僕たちがやりました5話ネタバレあらすじ&感想 パイセン釈放!背後の輪島とトビオたちの関係はいかに

Pocket

窪田正孝さん主演のドラマ『僕たちがやりました』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

矢波高爆破事件の犯人がやはりトビオ(窪田正孝)たちであったことを裏付ける証拠映像が見つかり、逮捕済みのパイセン(今野浩喜)が自白しようとしたその時、自らが真犯人だと名乗る男・真中幹男(山本浩司)が出頭してきました。

トビオたちの罪を肩代わりしようとする真中の正体とは果たして・・・?!

以下、ドラマ『僕たちがやりました』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『僕たちがやりました』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『僕たちがやりました』第5話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

ニュースで放送された矢波高の爆発箇所の地図を見たトビオと伊佐美(間宮祥太朗)。プロパンガスの近くに自分たちが爆弾を仕掛けていないことから、あの晩、敷地内で出会った矢波高の教師・熊野直矢(森田甘路)が、自分たちが去った後にプロパンガスの近くに爆弾を仕掛け直したのでは?という推測に至りました。

熊野が真犯人であるという証拠を掴もうと侵入した熊野の自宅で、トビオと伊佐美は自分たちが爆破犯である証拠映像を発見。そこには、パイセン(今野浩喜)からこぼれ落ちた爆弾が、プロパンガスの近くに転がる様子が映っていました。

自分たちが殺人犯であるという動かぬ証拠を突きつけられ、混乱したトビオと伊佐美は再びバラバラに。マル(葉山奨之 )は熱海のキャバクラで豪遊した挙句にトビオから持ち逃げした金を使い果たし、一文無しになりました。

刑事・飯室成男(三浦翔平)は、熊野から押収した証拠映像をパイセンに突きつけました。パイセンが自白しようとしたその時、交番に自らが矢波高爆破事件の真犯人だと名乗る男・真中が出頭してきます。

さらに詳しいドラマ『僕たちがやりました』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『僕たちがやりました』第5話の視聴率

ドラマ『僕たちがやりました』第4話の視聴率は第3話を0.8%下回り、5.8%という結果になりました。今期放送のドラマでは、『僕たちがやりました』以外にも、『セシルのもくろみ』『ハロー張りネズミ』など、前評判が好評だったドラマの視聴率低迷が特徴的です。

ドラマ『僕たちがやりました』第5話の視聴率は引き続き下がり、5%代中頃と予想します。いろいろなものから逃げているトビオたちが、逃げているものに向き合おうとするドラマ後半からの視聴率回復に期待したいです。実際のドラマ『僕たちがやりました』第5話の視聴率は分かり次第、追記します。

※ドラマ『僕たちがやりました』第5話の視聴率は5.4%でした

それでは、ドラマ『僕たちがやりました』第5話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『僕たちがやりました』第5話のあらすじ(ネタバレ)前編

ホームレスの男・ヤング(桐山漣)に襲われたトビオ(窪田正孝)。『こんな気持ちだったのか・・・あの時の蓮子(永野芽郁)も・・・』かつて欲望のままに蓮子に迫ったトビオは、自分がどんなにひどいことをしたのか、改めて実感。蓮子に会って謝りたいという猛烈な反省感に苛まれる。

『会いたいなら行けばいい。後ろが嫌なら前を向け』ヤングに諭され、トビオは走り出した。

一方、取調室のパイセン(今野浩喜)は飯室成男(三浦翔平)ら刑事たちに追い詰められ、落ちる寸前となっていた。その時、飯室の携帯に電話がかかってくる。『・・・はい?』

蓮子に会いに行ったトビオは、市橋哲人(新田真剣佑 )の車椅子を押す蓮子を見つけてしまった。道路の反対側で呆然と立ち尽くすトビオに蓮子と市橋は気づいた。トビオは逃げ出し、蓮子が追う。『トビオーー!!』しかし、トビオは走り去ってしまった。(なんで一緒にいるんだよ?!そういうことかよ?俺のこと好きとか言ってたくせに・・・)

市橋の元に蓮子が戻ってきた。『痩せてたっぽい。ちゃんと食べられてないのかも。逃げるってことは・・・やっぱり犯人なのかな・・・』蓮子は必死に動揺を隠し、笑顔を作る。

蓮子が市橋と一緒にいたことで裏切られたような気持ちになり、自暴自棄になりながらトビオが歩いていると、偶然今宵(川栄李奈)と会った。トビオは今宵のことを後ろから抱きしめる。『ごめん、ちょっとだけこうしてていいか?』『・・・いいよ』

そのまま今宵と関係を持ち、今宵の部屋で目を覚ましたトビオ。一方、カラオケボックスに潜伏中の伊佐美(間宮祥太朗)はマル(葉山奨之 )と電話中。マルは絶対に警察に見つからない場所があると伊佐美に告げる。
 

【スポンサーリンク】

 
所内の廊下で西塚智広(板尾創路)とすれちがった飯室。『こんなところで何してるんですか?』『仕事ですよ。依頼人と接見を』

西塚の依頼人は、自らが矢波高爆破事件の犯人だと名乗る真中幹男(山本浩司)。取調室に飯室が殴り込む。『誰に指示された?輪島宗十郎(古田新太)か?!』しかし真中は虚ろな目で『おらがやりました』とつぶやくのみだった。

下級生の有原正樹(吉村界人)らから、謀反をおこされた市橋。『復讐とかやめません?死んだ奴らは帰ってこないんだし。あんた終わってるんだよ!』車椅子の市橋には抵抗する術がなかった。

今宵の教室を蓮子と由佳(岡崎紗絵)が訪れた。トビオが今宵の家にいたことを聞いた蓮子はトビオの居場所について尋ねるが、今宵は知らないと答えた。

市橋と会った蓮子。『変わらず接してくれるのはお前だけだ・・・ありがとな』と市橋は蓮子に礼をいい、トビオのことは1人で探すから帰っていいと言い出した。『嫌だよ。約束したじゃん。一緒に探そうって』蓮子は市橋の背中に手を置き、笑顔を見せる。

2人の様子を有原と仲間達が見ていた。『なんだよ、あれ。やっちゃうか?蓮子』直後、市原と蓮子は有原たちから襲われ、蓮子は有原たちにつれ去られてしまったのだった。

次ページのドラマ『僕たちがやりました』第5話のネタバレあらすじに続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る