過保護のカホコ7話ネタバレあらすじ&感想 カホコ,初と破局?!家族をめぐる2人の溝の深さがあらわに

Pocket

高畑充希さん主演ドラマ『過保護のカホコ』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

家出先の実家から帰ってきたものの、『これからは自由にやりましょう。家族だからって束縛しないで』と完全にカホコ(高畑充希)の自立を応援する胸中には至っていない様子の泉(黒木瞳)。

祖母の初代(三田佳子)に思い心臓病が発覚し、ますます混乱する家族の力になりたいと奔走するカホコ、家族がいない初(竹内涼真)の心境は複雑なようです。

以下、ドラマ『過保護のカホコ』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『過保護のカホコ』第7話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『過保護のカホコ』第7話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

めでたく付き合うことになったカホコと初。しかし、カホコの家族問題でデートどころではない2人・・・

カホコが脱過保護宣言したことが原因で泉が家出し、それを皮切りにそれぞれの家庭が抱える問題が原因で、環(中島ひろ子)や節(西尾まり)までもが実家に出戻ってき、泉の実家には久々に三姉妹が集うこととなりました。

子供の頃に想いを馳せる三姉妹は、三姉妹が三姉妹とも、自分以外の姉妹が羨ましかったと発言。泉はかつて飼っていた愛犬が自分だけに全く懐かなかったことから、自分は必要とされていない人間なのだと思い込んでしまったと心の傷を打ち明けます。

そんな泉を全身全霊で必要としてくれたのが生まれたカホコでした。泉がカホコの自立を心から応援できない理由には、カホコが自立することで、また子供の頃に感じたような無価値観に苦しめられるのではないかという恐怖心が影響しているようです。

泉は自宅に戻ってはきましたが、カホコや正高(時任三郎)に冷たく突き放すような態度をとります。カホコの自立問題を心から応援できるような心境には、泉はまだ至っていないようです。

そんななか、祖母の初代が心臓に重病を抱えていることを偶然知ってしまったカホコ。自分に死期が迫っていることで家族中に心配をかけることを恐れる初代は、カホコに病気のことを黙っていて欲しいとお願いしますが・・・?!

さらに詳しいドラマ『過保護のカホコ』第7話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『過保護のカホコ』第7話の視聴率

ドラマ『過保護のカホコ』第6話の視聴率は、第5話の視聴率を1.2%下回り、10.9%という結果になりました。とはいえ、今回も今期放送中の連続ドラマのなかで、第6話終了時点では、月9『コード・ブルー』の13.7%に次いで、第2位に入りました。ドラマ中盤ということで一旦数字が落ち込むという傾向もありますが、今期は特に視聴率で苦しむドラマが多いようです。

ドラマ『過保護のカホコ』第7話の視聴率は、やや上がって11%前半くらいになると予想します。実際のドラマ『過保護のカホコ』第7話の視聴率は発表され次第、追記します。

※ドラマ『過保護のカホコ』第7話の視聴率は10.8%でした

それでは、ドラマ『過保護のカホコ』第7話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『過保護のカホコ』第7話のあらすじ(ネタバレ)前編

祖母の初代(三田佳子)が自身の病のことを電話で話しているのを聞いてしまったカホコ(高畑充希)。『今の本当なの?』尋ねるカホコに初代は『そんなはずないでしょ?今のはお芝居のセリフよ』と言う。今度町内会で芝居を披露する予定になっていると初代はごまかす。

翌日、初代の自宅をカホコが訪れた。庭仕事中に胸の痛みを感じ、堪えていた最中の初代は必死になんでもないように装った。

『カホコ、ごめん。ばあば、昨日嘘をつきました』心筋症を患っていて、いつ死んでもおかしくない状態だと初代は切り出した。治す方法は手術しかないが、自分の年齢的に手術には耐えられないと言う初代。『カホコ、何かできることないかな?』初代は誰にも言わないで欲しいとカホコに頼む。

