美人紅白歌手Kの失踪,監禁は嘘!?”すっぽかした”門倉有希の言動に矛盾!DV加害者と被害者の共依存関係原因か

Pocket

「爆報!THEフライデー」で美人紅白歌手Kこと門倉有希さんが

1994年の自らの失踪が実は監禁だったという事実を激白されるようです。

 

美人紅白歌手Kこと門倉有希さんは1994年演歌「鴎(カモメ)」でデビュー。

2年後の1996年にNHK紅白歌合戦に出場、

小沢健二さんとTOKIOの間で「女の漁歌」を歌いました。

 

今回「爆報!THEフライデー」で

美人紅白歌手Kこと門倉有希さんが激白される失踪・監禁があったとされるのが

デビューの1994年と紅白出場の1996年までの間のことです。

 

しかし、今からわずか4ヶ月前の週刊誌掲載の対談で、

門倉有希さん自らが語った失踪騒動の真相には監禁の「か」の字もなく、

彼氏の家でダラダラしていて「すぽっかした」と語っています。

 

そこにはDV加害者とDV被害者に見られる

典型的な共依存の関係が浮き彫りになっていたのです・・・

 

美人紅白歌手Kこと門倉有希さんの失踪騒動は本当に監禁なのか、

いまメディアに出演し失踪騒動の真相を語る真意に迫ってみました。
 


<スポンサーリンク>

 

門倉有希が美人紅白歌手Kになるまで 辛い下積み生活からの逃避

スクリーンショット 2016-04-15 11.47.37
出典:http://yuki-kadokura.com/s/

門倉 有希(かどくら ゆき)

本名:村越 充恵(むらこしみつえ)

1973年12月1日生まれ

福島県須賀川市出身

 

門倉有希さんは横須賀市の酒屋を営む家に生まれ、

歌が好きだった祖父の影響で幼い頃から演歌や民謡、さまざまなジャンルの歌に親しんで育ちました。

 

中学生の頃には年齢をごまかしてオーディションを受けるなど、

歌手として人前で歌を歌っていきたいという夢が固まっていたようですね。

 

やがて「第2の都はるみ」新人オーディションを受け、

全国大会まで勝ち進んだ門倉有希さんは、

地元福島から月に一度上京し、ボーカルレッスンを受ける生活を経て、

20歳になった1994年に「鴎…カモメ」でデビューします。

 

歌手というのはテレビとラジオとステージをこなす人だと思っていたんです。

ところが実際は、来る日も来る日もキャンペーンで。

出典:アサ芸プラス

 

歌手としてデビューしたわけですから、

すぐに華やかな表舞台に出て生きるものと思っていた可読有希さんですが、

現実はそう甘くはありませんでした。

 

門倉有希さんを待っていたのは、

歌手とは名ばかりに思えるような地方各地を周る営業だったのです。

 

お客さんじゃなくてレジの店員さんに向かって「聴いてください」と歌うんです。

カラオケもないし、マイクすらもありませんでした。

1日に十数軒というのもザラでした。

出典:アサ芸プラス

 

演歌歌手でもお笑い芸人でも、

新人の頃は地道に営業で名前を売っていくしかありません。

 

当たり前といえば、当たり前のことですが、

歌手デビューすれば

即華やかな舞台で歌えると思っていた門倉有希さんには辛い現実・・・

 

門倉有希さんは次第に辛い下積み生活から逃げるようになります。

 

疲れてしまいましたね。

それでお酒も飲み始めて、仕事よりも遊びに行くほうが楽しみになって。

お給料を全てつぎ込んで、さらに足りない分は父親に電話して振り込んでもらっていました。

出典:アサ芸プラス

 

以上、失踪騒動直前までの門倉有希さんの経緯をまとめると、

 

歌手デビュー後の下積み生活が自分がイメージしていたものではなかった

辛く、楽しくないのでお酒や歌手活動以外の部分を拠り所とするようになった

やがて経済的に困るようになり、実家にお金を無心していた

 

となりますね。

 

門倉有希さんは当時まだ20歳。

理解できない部分が全くないわけではありませんが、

歌手としての夢に向かって頑張る根性が欠け、人間的に少し弱い部分があったのでしょう。

 

そんなときに出会ったのが、のちの失踪・監禁騒動の相手と言われる1人の男性。

 

そしてその男性も、

可読有希さんと同じように報われない日々に悶々としていた駆け出しの歌手で、

またまた同じく人間的に弱い男性だったのです・・・
 


<スポンサーリンク>

 

美人紅白歌手門倉有希が失踪?監禁?「ダラダラしていた」ってただの逃げ!?

辛い下積み生活中の駆け出しの歌手、

しかも自分と同じく弱く依存度の高い共通点もあった

門倉有希さんと相手の男性がものすごい勢いで惹かれあったのは

想像に難しくありませんね。

 

その男性は門倉有希さんの味方であるかのように、

門倉有希さんの事務所の方針が間違っているということを門倉有希さんに吹き込み、

門倉有希さんが歌手活動を頑張れないように洗脳していったそうです。

 

しかし、これって洗脳なのでしょうか??

