2019夏のドラマのあらすじまとめてます

あなたのことはそれほど最終回ネタバレあらすじ&感想 美都離婚!有島は復縁!離婚で成長した2人の今後に期待


ドラマ『あなたのことはそれほど』最終回のあらすじ(ネタバレ)後編

今日も麗華の実家を訪れた有島。『そういう努力の方向ってどうなんだろうっていう疑問と今似たような気持ちです』麗華は頑張っている姿を見せつけられても、自分の気持ちは変わらないという。『あの人といるときのあなたは私が見たことのないあなたなのかしらね?でもね、私もこんな自分見たことない。あの顔一生忘れない。私をこんな風にさせたあなたのことが憎いです』

『愛してるよ、麗華』麗華が有島の頬を打つ。『愛してるよ』また麗華が有島の頬を打った。『麗華・・・』また麗華が有島の頬を打ち、亜胡が泣き出した。

有島が帰った後、多恵が麗華に『お前は光軌さんが正しいから好きになったの?』と尋ねる。黙っている麗華に多恵はさらに『じゃあなんで?』と尋ねた。

早朝。今朝も麗華の実家に行くため、身支度をする有島は、美都の(離婚しました)というLINEを見た。(もう会いません。連絡もしません。ブロック削除していいですか?うちは絶対に別れません。ごめんなさい)有島は美都に返信。すると美都からすぐに返事が来た。(了解です。謝ることはありません)『めっちゃ早起きしてるな』有島はつぶやいた。

香子が美都の自宅を訪れた。香子は美都の部屋を見回し、『しかしすっごい部屋だね?バチが当たっていい気味!』と笑う。美都はこれまでたくさん迷惑をかけたことを詫びた。香子は新しい彼氏ができたのだと美都に明かす。美都は過去好きだった人と比べて、今彼のことがどれくらい好きかと尋ねた。『あの頃好きだった人はあの頃の私が好きだった人。あの頃好きだった人は、亡霊、妖精・・・幻?』という香子に、美都はかつて占い師に幻に恋していると言われたことを思い出したのだった。

『本当にすみませんでした!あのビラ、やったの私なんです!』有島が帰ると、横山皆美(中川翔子)が告白してきた。知らなかった有島は驚いた。

翌朝。有島は麗華の実家を訪れ、ちょうどゴミ出しに出てきた麗華にキスをした。『気持ちいいね?』かつて麗華がしたように、してみせた有島。有島が麗華を抱きしめる。『ずるい人・・・』麗華に笑顔が戻った。

役所にて美都が確認すると、離婚届はまだ出されていなかった。涼太に連絡するも、連絡が取れない。小田原真吾(山崎育三郎)に確認すると、涼太が1週間会社を休んでいることがわかった。

嫌な予感とともに、美都は涼太の自宅を訪れた。美都が自宅に入ると、そこには以前と同じように結婚式の写真が飾られていた。美都は涼太が自殺するのでないかと涼太を追いかける。

(忘れてた。私の夫はあんなに綺麗に笑う人だったのに・・・)
 

 
涼太が美都にプロポーズした丘に涼太の姿を見つけた美都は、涼太に駆け寄った。『涼ちゃんが死んじゃったら私耐えられない。涼ちゃんが望んでくれるなら、私もう一度・・・』『みっちゃんらしい!全部自分のためだ。君は自分を肯定することにかけては天才的だね』という涼太は、美都が涼太に死なれたくない理由も、もう一度復縁していいという理由も、美都が涼太のことを本当に愛しているからではなく、自分が後味悪い思いをしないためであることを見切っていた。

『僕の今の気持ちは・・・みっちゃんのことはそれほど』と涼太は言う。

『涼ちゃんの愛は優しい暴力だった。これからあなたのこと傷つけたこと、忘れずに生きていこうと思います。本当にごめんなさい』美都が頭をさげると、涼太が手を差し出す。2人は握手を交わした。美都は(ああ、でも私、この手は本当に好きだった)と思いながら、去っていく。涼太は結婚指輪を外し、放り投げた。

1年後。2度目の独身生活中の美都は少しずつ変わりつつあった。旬のものを自分で料理し、食べるようになった美都は、他人の幸せを喜ぶという考え方も悪くないと思い始めていた。

