犯罪症候群ネタバレあらすじseason1~2 貫井徳郎原作結末が後味最悪!ドラマオリジナル結末の可能性も

Pocket

玉山鉄二さん主演でドラマ化される『犯罪症候群』season1〜2結末までのあらすじをネタバレでまとめてみました。

ドラマ『犯罪症候群』の原作は貫井徳郎著の症候群シリーズです。症候群シリーズは3部作となっており、ドラマ『犯罪症候群 season1』の原作は『失踪症候群』『誘拐症候群』、そして『犯罪症候群 season2』の原作が『殺人症候群』となっています。

以下、原作となる貫井徳郎著『失踪症候群』『誘拐症候群』『殺人症候群』の3部作の結末までのあらすじをネタバレでまとめています。ドラマ『犯罪症候群』のネタバレにつながりますので、ご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『犯罪症候群』season1〜2のネタバレの前に簡単なあらすじをチェック!

ドラマ『犯罪症候群』のメインキャストは以下の3人。

武藤隆(玉山鉄二)

過去ある事件により心に傷を負い、警察官を辞職し現在は私立探偵の調査員として働く男

鏑木護(谷原章介)

現役の刑事で武藤の親友

環敬吾(渡部篤郎)

警視庁人事課に所属しているが、表立って警察が動くことができない怪事件の捜査を行っている

両親に先立たれ、兄と妹2人家族だった武藤。武藤の妹は鏑木と婚約していたが、結婚を目前に控えたある日、見ず知らずの中学生に命を奪われることとなります。未成年であった犯人に重い刑罰が降ることはなく、武藤・鏑木ともに腸が煮えくり返るような思いを抱えながらも少年法の前にはなすすべがなく、以来武藤は刑事の職を退いたのです。

私立探偵として浮気調査に明け暮れる日々を送っていた武藤に、ある日特命捜査員として白羽の矢が立ちます。指揮官は表向きは人事課職員の環。貫井徳郎著の原作小説では、環は武藤以外にも元警察の捜査員をもう2人抱えている設定ですが、ドラマ『犯罪症候群』では、それら複数人の特命捜査員をまとめて武藤1人が担うようです。

冒頭でも触れたように、『犯罪症候群 season1』の原作は『失踪症候群』『誘拐症候群』、そして『犯罪症候群 season2』の原作が『殺人症候群』となっています。ドラマ第1話のあらすじを見ると、『誘拐症候群』からスタートするようですのでその順番でご紹介したいと思います。

それでは『犯罪症候群』season1〜2結末までのあらすじ(ネタバレ)スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『犯罪症候群 season1』あらすじ(ネタバレ)『誘拐症候群』より

元刑事武藤、特命捜査員へ

表向きは警視庁のなかでも閑職と言える人事課職員の環(渡部篤郎)。しかし環には警察が表立って動けない怪事件の特命捜査指揮官という裏の顔があった。そんな環が特命捜査員として白羽の矢を立てたのが、元刑事で現在は私立探偵事務所の調査員として働いている武藤(玉山鉄二)。迷った武藤だったが、家族である武藤雅恵(鶴田真由)・武藤真梨子(桜田ひより)の生活のためにも環の申し出を受けることにした。

武藤が捜査することになったのが、現在起こっている小口身代金誘拐事件。幼い子供が誘拐され、身代金を要求されるが、その身代金の額は少額。身代金が払えない額ではない小口に設定されていることで、子供を誘拐された親は貯金を切り崩すなどして金を工面し、その見返りとして子供を取り戻していた。

小口身代金誘拐事件

そしてまた1人の子供が誘拐された。誘拐されたのは田村公平(甲本雅裕)の5歳になる娘。身代金として田村が要求された金額は500万円だった。田村は身代金を支払い、娘を取り戻すことに成功したが、犯人との約束を破って通報。警察では捜査本部が設置されることとなり、鏑木(谷原章介)も小口誘拐の捜査を行うこととなった。

武藤の捜査の結果、磯村咲子(ミムラ)という女性が浮かび上がってきた。咲子はとあるおもちゃメーカーの社員に依頼され、指定されたアパートの1室で子供を預かる仕事をしていた。楽しそうにおもちゃで遊ぶ子供を見守る咲子。おもちゃモニターの子供を預かるのが咲子の仕事だった。

環の冷徹な本性

そんなある日、小口身代金誘拐事件の捜査本部が突然解散となった。以後、似たような手口の誘拐事件は人事課の環が担当するとの不可解な命令が下り、鏑木は不審に思う。なおも単独で小口身代金誘拐事件についての捜査を行う鏑木だったが、その途中、親友である武藤が小口誘拐を探っていることを知る。武藤が怪しげな任務に関わっていることを心配した鏑木は、家族のためにも任務から抜けることを助言。武藤は抜けたいと環に申し出るが、すでに武藤の家族は環によって監視されており、環は家族を盾にとり武藤が任務から抜けることを許さなかった。

鏑木は環と対峙する。すると環はかつて武藤が受けてきた訓練は国民の血税で賄われていたこととあげ、こう言い放った。『たかが妹1人殺されたくらいで無駄にするわけにはいきませんよ。あの男を利用しない手はないんです』
 

【スポンサーリンク】

 

咲子の依頼者、ジーニアスとは?

