母になる2話ネタバレあらすじ&感想 母慕う広,すべて演技だった!麻子の言いつけに従う子の純粋さに涙

Pocket

沢尻エリカさん主演のドラマ『母になる』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

9年前に誘拐された末行方不明になっていた息子・柏崎広(道枝駿佑)が見つかりました。広が誘拐されたことが原因で、柏崎結衣(沢尻エリカ)の家庭は崩壊、9年前と状況が一変している中、結衣は広とどう生活していくのでしょうか?

また広の空白の9年間にも注目が集まります。そこには広の育ての親となる門倉麻子(小池栄子)の存在があるようですが、麻子が第2話以降、どのように結衣や広と関わってくることになるのかが見どころとなりそうです。

以下、ドラマ『母になる』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『母になる』第2話がまだの方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『母になる』第2話までの簡単なあらすじ

幼稚園の降園時、結衣が目を離した一瞬に、柏崎広(吉武歓)がいなくなりました。犯人は大学の助教授である夫・陽一(藤木直人)の教え子。動機は話を聞いてもらえなかったという逆恨みです。

犯人の学生が飛び降り自殺したため、広は学生の部屋に1人取り残されることに・・・そんな広を見つけたのが、アパートの隣に住む麻子だったのです。場面は変わってとある住宅地。帰宅した麻子に、広は笑顔で『お母さん!』と出迎えました。

そして9年後。広が誘拐されたことが原因で、結衣と陽一は離婚。陽一は引きこもりになり、大学を辞めていました。そして香のことを可愛がっていた陽一の母・柏崎里恵(風吹ジュン)はショックから痴呆症を発症してしまった模様。里恵が経営していた柏崎オートの事務員・緒野琴音(高橋メアリージュン)が、現在は陽一と里恵の世話をしているようです。

結衣は小さな中華料理店で働き、古いアパートで1人暮らしていました。結衣は児童福祉局の木野愁平(中島裕翔)から連絡をもらい、児童養護施設にて13歳となった広と再会。広は結衣のことを『お母さん』と呼び、胸に飛び込んできますが、第2話にて、広の空白の9年間と麻子のことが語られることとなりそうです。

ドラマ『母になる』第2話までのさらに詳しいネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『母になる』第2話のあらすじ(ネタバレ)前編

児童養護施設の柏崎広(道枝駿佑)と電話で話す柏崎結衣(沢尻エリカ)。広は結衣の暮らしぶりに興味津々。今度は結衣が広のことを尋ねると、広は『ツナサン』が好きだと答えた。『電話嬉しかったです。お母さん』電話を切る間際の広の言葉に思わず目頭を熱くする結衣だった。

広がいなくなった9年間。結衣は何を食べても美味しくなく、人と心を通わせることも難しくなっていた。しかし、結衣はいつか広が見つかると信じて疑わなかった。結衣は広に手紙を書く。(ねぇ、広。もう一度一緒に暮らしましょう)

児童福祉局の木野愁平(中島裕翔)が陽一の自宅前で緒野琴音(高橋メアリージュン)にすがる。『柏崎陽一(藤木直人)さんに会わせてください!息子さんが見つかったんです!』琴音は木野に帰れと水をかける。

琴音は木野が訪ねてきた旨を陽一に伝えるが、引きこもりとなり、抜け殻のようになっている陽一は琴音の話を聞いていなかった。

諦めない木野は広が見つかったと柏崎里恵(風吹ジュン)のもとを訪れるが、痴呆症の里恵には理解できない。そこに新興宗教の勧誘と勘違いした西原太治(浅野和之)が現れ、木野は追い払われた。

結衣は西原莉莎子(板谷由夏)と焼肉に。胸がいっぱいで食べられないという結衣は、ちゃんと決まったら莉莎子にも話すとだけ言う。帰宅した莉莎子は結衣に男ができたに違いないと夫の太治に報告。広がどこかで生きているかもしれないのに・・・という太治に、莉莎子はそんなことはあるわけがないから結衣も陽一も新しい人生を歩むべきだとつぶやいた。

太治は結衣のことを琴音に報告。琴音は結衣が再婚すると陽一に伝える。すると何に対しても無反応だった陽一の表情に変化が現れた。結衣も新しい人生を歩んでいるのだから、陽一も引きこもっていないでプリンを買ってきてと陽一は琴音に家を追い出される。すると、表で待っていた木野が陽一に気づいた。『柏崎陽一さんですよね?』
 

【スポンサーリンク】

 
一方、帰宅した結衣はアパートの前で広が待っているのを発見する。広は結衣を見つけると『お母さん!』と笑った。

結衣の自宅で、広は電車を間違いこんな時間になってしまったので、今日は結衣の自宅に止まると施設に電話した。『お父さんは?今どうしてるのかな?』結衣の表情で察した広は『知らないならいいです』と言った。

陽一の自宅。木野は陽一と琴音に広が見つかったということを話す。『施設に預けられたのは2年前だそうです』『その間の7年間どうしてたわけ?』という琴音に、木野は現在調査中だと答える。『僕が調査しようと思ったきっかけは手紙だったんです』『手紙?』

結衣の自宅。息子の広が今こうやって再び自分のそばで眠りに落ちていく姿を見守ることができ、最高の幸せを感じる結衣。そこに陽一から電話がかかってくる。『木野さんという方に会いました。養護施設に電話したら、今そっちに』『いますよ。私のところに・・・広が・・・あの子が』結衣は明日施設に送り届けると陽一に伝える。『僕も行きます。明日施設に』結衣は広が陽一のことを気にしていたと言う。『そちらは・・・再婚されるそうで』『ありえませんけど。私はずっと変わらず・・・似てますよ、あなたに。寝顔を見ているとあの頃と変わらなくて、たまらなく愛しいです』2人は明日施設で会うことを約束し、電話を切った。

翌朝。広が以前リクエストした『ツナサン』、ツナサンドを用意した結衣。『ゲームだったんですけど・・・ツナサンってゲーム・・・』広は気を使い、美味しいとツナサンドをほうばった。

陽一の自宅。結衣と広のDNA鑑定書を太治と莉莎子に見せた陽一。広が見つかったという事実に2人とも驚きを隠せない。

電車の中。施設に向かう結衣と広。ツナサンがゲームアプリだということを聞いた結衣は、今度携帯を買ってあげると約束。『お母さんてこんなだったのか!いいよな〜子供の欲しいものをすぐ買ってくれる』と広はつぶやいた。

広の結衣を慕う様子はすべて演技?!広の演技の理由は育ての母が残した手紙にありました。次ページのドラマ『母になる』第2話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る