99.9ネタバレ6話感想 大友とつながる班目の正体は!?7話で最終回に向けた伏線登場の予感大!

Pocket

松本潤さん主演ドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」第6話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめてみました!

 

ドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」第5話で

深山(松本潤)と彩乃(榮倉奈々)が担当した谷繁 (千葉雄大)が被疑者となっている暴行事件。

 

調査をすすめるうちに、

この事件の裏側に18年前に起こった谷繁の父親の自殺が

大きく関わっていることが明らかになってきました。

 

深山たちは、谷繁の父親を自殺に見せかけて

屋上より突き落とした犯人が

今回起こった暴行事件の被害者・三枝 (平田満)ではないかの推測をたてますが、

三枝は18年前の同じ日に起こった『世田谷社長令嬢殺人事件』の目撃者となっており、

谷繁の父親の事件で真実を明らかにすると、

『世田谷社長令嬢殺人事件』の判決すらも揺るがす事態に・・・

 

またこの『世田谷社長令嬢殺人事件』で検事を務めたのが

佐田篤弘(香川照之)であることが発覚。

 

深山は佐田に真相が知りたいと詰め寄ります・・・

 

2つの事件はもちろん、佐田の隠された過去についても暴かれそうな

 

松本潤さん主演ドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」第6話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめるとともに、

第7話以降の展開も考えてみました!

 

※ドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」第6話ラストまでのネタバレと感想をまとめています

ドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」第6話がまだの方はご注意ください!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」第6話ネタバレ&感想〜2つの事件〜

18年前に起こった『世田谷社長令嬢殺人事件』の犯人・真島の

目撃証言をしていた三枝 (平田満)。

 

三枝は谷繁 (千葉雄大) の父親の殺人犯としても疑われている。

しかし同日のほぼ同時刻に起こった2つの事件。

 

世田谷の事件で目撃証言を出している三枝が

離れた場所にある谷繁の父親の会社の屋上にいたことは不可能になる。

スクリーンショット 2016-05-22 20.50.51
出典:ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士』

谷繁の父親が三枝による他殺であることを証明するためには、

三枝のアリバイとなっている世田谷の目撃証言を覆す必要があるのだ。

 

三枝の目撃証言が嘘であると睨んでいる深山大翔(松本潤)だったが、

当時三枝の目撃証言に関する調書をつくった佐田篤弘(香川照之)は

三枝の当時の証言が非常にしっかりしたものであったと語った。

 

『三枝さんが真島さんを目撃したといっている現場を見てくる』

『18年前よ?』

深山は立花彩乃(榮倉奈々)を振り払い、現場に向かった。

 

『ご無沙汰しています』

18年ぶりに十条検事長の元を佐田が訪れた。

 

当時、三枝の証言があまりにもはっきりし過ぎていたために

再調査を依頼していた佐田。

『再調査はしていただけたのでしょうか?』

 

十条は優秀な部下がとった調書に基づき、自分は正当な判断をしただけだと

再調査を行わなかった正当性を主張した。

 

三枝が真島を目撃したという現場を見てきた深山。

深山は現場でバイクを何回も見たが、

三枝が証言しているようにはっきりと顔まで確認することは不可能だと語る。

 

当時の現場からの中継番組を何度も見直すうち、

深山は中継に写り込んでいた工事の看板を目にし、何かに気づいた。

 

『0.1%の真実見つけたよ』

 

三枝が真島を目撃した南星橋は工事中で通行止めだった。

三枝があの日南星橋をバイクで通る真島を目撃することは不可能なのだ。

『見つけちゃったな〜』

佐田はますます険しい顔となった。

 

『申し訳ございません』

真島の自宅を佐田が訪れた。

真島は獄中で死亡しており、真島の母親はずっと息子の再審請求を要求してきた。

 

無実の可能性が出てきたことから、

当時真島を有罪に導いた1人として佐田が謝罪すると、

真島の母親は息子の無罪を証明できる材料を持ってきてくれたのが

誰であろうと感謝したいと言い、頭を下げた。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ「99.9ー刑事専門弁護士ー」第6話ネタバレ&感想〜続く調査〜

東京地方検察庁。

今回の件で三枝の証言が完全に崩れたことに焦る丸川貴久(青木崇高 )。

『三枝を呼べ』

あくまでも三枝の目撃証言を生かしておきたい大友修一(奥田瑛二)。

スクリーンショット 2016-05-22 20.50.57
出典:ドラマ『99.9ー刑事専門弁護士』

三枝は検察の誘導通り、南星橋ではなく

隣の北星橋で真島を目撃したことを勘違いしていたと供述し、

再審請求は棄却されたのだった。

 

深山たちが次の作戦に向けた会議をしているところへ、

最新棄却の新聞を片手に佐田が入ってきた。

『真島さんの無罪を証明する!』

 

世田谷社長令嬢殺人事件の被害者・小野美希と

犯人の真島は恋人同士だった。

 

痴話喧嘩が発端となり、言い争った末

真島が道路の縁石に小野の頭を打ち付けたということになっている。

 

手始めに当時真島と同じ学生寮に住んでいた友人・板橋に聞き込みに行った深山。

板橋は当時真島ととなりの部屋に住んでいたが、

爆睡していたため真島が部屋にいたかどうかをを証明できないと語る。

『彼女が逃げたりしなければ、逆上されて殺されることもなかったのに・・・』

 

 

一方、佐田と彩乃は当時小野と真島が喧嘩していたということを

供述した女性の友人の元へ。

調書には小野が真島に怯えていたと書かれていたが、

その友人はそんなことは語っていないと言う。

 

『そういえばしつこく言い寄ってくる人がいて困ってるって言ってました』

誰に言い寄られてるかついてまで、友人は知らなかった。

 

新たに小野に言い寄っていた男性がいたという証言が浮上し、

今回の事件がその男性の犯行である可能性が出てきた。

 

当日外に出ていないと語っている真島。

しかし、防犯カメラの映像にはバイクに乗っている真島が写っている。

 

明石達也(片桐仁)が真島役となり、

深山たちは防犯カメラの映像を再現することにした。

 

しかし、全く同じ映像過ぎて、得られたものはない・・・

 

そこへ彩乃が小野の友人から手に入れたという写真を持って事務所に帰ってきた。

真島と小野が入っていたテニスサークルの写真のどれもに、

真島と学生寮で隣同士の部屋だった板橋が写り込んでいることに深山は気づいた。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る