『せめて、ママにだけでも・・・』泉に迷惑をかけたくないこと、自宅で死にたいことを泉はカホコに話し、カホコは『わかった』と答えたのだった。

大学で初(竹内涼真)と昼食をとるカホコ。『どうしたらいいと思う?』カホコは初代が重病を抱えており、家族に口止めされていることを説明。初は初代の好きにさせてあげたらいいと答える。

『ばあばにカホコの好きになった人に会ってもらいたいの!』カホコは初を連れ、初代の元へ。『カホコさんとおつきあいさせていただいている麦野初です!』ぎこちないながら、初代に挨拶をする初。

『考えたけど、他のお医者さんにセカンドオニオンしてもらったらどうかな?』初にオピニオンだと訂正されながらも、カホコは提案。初代はすでにそれはやっていて、どこも同じ診断結果だったと答えた。初代は何よりも、このままいつもと同じ日常の中で人生を終えたいと決意は揺るがない様子。

やがて帰ってきた福士(西岡徳馬)と詩吟の話で盛り上がる初のことを見て、初代はしみじみつぶやく。『いい人ね〜初くん。ほら、カホコも笑って!』カホコの元気がないと、自分の元気が出ないと初代はカホコの頰をつまんだ。

その夜。21時を過ぎても帰ってこないカホコのことが内心心配でしょうがない泉。そこにカホコが帰ってきた。『何してたの?こんな時間まで。どうでもいいけど。また彼とデート?どうでもいいけど』と言う泉に、カホコは『じゃあ聞かなきゃいいじゃん』と返し、険悪ムードに・・・そこに節(西尾まり)から電話がかかってきた。

毎年恒例の糸(久保田紗友)の誕生日会を、今年いろいろ事態がこじれている状態であるにもかかわらず、初代が開催したいと言い出し困っているという節。『泉ちゃんから説得してよ』

泉は早速初代に誕生会を中止してほしいと電話しようと、受話器を取る。初代の病気のことを知っているだけに気持ちがよく分かるカホコは、自分が糸を説得するから初代に電話するのは待ってほしいと訴えた。
 

【スポンサーリンク】

 
初のアトリエ。糸を説得する自信がないにもかかわらず、あんなことを言ってしまいどうすればいいか迷いに迷っているカホコのことを初は心配する。『どこか行きたいとこないのか?気晴らしにもなるし!』初は自分たちが付き合いだしてどこにもデートに行ってないことから、一緒にどこかに出かけようとカホコに提案した。

カホコが初を連れて行ったのは糸の自宅前だった。『あ!でも初くん帰って』糸が帰宅した際に、自分と初とが一緒にいると、糸が話を聞いてくれなくなる可能性があると、カホコは初を帰したのだった。

カホコが待っていると夜遊び友達らしい友人たちに糸が送られ帰ってきた。『何やってんの?あんた』カホコは誕生日会に来てほしいと糸に頼む。『ばあばが・・・ばあばが・・・』病気のことを言いそうになるカホコ。『あの婆さん、なんでもわかった顔してうざいんだよね。私あんたらのこと家族と思ったことないから』糸は自宅に入って行った。

帰宅したカホコはエントランスの窓ガラスに映った自分の表情の暗さに気づき、必死に笑顔を作る。カホコは糸のことを説得するために、糸の大好きなチョコチップクッキーを作ろうと材料を買ってきたと泉に報告。すると、泉は誕生会が中止になったと言う。『さっきばあばから連絡きたから、今年は中止にするって。環(中島ひろ子)たちからも出られないって連絡きたから』『なんで?!』

再び喘息が出て入院することになった環の元にカホコが駆けつけた。『私嫌な人間だから。みんなに顔合わせたくなくて。衛(佐藤二朗)くん、私のバッグの中見せてあげて』衛が環のバッグをひっくり返すと、バッグから大量の万引きした商品が・・・

喘息で発作が出るたびに、なぜ自分だけがという気持ちが募り、若い頃から万引きすることが止められなかったと明かす環。『カホコ、私たちがなんで結婚したのか聞いたよね?』自分たちが結婚した理由はお互い弱いからだと環は言う。『でもやっぱりダメみたい・・・』環は泣きながら病院のベッドに潜り込んだ。

次ページのドラマ『過保護のカホコ』第7話のネタバレあらすじに続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る