僕たちがやりました6話ネタバレあらすじ&感想 トビオ自殺!?隠蔽したのはパイセン父の輪島だった

Pocket

窪田正孝さん主演のドラマ『僕たちがやりました』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

事件に無関係と思われる真犯人と名乗る男が出頭してきたことで、自由を得たトビオ(窪田正孝)。しかし、その背後には輪島宗十郎(古田新太)や弁護士・西塚智広(板尾創路)、担任の立花菜摘(水川あさみ)の黒い思惑の影が・・・

そして、隠蔽を阻止しようとする執念の刑事・飯室成男(三浦翔平)も捜査を続けており、ドラマオリジナルの展開も楽しみな第6話です。

以下、ドラマ『僕たちがやりました』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『僕たちがやりました』第6話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『僕たちがやりました』第6話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

逃亡を続けるトビオはマル(葉山奨之 )や伊佐美翔(間宮祥太朗)とも離れ離れになり、ついに限界を迎え、自首を決意。その瞬間、パイセン(今野浩喜)が釈放され、自分たちは無罪になったとの報告を受けます。矢波高爆破事件の犯人は、自分が真犯人だと名乗り出た真中幹男(山本浩司)ということになったようです。

しかし、証拠映像からトビオたちが爆破事件に関わっていたことは一目瞭然。この真中という男、何者かがトビオたちの罪を隠蔽しようと送った偽物の犯人のようです。

事件の隠蔽に関わっているのが、弁護士・西塚とトビオたちの担任・菜摘。菜摘は真中を事件前夜に矢波高で目撃したと嘘の証言をした代償として、西塚から金を受け取りました。刑事・飯室は西塚が顧問弁護士として仕えている闇社会のドン・輪島と、今回の事件の隠蔽の関係を疑っています。

そんななか、トビオを探そうと協力関係となったのが矢波高の不良・市橋哲人(新田真剣佑 )とトビオの幼なじみ・蒼川蓮子(永野芽郁)。爆破事件によって車椅子生活を余儀なくされた市橋は手下の不良たちに裏切られ、1人となりますが、そんな市橋のことをそばで慰め続けたのが蓮子でした。

市橋は蓮子に想いを寄せるようになり、『お前のこと好き』と蓮子に告白したのでした。

さらに詳しいドラマ『僕たちがやりました』第6話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『僕たちがやりました』第6話の視聴率

ドラマ『僕たちがやりました』第5話の視聴率は第4話を0.4%下回り、5.4%という結果になりました。

ドラマ『僕たちがやりました』第6話の視聴率は現状維持で5%代中頃と予想します。ドラマオリジナルの展開も入ってくる第6話から、視聴率も持ち直すことを期待したいです。実際のドラマ『僕たちがやりました』第6話の視聴率は分かり次第、追記します。

※ドラマ『僕たちがやりました』第6話の視聴率は5.2%でした

それでは、ドラマ『僕たちがやりました』第6話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『僕たちがやりました』第6話のあらすじ(ネタバレ)前編

釈放されたパイセン(今野浩喜)がトビオ(窪田正孝)を迎えに来た。パイセンによると、あの夜自分たちとは全く関係ないところで真中幹男(山本浩司)がプロパンガスに爆弾を仕掛けたとのこと。トビオは喜びを隠せない。

一方、西塚智広(板尾創路)と密会中の担任・立花菜摘(水川あさみ)は、口裏を合わせに協力した謝礼として札束を受け取った。なぜ?と尋ねる西塚に『私はただ凡下高校の生徒とOBを守りたかっただけですから』と菜摘は虚ろな表情で答えた。

トビオとパイセンはマル(葉山奨之 )・伊佐美翔(間宮祥太朗)と再会。『あったこと水に流して、これからも遊びましょう!!』パイセンから新たに大金を受け取ったトビオは、そこそこ幸せな毎日が戻ってくるという喜びから、マルから受けた裏切りも水に流そうと決めたのだった。

キャバクラにてカラオケをご機嫌で熱唱中の輪島宗十郎(古田新太)のもとを刑事・飯室成男(三浦翔平)が訪れた。飯室のことを引き止める西塚。『顧問弁護士の私がお伺いしましょう。今から署にお伺いすればよろしいですか?これは正式な捜査ではないんですか?』という西塚に、飯室は『お前らの好きにはさせないとお伝えください』と言い、帰って行った。

トビオが帰宅すると、優子(榊原郁恵)や妹から普段通り、温かく迎えられた。伊佐美もまた、今宵(川栄李奈)と元サヤに。マルはパイセンからもらった100万円で、熱海のキャバクラにまた行こうと計画していたのだった。

自宅前で菜摘と出会ったパイセン。『良かったね!冤罪が認められて。ちょっといいかな?』
 

【スポンサーリンク】

 
翌朝。トビオの自宅を蓮子(永野芽郁)が訪ねてきた。お茶しに出かけた2人。『私ずっと信じてたんだ』蓮子はトビオが犯人ではないとずっと信じていたと言う。『あの時のことなんだけど・・・カラオケで・・・』トビオはかつて無理やり蓮子に迫ったことを切り出し、頭を下げた。『本当にごめんなさい!!』蓮子はあの時は普通じゃなかったとわかった今は気にしていないと笑う。

『お前ら付き合ってんでしょ?』市橋哲人(新田真剣佑 )との関係をトビオが尋ねると、そういう関係ではないと言う蓮子は、今度一緒にお見舞いに行こうと言う。『疑い晴れたんだし、ちゃんと会って話したほうがいいんじゃない?』トビオはうなづいた。

帰り道。トビオは蓮子にまたカラオケに行こうと誘われた。トビオがOKすると、蓮子は『超楽しみ!』と嬉しそうな表情。『本当に無事で良かった』と蓮子は笑顔で帰って行った。

凡下高校の屋上の部室で集まるトビオたち。パイセンは菜摘からデートに誘われたと有頂天。トビオたちは大盛り上がり。パイセンは盗聴器と無線機を取り出し、トビオたちに配った。『俺の会話から学ばせたる!今日のデートずーっと見とれっていうこっちゃ』

蓮子は自分を襲ったかつての市橋の手下たちを偶然見かけ、近づいた。『二度と市橋に手出さないで。約束できないんだったら、私にしたこと警察に話す』

菜摘とパイセンとのデート当日。場所は三ツ星の日本料亭。別室ではトビオたちがモニターを前に2人の様子をあーだこーだ言いながら見守る。

菜摘が突然席を立ち、パイセンの隣に移動。その瞬間、突然映像と音声が途切れた。

次ページのドラマ『僕たちがやりました』第6話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る