2019夏のドラマのあらすじまとめてます

好きな人がいること9話ネタバレ&感想 夏向,嘘は美咲の夢のため!?最終回で美咲,海外へ!?真意に気づいた時美咲は…


ドラマ『好きな人がいること』第9話ネタバレ&感想〜揺れる美咲の心〜

いつも人の話を聞かずに自分勝手だと声を荒げる美咲に

夏向は自分勝手なのはどっちだと迫る。

『お前なんかこなきゃ良かったんだよ!』

『私だって・・・あんたなんかと出会わなきゃよかったよ!!』

美咲は自室に走り込んだ。

 

翌朝から美咲と夏向の関係は気まずいものに・・・

2人は一言も言葉を交わさないようになり、

美咲は夏向からもらったラムネのビー玉をゴミ箱に捨てた。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-10-57-40
出典:『好きな人がいること』HP

『まだ仲直りしてないの?原因は兄ちゃんのことなんでしょ?

そんなんでダイニングアウト大丈夫なの?ちょっと来て』

柴崎冬真(野村周平)は美咲を海岸に連れ出した。

 

『告白の相手、どっちを選んでもいいんじゃない?

じっくり考えて、答え出せばいいんじゃない?』

 

ダイニングアウト当日。

約束の時間になっても美咲は会場に現れなかった。

 

開場時間を迎え、千秋・冬真がやってきた。

あと2品というところで美咲が現れた。

『遅れてすいません!

今日のデザートにどうしても旬のアクセントを使いたくて!

AD

それと、メインにはきっとこれが合うって思ったんです』

美咲が持ってきたのは今日初収穫を迎えた柚子。

 

美咲の思いを汲んで、

夏向もメインのソースを柚子を使ったものに急遽変更した。

 

ドラマ『好きな人がいること』第9話ネタバレ&感想〜夏向の心変わり〜

AD

美咲のデザートも夏向のメイン料理も大好評。

AD

 

1人佇む夏向のもとを東村了(吉田鋼太郎)が訪れた。

『いや〜素晴らしいマリアージュでしたよ。

あなたの料理とあのパティシエは相性抜群のようですね』

 

夏向と美咲、2人揃って欲しくなったと

東村は意味深な言葉を残して去って行った。

 

ダイニングアウトは大成功に終わり、

やがて夏向の挨拶となった。

 

『彼女のおかげで今日は自分でも想像できないものが作れました。

それが・・・そこにいるパティシエの櫻井美咲です。

気づいたら彼女は俺のなかでなくてはならない存在になっていました。

AD

本日はありがとうございました』

 

挨拶を終え、美咲のもとに帰ってきた夏向は突然あるものを

美咲に向かって放り投げた。

キャッチした美咲が手のひらを開けてみると、

そこには夏向からもらったラムネのビー玉があった。

『捨てんじゃねえよ。持っとけって言っただろ』

 

意を決した美咲は千秋のもとへ走った。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-10-57-31
出典:『好きな人がいること』HP

AD

『お話ししたいことがあるんです・・・

私、私は・・・』

『美咲にお願いがるんだけど』

千秋は夏向が忘れた携帯を仕込み中の夏向に届けて欲しいと手渡した。

 

『美咲の気持ち、ちゃーんと伝えておいで?ね?』

美咲は店に向かって走り出した。

 

失恋した千秋を冬真がビールを片手に迎えた。

AD

『かっこよかったぞ!乾杯!』

 

その頃、店の夏向に電話がかかってきた。

『夏向くん、ちょっといい?』

 

店に着いた美咲は仕込みに夢中の夏向の頬を手で掴み、キスをした。

『あんたに返事しに来たって言ってるでしょ?!

あんたが好き。あんたのそばにずっといたい』

 

夏向は鼻で笑うと美咲に背を向けた。

『うぜえよ。俺はもうお前のことが好きじゃなくなった』

 

 

ドラマ『好きな人がいること』第9話ネタバレのあとは最終回の展開が気になる…

AD

ドラマ『好きな人がいること』第9話が終了しました!

第9話で大成功に終わったダイニングアウト。

 

このイベントがきっかけで、

夏向は美咲が自分にとって公私ともに欠かせない存在であることを再確認、

招待客の挨拶で自分の想いを告白するくらいですから

あの時までは本当に美咲のことを想っていたと思われます。

 

そんな夏向の挨拶を聞いた千秋も、

美咲と夏向がまさに最高のカップルであることを認め、

自ら退くという決断をくだしましたね!

 

そして第9話ラストに美咲が夏向のことを好きだと伝え、

めでたしめでたしと思いきや、

まだ第9話!もう一波乱ある展開になってきましたね!

 

夏向の変化はあの電話を取ってから。

おそらく電話の相手はダイニングアウトのプロデューサー・大橋尚美でしょう。

 

そして、話の内容は美咲に関すること・・・

その件には東村が絡んでいるとい見て

間違いなさそうです。

 

美咲に関する完全なデマを

深い信頼関係で結ばれている夏向があんなでんな一本で信じるとも思えません。

 

おそらくあの電話の内容は

美咲の海外一流店への引き抜き話ではないでしょうか?

 

第9話で美咲が語っていた幼い頃の夢では、

海外のケーキ屋で働くことが美咲の子供の頃の夢だったようです。

 

美咲の本当の夢が叶いそうになっていることを知らされた夏向が

その夢を美咲に追いかけさせるために、

わざと好きではないと突っぱねた、という可能性が高いですね。

 

問題は美咲が最終回で本当に海外へ行ってしまうのか?ということですね。

 

冬真はまだ修行が必要で、

夏向なしにレストラン『Sea Sons』は回りませんし、

夏向が美咲と一緒に海外へ行くという展開はなさそうです。

 

となると、最終的に美咲が夏向の言葉の裏にあった真意に気づき、

前向きな気持ちで遠距離というかたちで夢を追うという結末になるか、

あるいは海外行きをやめ、レストラン『Sea Sons』に残るという展開になるかと思います。

 

海外のケーキ屋になる以上の新しい夢を見つけた美咲と

夏向のハッピーエンドを期待しながら、

ドラマ『好きな人がいること』最終回を楽しみに待ちたいと思います!

 

 

『好きなひとがいること』第1話〜や他にも!2016年夏ドラマが熱い!!

beach-1209229_640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です