東京タラレバ娘をネタバレ!原作最新刊漫画結末まで!倫子の三角関係は?逃げ恥同様,最終回で最終話となるか

Pocket

【スポンサーリンク】

原作漫画『東京タラレバ娘』三角関係娘・倫子(吉高由里子)の恋ネタバレ

フラフラ期

鎌田倫子(吉高由里子)、30歳独身、職業は脚本家、彼氏なし。

スクリーンショット 2017-01-17 11.57.34
出典:ドラマ『東京タラレバ娘』
脚本家といってもまだまだ無名で仕事もあまりない。

そんなある日。倫子はドラマ製作会社のプロデューサー・早坂哲郎(鈴木亮平)に話があると呼び出される。

スクリーンショット 2017-01-17 12.07.03
出典:ドラマ『東京タラレバ娘』

実は早坂は倫子が10年前にふった男。しかし当時しがないADだった早坂も今やプロデューサーになっていて、仕事もうまくいかず結婚に傾きつつある倫子を香や小雪は10年越しのプロポーズなのでは?!とはやし立てるのだった。

なんだかんだ言いながら精一杯のおしゃれをして早坂と会った倫子。しかし早坂の相談というのは同じドラマ製作会社で働く13歳年下の芝田マミ(石川恋)に結婚を前提に交際を申し込もうと思うという単なる恋愛相談だった・・・

スクリーンショット 2017-01-17 12.14.19
出典:ドラマ『東京タラレバ娘』

割といい男になっていた早坂のことを10年前に振らなければ今頃独身ではなかったのではないか・・・そんな後悔が倫子の頭をもたげる。そんな倫子の後悔も虚しく、早坂の告白は成功し、早坂とマミは付き合うことになった。

すっかりやさぐれた倫子はいつもの居酒屋で親友の香、小雪と女子会を始めた。『綺麗になったらいい男が現れて・・・』

『好きにさえなれれば結婚できる!』自分勝手な倫子たちの物言いに耐えかねた居酒屋に居合わせた1人の男性が割って入ってきた。

スクリーンショット 2017-01-16 22.35.47
出典:ドラマ『東京タラレバ娘』
『タラレバ女』と揶揄され、散々失礼な扱いを受けた倫子たちは憤慨。後日、この時の男性が人気モデル・KEY(坂口健太郎)であるということを知るのだった。

以来、KEYのことが気に食わない倫子は現在脚本家として参加しているネット配信ドラマのキャスティング会議にて、主役にKEYが候補として上がっていることを知り猛反対。しかし、逆に倫子の脚本がダサいとなじられ、倫子はドラマの脚本家から降ろされてしまった。

もう結婚という名の永久就職を選択するしかないと婚活パーティーに参加する倫子だったが結果は惨敗。そんな折、自分の後釜についた新人脚本家が枕営業をしているという噂を聞き、居ても立っても居られない倫子は脚本家とプロデューサーを尾行。2人が仲良く箱根の温泉街に入っていくところを目撃してしまう。

ますます仕事に対しての意欲を失った倫子はそのまま箱根で自暴自棄になり豪遊。その噂を聞きつけ駆けつけたKEYに酔った倫子は経緯を説明し、脚本家をやめると宣言するが、主演俳優である自分に枕営業してみろと挑発され、倫子はそのままKEYと関係を持ってしまったのだった。

KEYと関係を持つも、どうすればよいのか全くわからない倫子。タラレバは恋に進展するわけもないただの一夜の気まぐれだと言い、倫子を落ち込まさせる。結局、女子会の流れとなり、その帰り道KEYにまさかの遭遇。KEYとのことを倫子がベラベラしゃべっていることが露呈し、最低だと非難されるのだった。

 

ある日、小雪はKEYが墓参りをしているところを目撃。何の気なしにKEYにそのことを聞いてみるが、途端にKEYは不機嫌になり黙ってしまった。

KEYが毎月、月命日に訪れることを欠かさない墓が亡くなった年上の彼女の墓らしいという噂が出るが、実はそれは彼女ではなくKEYの妻でKEYが過去結婚していた妻と死別していたことが後ほど明るみに出てくることとなるのだった。

KEYのことが気になりつつもどう恋を進めればよいのかわからない倫子。降ろされたドラマの脚本を再び任されるようになったものの、全く筆が進まず、やる気もわかない。

 

