2019夏のドラマのあらすじまとめてます

逃げるは恥だが 7話ネタバレあらすじ&感想 一線越えは無理!津崎拒否!8話でみくりの家出で津崎がついに恋に目覚める!?


新垣結衣さん・星野源さん出演の

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第7話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

これまでに、契約結婚や美味しいところだけを味わう擬似恋人など

自分の希望を提案し続けてきたみくり(新垣結衣)と、

半ば強引にみくりの提案を受け入れ続けてきた津崎(星野源)。

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第6話で、

みくりは津崎にももっと自分への好意を表して欲しいと望むようになりますが、

相変わらずそっけない津崎の態度に傷つき

みくりは津崎にこれ以上望むことはやめようと決意します。

 

津崎の素っ気なさはただ単に経験不足からくるものなのですが、

そんなプロの独身・津崎が第6話で人生最大の勇気を振り絞り、

みくりに自らキスをしました!

 

第7話で一気に話が進むかと思いきや、

そうすんなりとは行かないようで・・・

 

みくりはあろうことか、

そのことをみくりと津崎が旅行に行ったということに

ショックを受けている風見に相談してしまいます。

 

風見の反応やみくりと津崎の関係の進展が気になる

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第7話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

スポンサーリンク

ドラマ第8話の展開についても考えてみました!

 

※ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第7話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめています。

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第7話がまだ・・・という方はご注意ください!
 

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第7話ネタバレあらすじ&感想〜すれ違う2人〜

『・・・!?すいません!』

スポンサーリンク

森山みくり(新垣結衣)にキスをした津崎平匡(星野源)は

自分で自分の行動に驚き、それ以後その件はスルー。

完全になかったことにされている。

 

(平匡さんがどういうつもりなのか・・・

火をつけて放置とか、あなた放火犯ですか?

ここまでスルーされるとなんだかもう、今までの全て幻だったのかしら・・・)

『嬉しかったのにな・・・』

みくりは1人悲しい気持ちになっていたのだった。

 

一方、津崎はみくりと心が通じ合ったと感じていたのは完全に自分の勘違いで、

みくりはあのキスをセクハラだと腹を立て、

スポンサーリンク

あえて何も言い出さないのだと勘違いしていた。

(あの時はどうかしていた・・・

離れがたくて、愛おしくて・・・

なぜあんなことができたのか?)

 

火曜のハグの日の夜。

残業で遅くなった津崎をみくりは起きて待っていた。

『・・・失礼します』

形式的にハグをし、

スポンサーリンク

さっさと自室に入る津崎の態度がみくりを傷つける。

(ずるい、仕方なしに、ぞんざいに、キスをなかったことにするように・・・)

 

しかし津崎はこの生活を1日でも長く続けるために、

できるだけおとなしくしていようと考えていたのだった。

 

風見涼太(大谷亮平)の自宅を家事代行で訪れたみくり。

『一線越えてないんですか?』

 

みくりは超えるどころか、踏み外したと愚痴る。

スポンサーリンク

『風見さんだったらな・・・』

理解不能な相手よりも風見のようなタイプだったら、

わかりやすいのにと漏らすみくりを風見が突然抱き寄せた。

 

『・・・ドキドキする?』

『遊ばないでください!』

 

結局自分は本気にされないと風見は土屋百合(石田ゆり子)に話し、

津崎のことが羨ましくなったと笑った。

 

その頃。

日野秀司(藤井隆)とランチ中の津崎は

みくりの誕生日が1ヶ月も前に過ぎていたことに気づいた。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-22-16-25-01
出典:ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』HP

 

そこに風見がやってきて、

自分の家に来てもらている家事代行サービスの女性に

1ヶ月前にプレゼントをあげたと語る。

『結構好みの女性なんですが、一筋縄ではいかないタイプで。ね?津崎さん』
 

 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第7話ネタバレあらすじ&感想〜プレゼントは賞与?!〜

スポンサーリンク

みくりは田中安恵(真野恵里奈)の営む閑古鳥が鳴く八百屋を訪れていた。

もっと店を繁盛させるためにといろいろな提案をするみくり。

 

『野菜で作ったジャム作ったり、野菜を使ったレシピ考えたり・・・』

『みくりってすぐそういうよね。そういうのってうざい』

 

みくりは安恵の言葉が今の自分の心にハードヒットしたと言い、

結婚している男性から初めてキスされたことで悩んでいると

状況を理解していない安恵からすると訳のわからないことを漏らす。

 

『・・・妄想?』

『そうかも・・・?!』

 

津崎は店を回りみくりの誕生日プレゼントを選ぼうと四苦八苦。

『プレゼントですか?奥さん?』

『・・・いえ』

『妹さん?』

『・・・いえ』

『彼女の方?』

『・・・いえ』

 

そうとは知らず津崎の帰宅を待つみくり。

やがて津崎が帰宅し、話があると切り出した。

『9月のはじめ、誕生日でしたよね?

いろいろ考えたんですが、これがベストだと。

これはプレゼントではなく賞与です』

 

津崎は3万円がはいった封筒をみくりに渡し、

雇用主が従業員に個人的にプレゼントをするのはマズイという判断に至ったと説明。

 

その直後。

自室に戻った津崎のスマホにみくりからのメールが・・・

(賞与ありがとうございます。

聞いていいですか?どうして私にキスしたんですか?)
 

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』第7話ネタバレあらすじ&感想、

次ページに続きます!
 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です