2019夏のドラマのあらすじまとめてます

好きな人がいること8話ネタバレ&感想 消えた千秋の自制心!9話で兄弟バトル勃発!夏向,辞退の予感…


桐谷美玲さん主演の月9ドラマ『好きな人がいること』第8話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめてみました!

 

第7話で夏向(山崎賢人)の出生に関する秘密が明らかになりました。

夏向の母親・磯山渚はかつてレストランSeasonsで働いていた従業員で、

必ず迎えに来るからと柴崎兄弟の父親に約束、

夏向を預けて出て行ったという過去がありました。

 

しかし、夏向の母親は尾道で別の男性と家庭を持ち、

やがて愛海(大原櫻子)が誕生。

母親が夏向のことを迎えに来ることはなく、

柴崎兄弟の父親が夏向を我が子として育てた・・・ということでしたね。

 

父親に他人の子供(夏向)以下の愛情しか

受けられなかったという劣等感を抱えていた冬真(野村周平)でしたが、

父親と夏向の自分への愛情に気づき、

兄弟の絆が再び固くなり、めでたしめでたし・・・

 

これで一騒動落ち着き、

順調に恋を育んでいけるかのように思えた美咲(桐谷美玲)と夏向。

しかし第8話で再び波乱の予感が・・・

 

楓(菜々緒)とヨリを戻した千秋が

どうやら美咲への抑えきれない想いに気づいてしまい、

第8話でいよいよ兄弟内三角関係が激化しそうなのです!

 

最終回まであとわずか、まだまだ揺れそうな

スポンサーリンク

月9ドラマ『好きな人がいること』第8話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめるとともに、

第9話以降の展開も考えてみました!

 

※月9ドラマ『好きな人がいること』第8話ラストまでの

ネタバレあらすじと感想をまとめています

スポンサーリンク

『好きな人がいること』第8話がまだ・・・という方はご注意ください
 

 

ドラマ『好きな人がいること』第8話ネタバレ&感想〜美咲の決意〜

冬真(野村周平)がアシスタントとして厨房に入ることになり、

レストラン『SeaSons』に活気が戻ってきた。

 

『似合ってるね、制服!かっこいいじゃん!』

二宮風花(飯豊まりえ)も冬真と仲直りしたようだ。

 

夏向(山崎賢人)と美咲(桐谷美玲)は

大橋尚美(池端レイナ)のプロデュースで行うダイニングアウトの準備の真っ最中。

 

インスタにあげた夏向の2ショットを見た石川若葉(阿部純子)から連絡が入る。

『急展開じゃないですか〜?!』

『最近まで千秋(三浦翔平)さんのこと好きだったのに、変かな・・・??』

スポンサーリンク

 

若葉は恋愛なんてそんなものだと言い、

夏向にとにかく早く返事をした方が良いとアドバイス。

 

夏向に返事をするタイミングがつかめないと悩む美咲に冬真が

兄弟全員で砂浜で花火をしないかと提案。

 

スクリーンショット 2016-09-05 15.02.49
出典:ドラマ『好きな人がいること』HP

美咲はタイミングを見計らい1人でいる夏向に近づいた。

 

『お話ししたいことがありまして・・・

例の件についてなんですけど』

スポンサーリンク

『決めたの?』

『決めました・・・私』

『じゃあ明日行くか?食材選び。デザート何にするか決めたんだろ?』

夏向は勘違いしている様子。

 

そんな2人の様子を冬真と千秋が見ていた。

『美咲ちゃん兄ちゃんのこと吹っ切れたみたいだね。

まあ兄ちゃんには楓(菜々緒)ちゃんがいるし』

スポンサーリンク

 

美咲が若葉からの電話に出るために席を外し、

夏向のもとに千秋がやってきた。

『美咲のことどう思ってんの?』

『好きだけど・・・あいつにももう言った。』

『・・・そっか・・・』

 

そんな会話が兄弟でされていることも知らずに、

美咲は少し離れた場所で若葉に今回のダイニングアウトが成功したら

夏向に自分も夏向のことが好きだという返事をする決意を語ったのだった。

 

翌日、美咲が夏向に強引に連れられ向かった先はとある畑。

自分のところの野菜を使う人には

収穫を手伝ってもらうのが畑の主の農家の女性のこだわりだった。

 

一通りの畑仕事が終わった後、

美咲は今回のダイニングアウトのデザートに使う食材を桃に決めたと夏向に報告。

 

スクリーンショット 2016-09-05 15.03.19
出典:ドラマ『好きな人がいること』HP

2人は心地よい疲れとともに軽トラに乗って畑を後にした。

 

レストランに帰ってから早速2人は試作を繰り返す。

 

 

料理に合ったデザートを提供する必要があるため、

夏向と美咲はお互いのレシピノートを交換し

夜自室に戻ってからもお互いのことを思いながら

付箋でそれぞれのアイディアをノートにつけていった。
 

 

ドラマ『好きな人がいること』第8話ネタバレ&感想〜美咲の危機〜

スポンサーリンク

そしてついに料理とデザートが完成した。

『お疲れ!』

防波堤でお互いの労をねぎらう美咲と夏向。

『なんか今すっごい楽しい!』

ケーキ屋にいる頃は誰かの料理に合わせてデザートを作るということもなかったため、

今がすごく新鮮だと語る美咲。

『あんたといると自分が想像もしないデザートができるから・・・』

 

美咲は明日プロデューサーの大橋尚美のOKが出たら、

2人でお祝いしないかと夏向を誘い、夏向はOKした。

 

翌日、Seasonsに大橋を招き、

最終的な料理とデザートのチェックが行われた。

『すごく美味しかったです。でもこのままじゃ出すことはできないかな』

検討させて欲しいと大橋は帰って行った。

 

買い出しに向かった美咲は店を出たところで

千秋が大橋にどこが悪かったのかと尋ねているところを立ち聞きしてしまった。

『デザートが足を引っ張ってるんです。

残念ですが他のパティシエに交代しようと思います』

 

帰宅した美咲は夏向が大橋に渡されていたと思われる

他のパティシエ候補の資料を見つけてしまった。

『お前には関係ない・・・』

資料を奪うように取られた美咲。

『そうだよね、成功させることが1番だからね・・・』

 

サーフショップ『LEG』を1人訪れた美咲は

今まで2人で頑張ってきたのに

夏向にポイ捨てされたとやけ酒をあおったのだった。

 

美咲が酔いつぶれたところへ千秋と楓がやってきた。

日村信之(浜野謙太)に送って行ってあげてと言われ、

千秋は美咲と店を出た。

 

『夏向さんが他の人と組むってわかったら嫉妬して・・・』

『美咲さ、夏向に告白されたでしょ?聞いたよ。

美咲はどう思ってんの?』
 

ドラマ『好きな人がいること』第8話ネタバレ&感想、

次ページに続きます!
 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です