愛してたって秘密はある1話ネタバレあらすじ&感想“お父さんみーつけた” 犯人は誰?父は生きてる?!メールがホラー!

Pocket

福士蒼汰さん主演のドラマ『愛してたって、秘密はある。』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

DVから母親を守ろうと実の父を殺してしまったという秘密を抱えている黎(福士蒼汰)。黎の秘密を知っているのは実の母・晶子(鈴木保奈美)だけ。2人の間で秘密は守られてきました。

しかし、事件から11年後。弁護士になるという夢に向かいながら、愛する恋人・爽(川口春奈)との結婚を間近に控え、順風満帆な生活を送っていた黎のもとに、黎の秘密を知っているという不気味なメールが届きます。

愛する人に真実を打ち明けることはできるのか?愛する人の罪を許すことはできるのか?『愛とは、許すこと』をテーマに描かれる新ドラマ『愛してたって、秘密はある。』の企画・原案を務めるのは秋元康氏です。原作なしということでネタバレは一切なし。最終回までドラマを楽しむことができそうですね。

以下、ドラマ『愛してたって、秘密はある。』第1話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『愛してたって、秘密はある。』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』第1話のあらすじ(ネタバレ)前編

立花爽(川口春奈)の自宅。爽の婚約者・奥森黎(福士蒼汰)は爽から結婚するのだから、隠し事をなくしておこうと切り出された。爽はひとつずつ順番に隠し事を打ち明けていこうと提案。初恋の相手に7回振られたなどの他愛もない隠し事を打ち明け合った後、爽はやがて何かを打ち明けようと神妙な表情に。『ごめん・・・今まで言えなくて・・・』黎は『無理に言わなくていいよ』と爽の告白を遮った。

帰り道。(本当の秘密を教えるなんて、僕にはできない。できるはずない。愛する人だからこそ絶対言えない。あの夏、僕は人を殺した・・・)黎は思い出す。

黎の記憶。中学生の夏。『花の色が違うんだよ!!』黎が帰宅すると、父・奥森皓介(堀部圭亮)が母・奥森晶子(鈴木保奈美)の上に馬乗りになって暴力を振るっていた。『やめて!』黎はとっさに飾ってあったトロフィーで皓介を殴った。皓介はそのまま息絶えた。

自分が皓介のことを殺してしまったことに気づき、黎が通報しようと受話器をとると晶子が制止する。窓の外には一面の花火・・・『綺麗だね・・・黎が助けてくれなかったら見れなかった。母さんを救ってくれてありがとう』

『次は母さんの番。黎を必ず守る・・・』2人は皓介の遺体を庭に埋め、皓介の車で海辺の崖へ。2人は車を海に突き落とした。晶子は皓介は失踪したことにしようと言う。『罪はなかったことにすれば、罪はなくなるのよ』と晶子は黎に言い聞かせるように言った。

黎と爽は検察修習中。黎は弁護士を、爽は検事を目指している。2人で勉強中に、爽は唐突に『結婚しない?』と切り出し、黎は思わず『うん』と答える。黎は立ち上がり、爽の手をとる。『これからも俺のしょばに居てください』『しょばって?』爽は吹き出し、2人は記念撮影をした。

帰宅した黎は晶子にプロポーズされ結婚することになったと報告。晶子はとても喜んだ。『いいのかな?俺に幸せになる資格なんてないし』黎が不安な素振りを見せると、晶子は『過去と未来は別物よ』と言い、黎はもともと悪くないとかばうのだった。

黎は同じく司法修習生で弁護士を目指している安達虎太郎(白洲迅)に、爽と結婚することになったと報告。一方、弁護修習中の爽は恩師で弁護士の香坂いずみ(山本未來)に黎と結婚することになったと報告、祝福されたのだった。

黎の実家。爽は改めて晶子に挨拶。今まで友人がいなかった黎が爽と出会い、表情が明るくなったと晶子は爽に感謝していると述べる。やがて話題は式の日取りへ。修習中は無理だという黎だったが、晶子の助言もあり、爽の誕生日に式を挙げることになったのだった。

黎と虎太朗は司法修習の一環で、実際の窃盗事件の犯人を取り調べ中。窃盗犯の金子は、窃盗後事件を目撃した青年・及川に取り押さえられ、逮捕された。しかし、その際及川が正当防衛の範疇を超えた暴力を振るい、骨折したという金子は被害届を出し、及川の罪が問われることとなった。

及川には前科がある。しかし、黎は取り調べ中の金子がくしゃみを平気でしており、あばらを骨折したのが逮捕後で及川に対しての言いがかりであると推測。港西警察署の一ノ瀬義男(矢柴俊博)と井上大吾(佐伯大地)に補充捜査を頼んだ。

兄でフリージャーナリストの立花暁人(加来賢人)に会った爽は婚約を報告。明日、黎が実家に挨拶しに来るため、暁人にも来て欲しいと頼むが、父と絶縁中の暁人は断った。
 

【スポンサーリンク】

 
再度、金子に取り調べをする黎と虎太朗。やはり怪しい金子は『一度失敗した人間に人権はねえのかよ!?』と声を荒げる。黎は金子のことを再び詳しく調べてみることにした。

(今夜会えない?話したいことがあるんだけど)爽からのメールを受信するが、調査に一生懸命な黎は気づかず、そのまま朝を迎えたのだった。朝。目を覚ました黎は爽のもとに急いだ。

爽の実家を訪れた黎は、爽の父が神奈川地方検察庁の検事正・立花弘晃(遠藤憲一)であることを知った。『大学は?お父さんは?』早速、まるで取り調べのような質問が始まった。黎は父は4年前に病死したと嘘をついてしまった。

司法修習後の進路が弁護士であることを知った弘晃は話にならないという。道を外してしまった人の見方になりたいという黎に、黎とは全く考え方が逆の弘晃は『追い詰められたら何をしてもいいの?』と批判的だ。

『もし爽が殺されたらどうする?そいつの見方にもなってやるのか?君の言ってることはきれいごとだ。犯罪に手を染めた人間は悪人なんだよ』黎は何も言い返すことができなかった。

父親の態度を謝る爽に、結婚の話を切り出すことができなかったことを詫びる黎。爽はいままで黎に父親のことを明かせなかったことが心残りだったが、今回すっきりしたと笑った。

帰宅した黎は庭に1人立つ。庭に転がった父親の遺体、『犯罪に手を染めた人間は悪人なんだよ』という弘晃の言葉を黎が思い出していると浦西果凛(吉川愛)に声をかけられた。

果凛は黎が以前家庭教師をしていた際の教え子だった。果凛は黎に想いを寄せている。『弁護士と検事なんて絶対幸せになれないよ』果凛は黎に結婚はやめたほうがいいと告げる。そこに晶子が帰宅し、果凛は帰って行った。黎の自宅を出た果凛は、黎の自宅の方を振り返り、怪しげな表情を見せたのだった。

次ページのドラマ『愛してたって、秘密はある。』第1話のネタバレあらすじ後編に続きます。

 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る