過保護のカホコ6話ネタバレあらすじ&感想 ばあばの余命宣告!家族に翻弄されるカホコに家族のいない初が思うもの

Pocket

高畑充希さん主演ドラマ『過保護のカホコ』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

誰かの力になりたいと奮闘するカホコ(高畑充希)の姿を目の当たりにし、心が動いた初(竹内涼真)が『交際を許してほしいと思っている』とカホコの両親の前で宣言。

続けて、カホコの脱過保護宣言にショックを受けた母・泉(黒木瞳)が家を出て行ってしまいます。

まだまだ乗り越えるべき壁は多いものの、ひとまず恋人同士となったカホコと初に注目です。

以下、ドラマ『過保護のカホコ』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『過保護のカホコ』第6話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『過保護のカホコ』第6話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

初に人生初の恋をし、ふられてしまったカホコ。カホコと初は友達として付き合っていくことになり、初のことが原因となり冷戦状態となっていた泉とカホコの仲も元どおりとなりました。

ここにきて、初とのことや母娘の仲について、間に挟まれ心悩ませてきた父・正高(時任三郎)の我慢が限界を迎え、正高は家出してしまいます。

正高の家出を皮切りに、カホコの周囲ではこれまでに溜まっていた膿が一気に噴出し始めます。

次女・環(中島ひろ子)は夫・衛(佐藤二朗)の酒癖の悪さに心を悩ませ、持病の喘息が悪化。入院してしまいます。

また、チェリストになるという夢を断たれた娘・糸(久保田紗友)のことが原因で、三女・節(西尾まり)とその夫・厚司(夙川アトム)の仲はは険悪に。糸もぐれてしまい、出会い系で知り合った男性ともめ、警察に補導される事態となります。

そして、初も心に傷を抱えていることが発覚。母子家庭で育った初は、幼い頃に母親にも捨てられ、以後施設で育ったこと、今も自分を捨てた母親のことが許せないことをカホコに打ち明けました。

そんななか、家族や大好きな初のために何か力になりたいと奮闘するカホコを目の当たりにした初の心が動きました。初はカホコの両親に『交際したいと思っている』と宣言。カホコも泉に『カホコ、もうママに甘えないようにする』と脱過保護宣言をしますが、泉は荷物をまとめ、出て行ってしまったのでした。

さらに詳しいドラマ『過保護のカホコ』第6話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『過保護のカホコ』第6話の視聴率

ドラマ『過保護のカホコ』第5話の視聴率は、第4話の視聴率を1%上回り、12.1%という結果になり、初回〜第5話中、最高視聴率をマーク。今期放送中の連続ドラマのなかで、第5話終了時点では、月9『コード・ブルー』の13.8%に次いで、第2位に入りました。一旦数字が落ち込むドラマ中盤でこの視聴率をキープできているのは、かなり好調な証ですね。

ドラマ『過保護のカホコ』第6話の視聴率は、引き続き12%前後くらいになると予想します。実際のドラマ『過保護のカホコ』第6話の視聴率は発表され次第、追記します。

それでは、ドラマ『過保護のカホコ』第6話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『過保護のカホコ』第6話のあらすじ(ネタバレ)前編

泉(黒木瞳)が出て行った翌朝。カホコは寝坊。正高(時任三郎)とカホコはキッチンの調味料の場所がわからず、トーストにゆで卵という質素な朝食をとっていると、泉は実家にいると初代(三田佳子)から電話がかかってきた。

初(竹内涼真)がカホコと付き合いたいと宣言した後に、カホコが脱過保護したことを正高が報告すると、初代は『自分が必要ないって言われた気がしたんじゃないかな・・・自分よりも麦野君の方を選んだみたいで』と言う。

『どうしよう、パパ。カホコ、ママのこと必要ないなんて言ったつもりないのに・・・』夜、正高が泉の実家に様子を見に行くことになり、カホコがその間に夕食を作ることになった。

カホコは泉が出て行ったことを初に報告。どうしたら泉が戻ってきてくれるだろうかとカホコが相談すると、初は自分で考えろという。『俺なんか何十年も会ってないけどね、母親なんか』『ごめん・・・』

やがて話題はこれからの2人のことに。『2つお願いがあります』というカホコ。カホコは自分のことを名前で呼んでほしいというが、初はなかなか呼ぶことができない。

『2つめはちゃんと好きって言ってくれないかな?』『す・・・す・・・・ゴメン!』初は心の準備ができていないため、もう少し時間がほしいと言うのだった。

その日の夕方、正高が泉の実家を訪れた。『なあ、泉。頼むよ。戻ってきてくれよ』正高が切り出すと、泉はLINEで『無理です』と送信してきた。その後も、向かい合いながらも泉は直接口をきかずLINEで気持ちを伝えてくる。その時、節(西尾まり)が泣きながらやってきた。

糸(久保田紗友)がぐれたのは節の育て方が悪いせいだと厚司(夙川アトム)に言われたと泣きながら泉に説明する節。泉は泣きじゃくる節のことを慰め、正高は自分の家の話どころではなくなった。

正高が疲れ果てて帰宅すると、カホコがキッチンで夕食を作ろうと格闘していた。節が家出してきたことから、説得するタイミングを逃したと正高は報告。

『今日はハンバーグだよ』カホコが差し出したのは1600円の松坂牛のハンバーグ。『高くないか・・・?』正高が風呂に入ると、栓を閉め忘れお湯は溜まっていなかった。
 

【スポンサーリンク】

 
再び泉の実家を訪れた正高。『泉ちゃん、私結婚したの間違ってたのかも〜〜』今度は環(中島ひろ子)が泣きながら家出してきた。衛(佐藤二朗)との幸せが壊れるくらいなら、その前に離婚した方がいいと思うという錯乱状態の環。そこに衛と厚司が妻を迎えにやってきた。

帰ろうという夫たちに全力で反抗する妻たち。初代や福士(西岡徳馬)、泉をも巻き込み、場は騒然とする。『ダメだ、全員から無視されてる・・・』 正高はまたしても話を切り出すことができなくなってしまった。

正高はまたしても疲れ果て帰宅。今日は環までもが家出してきたため話せなかったと正高が報告。すると、突然玄関のチャイムが鳴り、正興(平泉成)がやってきた。

正高は実家に電話。教子(濱田マリ)がつくった借金を肩代わりしてくれと言い出し、多枝(梅沢昌代)と正興が口論になり、出て行ったという。羽を伸ばしたいという多枝は、しばらく正興のことを預かってくれと言い、電話を一方的に切った。

初のアトリエ。カホコのことをなんとか名前で呼ぼうとする初だが、なかなかうまく言えない。そこへ糸がやってきた。『何2人でイチャイチャしてるの?』糸の姿はすっかり変わってしまっていた。

糸に両親と仲直りしてくれというカホコ。『カホコなんでもするからさ』『本当に?じゃあ初君譲ってくれない?』

次ページのドラマ『過保護のカホコ』第6話のネタバレあらすじに続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る