貴族探偵4話ネタバレあらすじ&感想 事務所に貴族探偵の家紋!師匠との関係や正体のヒントが5話で?!

Pocket

相葉雅紀さん主演ドラマ『貴族探偵』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

推理などの雑事は使用人に任せておけばよいと語る貴族探偵(相葉雅紀)が、自ら推理をしている可能性が高くなり、女探偵・高徳愛香(武井咲)もそのことに気づき始めたようです。

それならば、貴族探偵が使用人に推理をさせ、愛香と競わせるというスタイルをとる理由は何なのか?その理由が貴族探偵の正体と愛香の師匠・喜多見切子(井川遥)との関係につながってきそうな気配です。

以下、ドラマ『貴族探偵』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『貴族探偵』第4話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『貴族探偵』第4話までの簡単なあらすじ

港町で起きたバラバラ殺人事件の容疑者として拘束された高校教師。教師の恋人で教え子の女子高生から依頼を受けた愛香でしたが、切断された遺体の一部をアリバイ拘束に使ったという推理までは正しかったものの、途中でミスをし結局は貴族探偵とその使用人達に敗北してしまった愛香でした。

今回の事件でも、貴族探偵には最初から正しい推理をしていることを匂わせるような言動が見られ、さすがの愛香もこれには気づいた様子です。『あなたは本当は最初から気付いていたんじゃないですか?あなたは何も知らないふりをしてるけど、真相に気付いていたんじゃないですか?』そう愛香は迫りますが、気がつけば貴族探偵は消えていたのでした。

到着後すぐに全てを見破り、完璧な推理ができる貴族探偵。それならば、なぜ愛香が推理を完成させるのを待っているのでしょうか?また、貴族探偵の相変わらずの神出鬼没具合も大いなる謎のうちのひとつです。第4話では、使用人たちが不在ということで、貴族探偵の謎を紐解くヒントが現れることに期待です。

 

更に詳しいドラマ『貴族探偵』第4話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『貴族探偵』第4話のあらすじ(ネタバレ)前編

ライブを終えた有畑しずる(藤川千愛)は力なく歩き、ビルの屋上へ。(さようなら、優ちゃん)しずるはそう文字を打つと、屋上から飛び降りた。

高徳愛香(武井咲)の事務所。純粋なしずるを弄び、自殺のきっかけをつくった田名部優(渋谷謙人)のネット収集した情報を手に、しずるのファンたちが訪れた。彼らの依頼が田名部を探し出し、制裁を加えることだと知った愛香は依頼を断った。

そこへ玉村依子(木南晴夏)が訪れる。『パワースポット、すごいんだって!お願い事も叶っちゃうんだって!』依子に誘われ、愛香は浜梨館という山奥の旅館を訪れることになった。

迎えに出た浜梨久仁子(釈由美子)はいづな様という名を出し、いづな様は外との接触を嫌うことを理由に、愛香たちの携帯を取り上げた。江戸時代に湧いたという浜梨館の温泉。この地方では狐のことをいづなと呼ぶ。浜梨館にいづなが現れ、いつしかいづな様が富を呼ぶと言われ出した。しかし、現在はいづな様が現れるという温泉は減っており、久仁子はいづな様を迎える儀式を月に一度行っているのだという。

浜梨館に到着し、いづな様が祀られている部屋へと案内された愛香と依子。外との接触を嫌うため、部屋の入り口はひとつ。

部屋には今回いづな様の儀式に参加するという赤川和美(柳ゆり菜)と金谷沢広成(小松和重)がすでに到着していた。その後、鼻形雷雨(生瀬勝久)と有戸秀司(阿部力)も願掛けのため現れる。なんでも今回の願掛けの儀式に参加する者は、事前に願いを記した名前付きの書を旅館に提出しているらしく、そこには田名部の名前があることに愛香は気づいた。