良性の腫瘍の切除手術を終え、退院する麗華の迎えに有島が亜胡を連れ現れた。3人が仲良く病院を後にすると、前からお腹の大きな皆美と夫、子供が歩いてきた。バッグを持って欲しいと皆美が頼むと、夫は以前とは人が変わったように優しく『気づかなくてごめん』と言い、バッグを持つ。やがて、有島たちに気づいた2人は一礼し去っていった。

『変わったな・・・』とつぶやく有島。『いろんな夫婦がいるのね』と言う麗華。

美都が花山司(橋本じゅん)と香子と食事する約束をしているレストランを訪れると、ばったり女性と一緒の涼太と出会う。涼太の手には『オータムウェディングプラン』と書かれたパンフレットがあり、美都はてっきり涼太が一緒の女性と再婚間近であると勘違い。しかし、一緒の女性は仕事関係の人間だったが、美都は知らない。

『久しぶり』『元気そうだね?それじゃ』涼太と女性は去っていった。

用を思い出したと香子と花山に断り、レストランを出た美都。美都に気づいた小田原が『いいのか?ほっといて?』と涼太に尋ねると、涼太は『それほど・・・』と余裕の表情。そんな涼太に小田原は笑みを漏らす。

去っていく涼太と女性の後ろ姿を見送りながら、勘違い中の美都は(未だ人の幸せなんか全然喜べない)と思う。その時、1匹の犬が美都に飛びかかった。『すいません!』飼い主らしい男性が美都に走り寄る。(運命の出会いは・・・まだ知らない・・・)
 

AD

 

ドラマ『あなたのことはそれほど』最終回の感想

AD

ドラマ『あなたのことはそれほど』最終回が終了しました。気になる2組の夫婦の結末は、美都と涼太は離婚、有島と麗華は復縁というものでした。

離婚の危機にさらされたものの、有島のことを許した麗華。情にもろく、すがられると放っておけない、優しい有島は、その性格が裏目に出たことで過ちを犯してしまいましたが、麗華は有島のそんなところが好きになったのだということに気がつきました。母の一言が効きましたね。

そして、有島も実は麗華がコンプレックスを抱えていることを知り、そんな麗華と向き合いましたね。自分にとって1番大切なものを身にしみて思い知った有島は、最後は美都のことをきっぱり切りました。

一方、離婚してしまった美都と涼太。結果的には離婚になってしまいましたが、お互いに大きな気づきを得たのではないかなという気がします。

まず、涼太は相手がどうであろうと、愛し続けなければならないという幼少期に形成された固定観念を手放すことができました。

AD

そして美都は、かつて好きだったという理由で、運命の恋だと舞い上がっていた自分が間違いであったことに気づきました。考えてみれば、有島と再会したその日のうちに不倫関係となってしまった美都は、あの頃とは変わった有島のことを事前に知る暇もなかったですね。美都が好きだったのは、現在の有島ではなく、中学生の有島。だからこそ、すれ違うことが多かったのでしょう。

また、美都は自分が人を心から好きになったことがないことに気づきます。最終回ラストに、美都の新しい出会いが示唆されましたが、美都が本当に人を好きになったときに初めてわかってくる涼太の自分への思いもあるかもしれませんね。

美都にはそのフワフワとした言動にイラッとさせられることも多かったですが、最終回が終わった今考えてみると、美都も美都で本当に人を好きになることもなく、結婚してしまい、だからこそ昔の恋を運命の恋だと勘違いしてしまったわけで、実は可哀想な人なのかもしれませんね。

涼太と美都が今回の離婚をバネに、今後の人生で本当に心から好きになれる人から愛されるようになることを期待したいです。

ドラマ『あなたのことはそれほど』、夫婦のあり方や好きという気持ちについて考えさせられるドラマでした。
 

 

【月9】錦戸亮主演ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』

トレース科捜研の男ネタバレを最新話結末まで!最終回で真犯人,壇の異常な執着が暴かれ裁きを受ける?!

高畑充希×西島秀俊ドラマ『メゾンドポリス』

メゾンドポリス,ネタバレを原作結末まで!最終回で父と再会!ひよりと惣一郎の過去が繋がり恋仲に?

ドラマ『ごめん、愛してる』韓国ドラマ結末までのネタバレあらすじ

AD

ドラマ『セシルのもくろみ』原作小説結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『あなたのことはそれほど』第1話〜や他春ドラマのネタバレあらすじもチェック!

AD





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です