そんな倫子の前に新たな男性が現れた。その男性はバーテンダー・奥田。『独身ですか?』との倫子の問いに『独身ですよ!結婚します?!』と冗談とも本気ともつかない返事を返す奥田。倫子は爽やかで少し強引なところがある奥田とすぐに恋に落ちてしまった。

デートに誘われ、付き合ってくれと交際を申し込まれた倫子。その日のうちに奥田と関係を持った倫子は奥田と付き合うことになり、これで私も幸せになれると安堵のため息を漏らしたのだった。

それもつかの間、倫子は奥田と性格が決定的に合わないということに気づき、別れを考えることに。もったいない!という香と小雪。妄想の中の10年後の自分も奥田にしておけとアドバイスしてくるが、結局倫子は奥田と別れることにしたのだった。

 

仕事上、何かと出くわすことの多い倫子とKEY。一度関係を持った以来、KEYのことが引っかかっていた倫子は思い切ってKEYを食事に誘うも、『あんたちのような女とは恋愛できない』とバッサリ切り捨てられることに・・・そうこうしているうちに、早坂とマミが別れたということを倫子は知る。

 

【スポンサーリンク】

 

復縁期

仲の良い男友達とのことについて口うるさい早坂のことが面倒になってふったと語るマミ。

そんな折、早坂からドラマの打ち上げに誘われた倫子は傷心の早坂に自らキス。早坂も倫子に気のあるそぶりで後日話そうということになったが、なぜか約束の場所にKEYが現れた。

『あんた俺のこと好きなんじゃなかったっけ?』KEYのまさかの一言に静まり返るその場の空気・・・早々に早坂を連れ、店を出る倫子にKEYが尋ねた。『・・・それでいいの?』

KEYの一言に『それでいい』と心の中で答えた倫子はその夜早坂と関係を持ち、再び付き合いだした。

 

お家デートにて、料理が得意な早坂の手料理を振舞われながらこの上ない幸せを噛み締める倫子。『僕たち、一緒に暮らしてみるってどうでしょう?』美味しそうに手料理を食べる倫子と毎日食事がしたいと思ったという早坂の提案を受け、倫子はとんとん拍子に早坂と同棲することになった。

セカンド(サード?!)と不倫を卒業した香と小雪も倫子を祝福。倫子の後に続く!と笑うが、正直倫子にとってこれで良かったのかという疑問も香たちには浮かばなくはなかった。

 

結婚までのカウントダウンが始まったと思った矢先、KEYのドキュメンタリー映画の撮影が始まり、それをきっかけとしてKEYの衝撃の過去が明るみに出てくることになるのだった・・・

『話しますよ、僕の妻のことを。妻は僕の・・・・主治医でした』KEYの死別した妻はKEYよりも14歳年上の女医・沢田曜子。幼い頃より、慢性腎炎を抱え入退院を繰り返していたKEYは、10歳の時、当時24歳だった曜子に出会った。『私たち、相棒よ!病気をやっつけよう!』医者になりたての曜子はそう言ってKEYを励ました。

そうして、8年の月日が過ぎ、KEYがもうすぐ18歳を迎えようというある日。病院の屋上で、KEYは曜子が進行性のガンを患っていて余命がわずかだという衝撃の告白を受けることになる。

医者になる夢とあともうひとつ、お嫁さんになることが夢だったのよと恥ずかしそうに笑う32歳の曜子に、KEYはずっと好きだったということ、曜子のもうひとつの夢を自分が叶えたいと伝えた。

そしてKEYが曜子にプロポーズをした病院の屋上で撮影が行われる予定のある日、KEYが突然失踪した。

 

マミにKEYを探すのを手伝って欲しいという事務所社長。曜子は社長の妹だったのだ。KEYと曜子が映った映像を見せ、今までの経緯を語る社長。曜子の死後、高校を辞め、抜け殻のようになっていたKEYになんとか立ち直って欲しいとモデルを始めさせたこと、髪を金髪に染めた時、まるで自分じゃないみたいだとKEYが気に入り、以来ずっと金髪であること・・・

KEYと曜子が映った映像を見せられたマミは驚愕。曜子は倫子にそっくりだった・・・・

原作漫画『東京タラレバ娘』三角関係娘・倫子(吉高由里子)の恋ネタバレ、次ページで最新話結末を迎えます!
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:
1

2

3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る