2019夏のドラマのあらすじまとめてます

はじめまして愛しています4話ネタバレ&感想 産み直しでハジメ喋る!5話で反抗期到来!信次が激怒した一言とは?!


ドラマ『はじめまして、愛しています』第4話ラストまでのネタバレと感想をまとめてみました。

 

ドラマ『はじめまして、愛しています』第3話で

親に捨てられた子供(横山歩)を我が家に迎えることになった

信次(江口洋介)と美奈(尾野真千子)。

 

ハジメという最初の贈り物を与え、

満足げな信次でしたがそれもつかの間ハジメの試し行動が始まります。

 

第4話でハジメの試し行動は赤ちゃん返りとしてさらにエスカレート・・・

5歳児を常に抱っこにおんぶすることになった美奈に、

信次や自分の家族の問題がさらに美奈を精神的に追い詰めます。

 

そして、ハジメが第4話にて初めて喋ることに・・・

ドラマ内でも重要な感動のシーンとなるこの一幕、

ハジメの初めての言葉が一体何なのか、気になりますね!

 

江口洋介さん・尾野真千子さん出演の

ドラマ『はじめまして、愛しています』第4話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめるとともに、

第5話以降の展開も考えてみました!

 

※ドラマ『はじめまして、愛しています』第4話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめています。

ドラマ『はじめまして、愛しています』第4話がまだ・・・という方はご注意ください
 

 

ドラマ『はじめまして、愛しています』第4話ネタバレ&感想〜赤ちゃん返り〜

眠っていた梅田美奈(尾野真千子)はハジメ(横山歩)に抱きつかれ起こされた。

『ハジメ、ちょっとそれじゃ起きられないんだけど・・・』

スポンサーリンク

その日からハジメは1日中、美奈から離れなくなった。

 

『もしかして赤ちゃん返りが始まりましたか?

できるだけ赤ちゃんのように扱ってあげてください』

試し行動のいたずらが終わると、

その後幼児期に愛情が欠如したことから

スポンサーリンク

赤ちゃん返りはよくある行動だと堂本真知(余喜美子)は言う。

 

『美奈ちゃんどう?』

梅田信次(江口洋介)は仕事が遅くなりそうなこと、

妹の不破春代(坂井真紀)に頼んで

おんぶ紐などを持ってきてくれるよう頼んだことを美奈に告げた。

 

『甘やかしちゃダメよ。本当に正しいの?その児童相談所の人』

やがてやってきた春代が無理やり美奈からハジメを引き離そうとすると、

ハジメは春代の腕を噛んだ。

 

『お姉さん本当にそのことやっていけるの?私無理だと思うよ!』

春代は語気を荒げ、早々に帰って行った。

スポンサーリンク

 

さらにハジメの赤ちゃん返りは進み、

スーパーで会った5ヶ月の子のおしゃぶりをハジメは奪い取り、

美奈におむつをせがみ美奈に履かせてもらったのだった。

 

帰宅した伸次に春代から電話があった。

『お母さん、また問題起こしたみたいでさ〜』

 

伸次が仕事で様子を見に行けない旨を伝えると、

春代はハジメの紹介も兼ねて

美奈に母親を訪ねてもらうよう半ば強引に頼んだのだった。

スポンサーリンク

 

『お母さんこそ何があったんですか?』

介護士を泣かせたと春代から聞いていた美奈。

しかし、介護士を泣かせたのは梅田巧(速水もこみち)。

介護士を妊娠させてしまったというのだ。

 

『こんな子と一緒になっても子供が幸せになれないわよ』

 

介護士は泣きながら部屋を出て行ってしまい、巧が後を追った。

 

帰宅した美奈がハジメをピアノの前に座らせ、ドレミの歌を教えると、

スポンサーリンク

ハジメはすらすらと鍵盤を叩き始めた。

スクリーンショット 2016-08-04 11.29.45
出典:ドラマ『はじめまして、愛しています』HP

(もしかして、ピアノの才能があるの?この子・・・)

 

ハジメがピアノを弾いているすきにトイレに入った美奈が出てくると、

そこにはおもらしをしたハジメが立っていた。
 

 

ドラマ『はじめまして、愛しています』第4話ネタバレ&感想〜美奈,疲労困憊…〜

スポンサーリンク

『追川真美(藤竜也)様からお荷物です』

突然、美奈の父親・追川から高価なステレオセットが届いた。

 

美奈は速攻父に電話。

「こんあ高価なものいただけないんですけど』

追川はハジメとピアノを弾いたわずかな時間で

ハジメに音楽の才能があると感じたらしい。

 

『私の時も感じたんですか?才能がないって・・・』

何も言わない父親に美奈は冗談だといい、電話を切った。

 

やがて信次がハジメにお土産を持って帰宅。

スクリーンショット 2016-08-04 11.29.27
出典:ドラマ『はじめまして、愛しています』HP

しかし、ハジメは見向きもしない。

 

ステレオを追川に返すという美奈に信次は父親に美奈がきつすぎると指摘。

美奈は信次の母親が問題を起こす本当の理由を探るべきだと非難し、口論になった。

『夜もろくに眠れないし、この子に当たるわけにはいかないし!』

美奈のストレスは限界に近づいていた。

 

翌日、突然堂本が定期的な家庭訪問と称しやってきた。

『大丈夫ですか?赤ちゃん返りが始まって1週間でしたよね?夜は眠れてます?』

 

美奈は朝起きてあの1日が始まると思うと絶望的な気分になること、

ハジメを返そうと1日に何回も悩むことを堂本に明かした。

 

堂本は歳をとってから養父母に引き取られた子供の場合、

愛情を受けていない期間が長いため

赤ちゃん返りが長期化すると美奈に説明。

 

『ハジメくんは今必死で心の中で葛藤しているんです。

この人たちは自分を本当に愛してくれるのか』

堂本は1日1日ハジメと向き合っていくしかないこと、

人が立ち向かわない困難と向き合っているのだから

人と比較しないほうが良いことを美奈にアドバイスした。

 

『あ、これは秘密にしてほしいと言われたんですが・・・』
 

ドラマ『はじめまして、愛しています』第4話ネタバレ&感想、

次ページに続きます!
 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です