次々に参加者が現れる。下北香苗(草刈麻有)と付き添いで来たという貴族探偵(相葉雅紀)。そして田名部優もやってきた。しかし、名前がない愛香と貴族探偵は儀式には参加できないため、いづな様の部屋での宿泊は不可能で、一般の客室での宿泊となるという。久仁子に促され、貴族探偵と愛香は別室に泊まることとなった。『楽しい夜になりそうですね?』と楽しそうな貴族探偵、戸惑う愛香。

やがて、いづな様の部屋では儀式が始まった。久仁子が祭壇に向かい、参加者の名前を1人1人呼び、呼ばれた者は自らの願いを書いた紙を火にくべていく。その後、参加者は温泉の水を飲む。

その頃。愛香と貴族探偵は温泉を満喫し、縁側で酒を飲んでいた。貴族探偵に嫌われていたと思っていたという愛香に、貴族探偵はそんなことはないとフォローするが、すぐに『あなたの場合、あまりにも無能なので辟易としてしまいますけど』と突き落とした。愛香は田名部の話題を出した。『1人の女性を死に追い詰めたかも・・・もしかしたら事件が起きるかも』

愛香は田名部に警告を与えようと、いづな様の部屋へ。そこに久仁子が出てきて、鍵をかける。ちょっと中に入りたいという愛香に、儀式の約束で一晩中部屋に入ること、出ることも許されないという。『そんな!中で何かあったらどうするんですか?』という愛香に、鍵は中から開けることもでき、固定電話が1台あると言った。
 

【スポンサーリンク】

 
翌朝。『ヒ〜〜〜〜〜〜!!』男湯から鼻形の悲鳴が・・・久仁子と愛香が駆けつけると、そこには全裸の田名部が脱衣所と浴室の境目で息絶えていた。田名部は頭部から出血していた。脱衣所には田名部のものらしき1台の携帯が落ちていた。

床に引きずられた血の跡があるため、浴室で殴られた後に引きずられたのだと推理する愛香。そこに他の宿泊客が現れ、携帯などを持ち込むから、いづな様の祟りにあったのだと声を上げる。

愛香はしずるの話を始めた。きっかけはしずるのブログだった。しずるは数ヶ月前から優ちゃんという人物と付き合うようになり、交際の様子をブログに綴るようになった。しかし、その後2人の関係は悪化。しずるはその様子もブログに綴っていた。最後のブログに綴られたのは(さよなら、優ちゃん)愛香は自殺し、自殺の原因は田名部という推測が立っていると愛香は続ける。

浜梨館へ続く吊り橋が落ち、警察の到着が遅れると鼻形が慌てて入ってきた。吊り橋が浜梨館側から落ちているため、吊り橋を切ったと思われる犯人はこの中にいると愛香は推理。貴族探偵は怯える香苗をなだめ、ここには愛香という名探偵がいるため解決は愛香に任せようと余裕の表情。使用人たちがいないため、何もできないのだろうとからかう愛香。その頃。山中を走る何者かが全速力でどこかに向かって走っていた。

常見慎吾(岡山天音)・冬樹和泉(田中道子)は橋の向こう側まできているが、吊り橋が浜梨館側からあげられないためなすすべがない。

その頃、愛香は電話のそばのメモ書きに(羽田発14:30)というメモを取った跡があることに気づく。筆跡から田名部が書いたものと愛香は推理し、うなづいた。

タブレットを背負い、山中を走って貴族探偵の愛犬が浜梨館に到着した。タブレットを開くと、田中(中山美穂)が事件を整理し始める。田名部が温泉に入ったのは0時頃。田名部の推定時刻は0〜2時となる。一晩中一緒にいたという宿泊客たち。0時〜0時半の間トイレに行くため席を外していたという和美と有戸のアリバイがない状態だ。

宿泊客たちの財布から金が盗まれていることが発覚した。続けて田名部の通話記録が判明。通話していたのは0時13分〜30分。0時半まで田名部が生きていたことが判明し、有戸と和美のアリバイが成立することになった。愛香は田名部の荷物から1冊のノートを取り出し、めくる。『みんなを集めてください。犯人が分かりました』

次ページのドラマ『貴族探偵』第4話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る