黒革の手帖5話ネタバレあらすじ&感想 元子に破滅の影!橋田とすみ江の関係に罠の予感

Pocket

武井咲さん主演ドラマ『黒革の手帖』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

銀座最高峰のクラブ・ルダンの購入資金が2億円足りない元子(武井咲)。上星ゼミナール理事長・橋田(高嶋政伸)が購入しようとしている料亭を転売し、資金を手に入れようと企みますが、ルダンの持ち主が政財界のフィクサー・長谷川庄治(伊東四朗)であることが判明。

長谷川のすぐ近くで暗躍する元子を長谷川が許しておくのか、元子は快進撃を続けることができるのでしょうか?

以下、ドラマ『黒革の手帖』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『黒革の手帖』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』第5話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

銀座トップに昇りつめるという野望を抱く元子は、クラブ・ルダンを手に入れようとしています。しかし、カルネを売却したとしても、購入資金には遠く及ばず、元子はルダン購入のために足りない2億円を黒革の手帖を使って、手に入れられないか思いを巡らせます。

そんな折、店の常連である上星ゼミナール理事長・橋田が高額の裏金と引き換えに、裏口入学の斡旋を行っているという噂を耳にした元子。元子はターゲットを橋田に定めました。

時期を同じくして、料亭『梅村』が売りに出され、長谷川の勧めで、橋田が梅村の購入を検討していることを元子は知ります。梅村は想像以上の好物件で、転売すればすぐに買値である2億円以上の金額で売れそうです。

そんななか、働いていた梅村が閉店するということで、梅村の仲居・島崎すみ江(内藤理沙)が働かせて欲しいとカルネにやってきました。橋田からの執拗なアプローチに辟易していた元子は橋田の元にすみ江を送り、自分の代わりに関係を持たせ、なおかつ橋田のPCから裏口入学斡旋者リストを盗み出させたのでした。

さらに詳しいドラマ『黒革の手帖』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』第5話の視聴率

ドラマ『黒革の手帖』第4話の視聴率は第3話の視聴率を0.2%下回り、10.7%という結果となりました。

ドラマ『黒革の手帖』第5話の視聴率は、10%代後半〜11%と予想します。ドラマ後半に向かって、徐々に上がってくることを期待したいです。実際のドラマ『黒革の手帖』第4話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

それでは、ドラマ『黒革の手帖』第5話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』第5話のあらすじ(ネタバレ)前編

カルネを上星ゼミナール理事長・橋田常雄(高嶋政伸)が訪れた。応対した元子(武井咲)に『すみ江(内藤理沙)は?』と尋ねる橋田。元子が手に入らないとわかった橋田はすみ江に鞍替えしたようだ。

亡き国土交通大臣・若槻の妻・貴子が自由民政党の公認を受ければ、政略結婚をした安島富夫(江口洋介)でも勝ち目がないと心配する政財界のフィクサー・長谷川庄治(伊東四朗)。安島は自由民政党は必ず自分を公認すると、自信たっぷりに微笑んだ。

直後、貴子が大学建設に圧力をかけ、自身の弟に工事を請け負わせたスキャンダルが発覚。こうして、安島は党の公認を得た。

クラブ・カルネ。長谷川と安島が談笑している。『例の若槻候補のスキャンダル、僕がリークしたと思われてて』と笑う安島。

元子はルダンの話を出した。ルダンは現在質流れ中で、たまたま自分の手元にあるだけだという長谷川。『3億で売りに出されると聞きました。本当ですか?』長谷川は元子が買ってくれるなら300円で売ると冗談を言い、元子はルダンが間違いなく長谷川から3億円で売りに出されていることを確信したのだった。

料亭梅村。長谷川を仲介人として、橋田と梅村の料亭の売り買い契約が成立した。予定通り、料亭は1億5000万円で取引され、別に橋田は現金で5000万円を用意し、長谷川に手渡したのだった。

亡き国土交通大臣・若槻の墓前。貴子の前に安島が現れた。『実の家族のように世話してあげたのに!!私たちの人生をめちゃくちゃにした!』貴子は涙ぐむ。安島は土下座。『何か困ったことがあったらいつでも呼びつけてください。必ずご恩返しします。お願いします!』

梅村が完全に橋田のものとなったという報告をすみ江から受けた元子。元子は気持ちだと100万円をすみ江に手渡した。

翌日。登記事項証明書を確認しに行った元子。梅村は間違いなく橋田のものになっていた。(これで準備は整った。いよいよ私の夢は叶う・・・)
 

【スポンサーリンク】

 
その足で上星ゼミナールの理事長室を訪れた元子。『理事長はすみ江さんとどういう気持ちでお付き合いされてるんです?』すみ江との付き合いが本気でないならば、店の外で会うのはやめてほしいと元子は切り出した。

『いや〜嬉しいね』元子がすみ江にやきもちを焼いていると認識したらしい橋田。元子が約束を守ってもらえない場合はしかるべき措置をとらざるを得ないと言うと、橋田はすみ江とはもう会わないと約束した。

『なら、ママが相手してよ?わかるだろう?私の気持ち・・・』襲いかかろうとする橋田に、元子は本題を切り出した。『理事長がお買いになった梅村を私に譲ってください。譲っていただきたいんです』『いくらで?』元子は2000万円を25年ローンで買いたいと申し出た。

『そんな金額で売ったら私は破産だよ!』という橋田の前で、元子は黒革の手帖を取り出した。『3億1000万円の隠し預金。これ全部あなたのですよね?つまりあなたの脱税の証拠です』これだけではないと元子は裏口入学斡旋者リストを読み上げる。橋田の表情が変わった。

『すごいですね?お金は湯水のように湧いてくるじゃないですか?これ週刊誌に持ち込んだら、上星ゼミナールはもちろん、理事長も破滅ですね?譲っていただけますね?梅村を2000万円、25年ローンで』こうして、元子は橋田に契約書に判を押させることに成功した。

裏口入学の斡旋は現在の深刻な医者不足を解消するためにやっているとあくまでも言い訳をする橋田に、元子は笑顔で『お勉強させていただきます』と答えた。

上星ゼミナールからの帰り道、元子は偶然クラブ燭台のママ・岩村叡子(真矢ミキ)と会った。叡子は最近楢林(奥田瑛二)が姿を見せないことを心配していた。元子は素知らぬ顔で忙しいのでは?と答える。

話題はやがて、ルダンの話へ。『買うって噂があるんだけど、まさかあなたじゃないわよね?』『まさか!』元子は否定。『結局男の人って若い女の人が好きなんですよね。若くてものを知らない都合のいい女の人が』そう呟いた元子に、叡子はわざと水をこぼし、元子の着物は水浸しになった。

(全て順調。何もかも思い通りに進んでいる。あとは・・・)

次ページのドラマ『黒革の手帖』第5話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る