2019夏のドラマのあらすじまとめてます

火の粉5話ネタバレ&感想 琴音は生きていた!6話でアザの原因DV元夫に武内と琴音が衝撃の計画!


ユースケ・サンタマリアさん主演のドラマ「火の粉」第5話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめてみました!

 

ドラマ「火の粉」第4話で武内の身辺を嗅ぎ回る池本から本性を暴かれそうになった武内。

しかし、武内は持ち前の人に取り入る天才的な才能で

的場家殺害の罪を池本になすりつけ、梶間家の信頼を勝ち取ることに成功しました。

 

第5話では雪見も戻り、再び平穏な日が始まったかのように思えたのですが、

ついに勲は自分がとんでもない間違いを犯してしまったことに気づきます。

 

そのとき、果たして武内はどう動くのか・・・??

 

 

ユースケ・サンタマリアさん主演のドラマ「火の粉」第5話ラストまでの

ネタバレと感想をまとめるとともに、

第6話以降の展開を考えてみました!

 

※ドラマ「火の粉」第5話ラストまでのネタバレと感想をまとめています。

ドラマ「火の粉」第5話がまだの方はご注意ください!
 

 

ドラマ「火の粉」第5話ネタバレ&感想〜勲の不安〜

1人ため息をつきながらリビングで酒を飲む梶間勲(伊武雅刀)。

ふとゴロゴロという音が気になり、外を覗いてみると、

隣人の武内真吾(ユースケ・サンタマリア)が大きなスーツケースを息を切らしながら運んでいるところを目撃する。

 

的場家の裁判で武内の弁護をした関孝之助(迫田孝也)の事務所を訪れた武内は

関の誕生日プレゼントに旅行券を手渡す。

 

依頼者からの贈り物は受け取れないという関の言葉に顔色を変えた武内。

「これは依頼人としてではなく、友人としての贈り物です!」

武内は関のテーブルに持参した旅行券を叩きつけた。

AD

 

その後、勲を呼び出した関。

武内が梶間家に引っ越してきたのは偶然なのかと関は勲に切り出した。

 

「3年前の的場さんの事件と状況が似ているんですよ。

武内さんは本当に無実なんでしょうか?」

また、関は勲が武内に無実を言い渡したのは、

AD

ただ死刑判決から逃れたかっただけではないかと問う。

 

勲はそんなことはないと語気を荒げ、事務所から出た。

 

事務所を出た勲に池本の妻(酒井若菜)が近寄ってきた。

妻は池本がいなくなったこと、

武内がスーツケースを運んでいるところを目撃し、その中に夫が入っているのではないかと

涙ながらに勲に訴える。

「すべてはあなたの判決から始まったんですよ!!」

 

勲は聞くに堪えず、その場から逃げ出すように立ち去った。

 

その足で武内宅を訪れた勲。

空き巣に入られたという武内宅はいつになく散らかっている。

AD

そのなかのスーツケースの留め具に血痕らしきものが付着していることに勲は気づいた。

 

「元気出して」

パート先で梶間家に戻った雪見を励ます佐々木琴音(木南晴夏)。

「琴音はどうなの?武内さんと」

琴音はうまくいっていると言って笑った。

 

 

公園で遊ぶ琴音の息子を見守りながら、公園で座っている武内と琴音。

スクリーンショット 2016-04-30 14.10.53
出典:ドラマ「火の粉」HP

「琴音さんは信じてる人に裏切られたことはありますか?」

AD

「裏切られたんですか?」

「まだわかりません、そうでなければいいんですが・・・」

 

琴音の息子が琴音に聞いた。

「ねぇ、ママ今日もパパと会うの?」
 

 

ドラマ「火の粉」第5話ネタバレ&感想〜対岸の火事〜

AD

取り乱す琴音。

アニメと現実を混同していると琴音は慌て、武内はそんな琴音を冷たい目で見ていた。

 

その後、琴音のほおには誰かに殴られたようなあざができていた・・・

AD

 

庭で武内を見かけた雪見は

琴音の顔のあざについて何か知らないかと尋ねる。

武内は何も知らないといい、逆に池本たちが来たあの日、勲はどこにいたのかと聞いた。

 

突然、武内が勲を訪ねてきた。

「今日は記念日です」

2年前の的場家の裁判で勲が武内に無罪にしてくれた日だといい、

感謝の印にプレゼントをしたいと言う。

スクリーンショット 2016-04-30 14.11.06
出典:ドラマ「火の粉」HP

武内が差し出したプレゼントはネクタイ・・・

勲の表情が固まった。

 

「ネクタイはお気に召さないですか?」

 

 

翌日。

関の事務所を訪れた勲。

ネクタイをプレゼントされたことを報告すると、関は池本の失踪に武内が関わっているのではないかと漏らす。

 

勲の顔を見つめる関に負け、勲が本当のことを打ち明けた。

「わかりました・・・認めます。私は武内さんを疑っていた」

勲は死刑判決を言い渡すことが怖かったと語る。

 

2年前の裁判は対岸の火事だった、

しかし今気付いてみれば火は自分の身近に迫り、火の粉が降りかかっている・・・

 

勲は自分の責任を重く受け止めるともに、武内から家族を守ると関に宣言したが、

武内は思いもつかぬ方法でその勲の抵抗力を奪ったのだった・・・
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です