依然、咲子はおもちゃモニターの子供を預かる仕事を続けていた。咲子に仕事を依頼していたのは、おもちゃメーカの社員だというジーニアス(要潤)という男。咲子は実母の介護を長い間続けており、正直介護生活に疲弊していた。そんな咲子の唯一の楽しみがネットだった。ジーニアスと知り合い、チャットで会話するに従い、どの分野にも知識が豊富なジーニアスに咲子は夢中になった。ジーニアスからおもちゃモニターの子供を預かる仕事を依頼された時も、大好きなジーニアスの役に立てることが嬉しく、喜んで引き受けた。

ある日、咲子はネットサーフィン中にとある育児日記ブログを見つけた。その運営者はかつて咲子が預かった子供の父親・田村であった。頻繁に更新されていた田村のブログだったが、自分が子供を預かった直後からその更新はパタリと止まっている・・・咲子は自分がしている行為が犯罪の片棒を担ぐ行為なのではないかと疑いの心を抱き始めるが、陶酔しているジーニアスへ尋ねることもできず、子供の預かりを続けていたのだった。

ジーニアスの正体

しかし、やはり気になる咲子は田村のブログへブログのファンを装い、娘の安否についてコメント。田村はすぐにコメントを送ってきた人物が娘の誘拐事件に関係していることに気づき、咲子に接触した。そして武藤もまた捜査の末、咲子に行き着いた。咲子は依頼されて子供の世話をしていたことを認める。ジーニアスの正体が知りたいという共通の思いを持った3人は、ともに協力しジーニアスの正体を突き止めることを決意したのだった。

ネットのカリスマを呼ばれていたジーニアスの正体は官庁に勤めるエリート官僚だった。エリート意識が高いジーニアスにとって、年功序列方式で自分より上の立場にいる自分より能力の低い人間に仕えることは苦痛以外の何物でもなかった。なぜ能力の高い自分が、能力の低い人間に使われなければならないのか?日々、そんな黒い感情を蓄積させていったジーニアスはある時小口身代金誘拐を思いついた。自分の手は汚さずに、能力が低い人間を使い、能力が低い人間から搾り取る・・・咲子はそんなジーニアスの本心を知らず、利用されていたのだった。

誘拐症候群の結末

ジーニアスが何者かを突き止めた環らは官庁のサーバを外部から操作。告発メールをばら撒き、すべてが露呈することとなった。もはやジーニアス(天才)ではなくなった1人の男はすべてを暴かれ、破滅していくのだった。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『犯罪症候群 season1』あらすじ(ネタバレ)『失踪症候群』より

若者の失踪の背後にある真実とは

今回環らが捜索するのは、若者の失踪者。近年、若者の失踪者が急増しており、その背後に何かあるのではと環は睨んでいた。早速、失踪者のリストが特命捜査員の武藤に手渡され、武藤はリストの人物を1人1人当たっていく。

武藤が捜査を進めるうち、失踪した人物の多くがその後住居を不自然に転々と変えていることが判明した。

失踪症候群の結末

失踪者たちは失踪者の間で戸籍の交換を行っていた。その理由は失踪後、社会的な補償が受けられなくなるからだ。なんらかの理由で失踪したい者たち。それらの人間は失踪し、別人となり新しく人生をやり直したいと考えている。それならば、いっそ本当に『別人』になってしまうのはどうか?そう思いついた者がおり、失踪者の間で戸籍を交換していたのだった。不自然な転居は戸籍上『別人』となって暮らすためであった。

また、失踪者のうちの1人、小沼豊が薬物取引に関係していることがわかる。小沼が所属するゼックというバンドで薬物の取引が行われており、自分らはあくまでも間に入っているだけでその背後に組織の存在があるとほのめかしていた小沼らだったが、蓋を開けてみると組織などはなく、バンドメンバー自らが薬物の売り買いを行っていたというものだった。

(『失踪症候群』では環の部下の1人である私立探偵・原田と思春期の娘との確執が合わせて描かれます。ドラマ『犯罪症候群』に原田は登場しないようなので、武藤と娘・真梨子の親子関係として登場しそうです)

 

ついに物語は『正義は罪か』というドラマのメインテーマへ・・・次ページのドラマ『犯罪症候群 season2』あらすじ(ネタバレ)にて結末を迎えます!

 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る