2019夏のドラマのあらすじまとめてます

火の粉6話ネタバレ&感想「琴音さんとは家族になれません」琴音玉砕!7話で雪見が武内の本性暴露!梶間家破滅へのカウントダウン


ユースケ・サンタマリアさん主演のドラマ「火の粉」第6話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめてみました!

 

ドラマ「火の粉」第4〜5話で自分の身辺を嗅ぎまわっていた

池本(佐藤隆太)と関(迫田孝也)を排除した武内(ユースケ・サンタマリア)。

 

梶間勲(伊武雅刀)は武内の自宅で池本らしき遺体を発見してしまい、

自分がとんでもない間違いを犯したことに気づきます。

 

梶間家は武内にとって自己存在感を高めてくれる大事な存在。

武内は勲に武内に疑惑の眼差しを向けたことを『許す』と言い、

これからも良き隣人通しでいようと提案を持ち掛けました。

 

同じく第5話で武内に別れを切り出し、排除されたのかに思えた琴音(木南晴夏)でしたが、

琴音が武内に別れを告げた裏には元夫からの DVがあったようです。

 

第6話で武内はある計画をたて、琴音の元夫・稲葉(渋江譲二)に近づきます。

ますます加速する武内の狂気・・・武内はどこまで行ってしまうのでしょうか?

 

ユースケ・サンタマリアさん主演のドラマ「火の粉」第6話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめるとともに、

第7話以降の展開を考えてみました!

 

※ドラマ「火の粉」第6話ラストまでのネタバレと感想をまとめています。

ドラマ「火の粉」第6話がまだの方はご注意ください!
 

 

ドラマ「火の粉」第6話ネタバレ&感想〜三角関係〜

「いただいたものは全部お返しします。武内さんとはもう会えません」

佐々木琴音(木南晴夏)は武内真吾(ユースケ・サンタマリア)に別れを切り出した。

スクリーンショット 2016-05-07 22.17.09
出典:ドラマ「火の粉」第6話

スポンサーリンク

しかし武内は琴音が何かを隠していることに気づいていた。

「このアザと関係あるんですか?」

 

とある喫茶店。

琴音と待ち合わせをしていた琴音の元夫・稲葉(渋江譲二)の前に現れたのは武内だった。

スクリーンショット 2016-05-07 22.17.15
出典:ドラマ「火の粉」第6話

スポンサーリンク

「琴音さんと復縁を望んでいると聞きましたが、諦めてください」

 

自分は琴音と話し合いたいだけだという稲葉に、

武内は琴音と会うことはもう不可能だと告げる。

「琴音さんは消しました」

 

 

梶間家。

関孝之助(迫田孝也)の殺人事件を知った梶間勲(伊武雅刀)は動揺を隠せない。

 

武内は池本の犯行ではないかと梶間尋恵(朝加真由美)に告げる。

武内の弁護をしたことで池本の恨みを買ったのではないかというのだ。

 

加えて、今回の関の件で自分が警察に取り調べられる可能性もあり、

取り調べが自分の過去のトラウマを思い出させると続ける。

スポンサーリンク

 

尋恵は武内を助けるために、

関が襲われたあの日、武内は自分の家にいたと嘘の供述をした。

 

(無事かどうか知りたい。返事だけでもくれ)

武内が稲葉を脅したせいで、琴音の携帯には稲葉からのメールが絶えない。

琴音は正直武内が自分のためにここまでしてくれると思わなかったと微笑んだ。

 

「母さん。こんな気持ちは初めてです」

武内は母へのビデオレターで琴音への気持ちを語った。

 

公園。

スポンサーリンク

琴音は梶間雪見(優香)に稲葉のことを相談。

もともと完璧主義だった稲葉から言い出した離婚・・・

しかし、最近になって子供のことを口実にヨリを戻したがっていると琴音は語った。

 

「出発するぞ!準備はいいか!」

家族揃ってドライブに行くわりには真剣な表情の勲。

勲はこの日のために有休までとっている。

 

そこへ武内がおすそわけを持って現れた。

スポンサーリンク

「また今度にしようかな・・・」

勲は急にドライブを取りやめたのだった。
 

 

ドラマ「火の粉」第6話ネタバレ&感想〜勲の告白〜

スポンサーリンク

「ねぇ、お義父さんなんか変じゃない?」

雪見は勲の異変に気付き、梶間俊郎(大倉孝二)に相談するが

司法試験の勉強が忙しい俊郎は取り合わない。

 

武内は公園に琴音への届け物を持っていくが、そこには子供と楽しげに遊ぶ稲葉の姿が・・・

声をかけるのをやめて帰ってきた武内が

自宅のポストを確認すると、そこには母へ送ったはずのビデオレターが

『受け取り拒否』で返ってきていた。

 

 

梶間家。

自分1人で秘密を抱えることに耐えられなくなった勲は

雪見に武内は無罪ではなかったと告白した。

スクリーンショット 2016-05-07 22.17.03
出典:ドラマ「火の粉」第6話

「どういうことですか?」

 

『的場さんの家族を殺したことなんか、小さな小さな罪だ!』

あの日、自分の罪を自白した武内・・・

関も池本も武内の手にかかったに違いないと勲は続ける。

 

「なんで!なんで、私たちに黙ってたんですか?!」

勲は武内が隣人として仲良くいているうちは自分たちに被害が及ばないと推測。

仲良くしているうちになんとか武内から逃れる方法を探るという。

 

武内家。

自分の意に反して、子供の陸が稲葉と仲良くしていることが許せないと

武内に涙ながらに打ち明ける琴音。

 

「殺してやりたい・・・」

「やりましょう、殺しましょう」

 

パート先で雪見は琴音に話があると切り出した。

「琴音、武内さんのことほんとに好きなの?」

 

付き合うとかは考えていないが、好きだと笑う琴音。

「私は何があっても琴音の味方だからね・・・」

「なにそれ?覚えとく、ありがとう」

 

武内の車が停めてある地下駐車場に待ち伏せしていた武内と琴音が現れた。

「いつまでも黙って殴られてると思うなよ!」

 
ドラマ「火の粉」第6話ネタバレ&感想、次ページに続きます!
 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です