産に対応する施設がここにはないため、ユリの搬送のために呼んだヘリで、その妊婦を先に運ぶことに。

『うち雨の赤ん坊はどうなってもいいっていうことですか?』ユリの夫・久松明人(毎熊克哉)は声を荒げるが、『私は今元気じゃけえ、その子を先に乗せてあげて』とユリは笑顔を見せる。しかし、ドクターヘリが飛び立った後、ユリが突然苦しみだした。

ユリがヘルプ症候であることが発覚した。胎盤早期剥離や出血が止まらないリスクがある。ドクターヘリの到着は1時間後。『待てません。いますぐカイザーすべきです』サクラは言うが、荻島は『ここで手術はできない。血液製剤が足りない・・・』と反対。

しかし、ユリの胎児の心拍数が落ちだした。『荻島先生、やりましょう!いまできる最善の方法を考えましょう!』サクラに背中を押され、ユリの帝王切開が始まる。その頃。ユリの大量出血に備えて、AB型の献血が島中の人間に呼びかけられていた。

『赤ちゃん、生まれます!』サクラと荻島が胎児を取り出す。『・・・泣かない・・・』しかし、赤ん坊は産声をあげなかった。

『頑張れ・・・頑張れ・・・』呼びかけながら胎児に人工呼吸を施すサクラ。やがて赤ん坊が泣いた。ユリの父・久松一豊(菅原大吉)は待合室で待機している島民に、無事生まれたことを報告し、島民たちは沸き立った。

それぞれのお産にかける想い

島の公民館にてサクラは荻島とともに巡回検診を行った。その後、海辺に出た2人。『俺が来る前、この島は子供が生めない島って言われてたんだ』島唯一の産院が閉院し、島での出産が一時不可能になっていたと荻島は語る。『俺はこの島が大好きなんだよ!子供が産めるっていうのは・・・』『未来があるってことだから?』サクラが荻島の言葉に続けた。荻島が『人のセリフ、とるなよ!』と言い、2人は笑った。

ペルソナ総合医療センターにサクラが戻ってきた。沸き立つ下屋加江(松岡茉優)、助産師・小松留美子(吉田羊)。『なんだ?もう帰ってきたのか?』という四宮春樹(星野源)に、迷惑をかけたことをサクラが謝ると、四宮は『まったく問題なかった』とそっけない態度。

荻島の近況をサクラから聞いた四宮は、設備のない田舎でリスクのあるお産をすることが未来があるということとは思えないという。『背負いすぎるな、サクラ』四宮はサクラの肩を優しく叩き、去って行った。
 

【スポンサーリンク】

 

2人の妊婦

サクラは早見マナ(志田未来)と早見健治(泉澤祐希)の健診を担当することに。早見夫妻は生まれつきのろうあ者。サクラは筆談で話そうと提案。マナは嬉しそうにうなづいた。

一方、佐野彩加(高橋メアリージュン)は四宮の健診を受けた。彩加の胎児に心室中隔欠損、つまり心臓の壁に穴が空いていることが発覚した。心室中隔欠損は胎児の100人に見られるわりとよくある症状だと語る四宮。出生後、穴は自然に埋まるか、手術で治せると四宮は言う。

彩加が夫・康孝(ナオト・インティライミ)を呼び、四宮、新生児科部長・今橋貴之(大森南朋)と話すことに。彩加を落ち着かそうとする四宮たちだったが、彩加は取り乱している。キャリアウーマンの彩加はいつ仕事に復帰できるかを非常に気にしており、胎児に疾患が見つかったことで、保育園の入所などに問題があるのではと心配していた。

サクラは1人デスクでかつて出産を担当した三浦芽美(松本穂香)からの手紙を読んでいる。そこには感謝の言葉が綴られていた。

彩加の職場。明日から産休に入ることを後輩にことわる彩加。『これ先輩がとってきた案件ですよね?』彩加は後輩から嫌味を言われてしまう。『何かわからないことがあったら、いつでも聞いて!』作り笑いをする彩加。

翌日。彩加のPCには後輩からのプロジェクト遅延に関するメールが山ほど届き、彩加は1人頭を抱えた。

次ページのドラマ『コウノドリ』第1話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る