2019夏のドラマのあらすじまとめてます

はじめまして愛しています最終回ネタバレ&感想 ハジメの父は実母の実父!!衝撃の秘密乗り越え,本当の家族へ


ドラマ『はじめまして、愛しています』最終回ネタバレ&感想〜ハジメ出生の秘密〜

『この曲はモーツァルトの子守唄って曲で

ハジメが教えてないのに弾けたの』

頭の中で覚えていたとハジメが語るモーツァルトの子守唄を

泉が口ずさみ始めた。

 

『知ってるの?』

『子供の頃、母がよく歌ってくれてたから、

あの子がお腹にいる時、私もよく歌ってて』

きっとお腹の中でその歌を聴いて、

母の愛を感じていたんだろうと言う美奈に泉は自分には母の愛などないと語る。

 

『あの子の父親は・・・父なんです』

泉は父を拒否すれば暴力を振るわれていたこと、

妊娠がわかって家出しトイレで産むしかなかったこと、

大きくなればなるほど父親に似てくるので怖かったことを

涙ながらに語り出す・・・

 

『私が出かけるたびに暴れてついてこようとした。

だからあの子を鎖につないだの!』

やがて父親が亡くなったため、実家に戻った泉だったが、

母親もこの事実については知らないのだという。

 

美奈は泣きじゃくる泉を抱きしめた。

『辛かったね、苦しかったね・・・』

AD

『あの子に謝らなきゃ・・・ごめんねって・・・ごめんねって』

 

美奈はハジメは優しくていい子だから、きっと泉のことも許してくれると語る。

『いつかあなたにも言うはずよ、僕を生んでくれてありがとうって。

だからこれからは、ハジメを産んだことを恥じないで。

いっぱいいっぱい愛してあげて。

AD

子供を大切にしないような行いはどんな言い訳をしても人間として間違ってんのよ』

 

泉は外が明るくなるまで

美奈の胸のなかで泣きじゃくり続けた。

 

ドラマ『はじめまして、愛しています』最終回ネタバレ&感想〜本当の家族へ〜

AD

『どうだった?美奈ちゃん?』

信次と月子が降りてきた。

『お母さん、ハジメ君は梅田さんに育ててもらおう』

 

反対する月子に泉は本当のことを聞いてもらわなければ

自分たちも幸せになれないと語り、

月子は泉を抱きしめた。

 

そして、ハジメが信次と美奈のもとに戻ってきた。

AD

『お父さん!お母さん!』

 

『色々と大変でしたが本当に頑張りましたね。

お二人は最高の父親です、最高の母親です』

約束があるからと立ち去ろうとする堂本にハジメが手紙を差し出した。

 

その手紙には、

『あいしてます はじめ』と書かれていた。

 

やがて裁判所から、

ハジメを信次と美奈の正式な養子と認めるという書面が届いた。

AD

 

家族一同、喜びにあふれているところに巧が切り出した。

『実は俺、ピアノの調律師になろうと思って!』

 

将来、ハジメがピアニストになった暁に

ピアノを調律するのが夢だと巧は語る。

 

そこへ追川とその秘書がやってきた。

今日は家族だけの集まりだからと出て行こうとする秘書を呼び止めた。

『あなたも家族と同じなんですから。

AD

これからも父のことをよろしくお願いします』

 

市役所。

『お願いします!』

ハジメが職員に養子縁組の書類を提出、

記念にと職員に記念撮影を頼む美奈と信次。

 

(私たち夫婦は誓った。

あらん限りの力でこの子に愛を伝えようと。

私たちはもしかすると誰かに愛を伝えるために生まれてきた存在なのかもしれないから)
 

 

ドラマ『はじめまして、愛しています』最終回ネタバレのあとは総評を少し…

AD

ドラマ『はじめまして、愛しています』最終回が終了しました!

 

江口洋介さんと尾野真千子さんの安定の演技力で

思わず引き込まれたドラマ『はじめまして、愛しています』。

 

信次と美奈が実在の人物と錯覚するほどの

飾らない演技は本当に脱帽でした!

 

最終回で大どんでん返しでハジメを育てる権利を手に入れた信次と美奈。

こうなるためには実母・泉の家庭によっぽどの問題がない限り難しいため、

泉の家庭になんらかの問題があることは想像ができましたが、

まさかのまさか、親子間での関係があったとは・・・衝撃でした・・・

 

泉とその母親にも大きな課題が残されましたが、

今度幸せな環境ですくすくと育つハジメに触れることで、

やがて父親の行いを許せる日がくるのではないでしょうか?

 

今や血が繋がった家族、そうでない新しい家族のハジメとも

良い関係を築けている信次と美奈ですが、

ハジメが来る前、そこには今まで触れないようにしてきた家族の問題がありました。

 

血の繋がりがない家族をつくろうとしたことがきっかけで、

その問題に立ち向かい、クリアにしていった信次と美奈ですが、

そこには、血が繋がっていることから生まれる過信で

言葉で伝えることをおざなりにしてはいけないという強いメッセージがありましたね。

 

ドラマ『はじめまして、愛しています』、

今自分が与えられている幸せ、

自分が変われば、

自分を取り巻く環境が丸ごと変わってしまうということを

再確認させてくれるとてもいいドラマでした!
 

 

『はじめまして、愛しています』他にも!2016年夏ドラマが熱い!!

beach-1209229_640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です