 

相手の男性も今の下積み生活を続けない理由を探しているような人物です。

そんな人物が同じ境遇の門倉有希さんに前向きなことが言えるはずありません。

 

この状態は、相手が自分の弱い部分を肯定してくれるため

非常に居心地がよく、楽な状態です。

 

お互いダラダラしているのが、楽で居心地が良かったことを

洗脳と言われると少し戸惑ってしまいます・・・

 

門倉有希さんは男性との付き合いが深くなるにつれ、

どんどん自堕落な生活を送るようになっていきます。

 

同じように歌手志望だった人で。

彼の家でゴロゴロしていて、仕事をすっぽかすことが増えていました。

出典:アサ芸プラス

こんな辛い下積み生活に何の意味があるのか?

むしろ、自分は事務所にいいように使われだまされているだけではないのか?

 

きっとこんな想いでいっぱいになり、

その男性と共感しあうことで今の辛い下積み生活から逃げる正当な理由を見つけ、

2人で心地よい、しかしお互いプラスにならない関係を築いていったのではないかと推測します。

 

そして、今回の美人紅白歌手K失踪騒動の元となるある事件がおこります。

 

最優秀新人賞の受賞が決まっていた

福岡で行われる「KBC新人音楽祭」を門倉有希さんはすぽっかしてしまったのです・・・

 

自分でもひどいことしたなと思ったのは、福岡の「KBC新人音楽祭」に行かなかったこと。

実は最優秀新人賞に決まっていたのに、それをすっぽかしたんです。

社長が福岡まで謝罪に行って、私には実家で謹慎するようにと。

 

それからしばらくたって東スポの1面に「男と逃避行で失踪」と書かれましたが、

厳密に言えば事実ではありません。

彼が原因であったことは確かですが、その時は実家で引きこもっていました。

出典:アサ芸プラス

 

 

美人紅白歌手Kこと門倉有希さんが数々の仕事をすっぽかした直接の理由は、

交際していた男性に監禁されていたためではなかったようです。

 

「今日バイト行くのダルいわー」

「休んじゃえば?」みたいなノリに感じるのは私だけでしょうか??

 

実は、以上の門倉有希さんのインタビューは2015年末に

週刊誌に掲載された対談なんですね。

 

それからわずか4ヶ月。

なぜ、いま「爆報!THEフライデー」で

失踪は監禁と洗脳だった!!ということになってしまったのでしょうか?

 

そこには、芸能界の、テレビ界のある大人の事情がありました。

 

次ページに続きます!
 


<スポンサーリンク>

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • のら
    • 2016年 4月 15日

    2015年末のインタビューが、全て本当のことを語っているとは思えないのですが…なぜ筆者さんは監禁は作り話と確信しているのか、その根拠が先日の監禁事件なのかが疑問です。まぁ、今日のVTRでも、事務所側はなぜ自宅マンションに乗り込まないのか、電話で助けを求めれば…?とか不思議な点はありましたけどね。

      • aoi-sea
      • 2016年 4月 15日

      のらさん、コメントいただきありがとうございます。

      私は監禁が作り話だとは言っておりません。
      物理的に拘束されていたせいで
      新人音楽祭に出席できなかったわけではないという見解です。

      それには、以下の理由があります。

      「もし本当に監禁が理由でイベントを欠席せざるを得なかったのなら・・・」

      ・なぜ2015年末に自身のマイナスイメージにしかならない嘘をつく必要があったのか解せない
      ・20年来続くDV加害者への恐怖が原因ならば、この4ヶ月で解消するようなものではない

      と考えたからです。

      以上に加え、関連記事をご覧いただくとお分かりいただけるかとおもうのですが、
      私はこの番組で扱われるネタを複数回にわたって調べております。

      実際に起こったように番組が構成されることは今までの経験でほとんどなかったからです。

      ソースとなる情報には新聞やニュースサイトなど
      信憑性が高いものももちろんありますが、
      物事はどの角度からスポットを当てるかによって
      いかようにも演出可能であるということを知りました。

      もちろん、DV被害に遭われたこと自体を嘘だと言っているわけではありませんし、
      DVは決して許されないことだと思っています。

    • とむ
    • 2016年 4月 15日

    憶測ですけど、元彼が亡くなったとか逮捕されたとか、もう二度と彼女に近づけない状況とわかったから、
    今頃告白したのでは?
    それなら辻褄あいますね。

    失礼ながら、芸能人でありながらあの老けっぷりは驚愕ものです(50代かとおもいました、周りの彼女と同世代の一般人はもっと若いです)
    余程苦労されたのではないかと察します。

      • aoi-sea
      • 2016年 4月 15日

      とむさん、コメントいただきありがとうございます。

      そうですね、その可能性もあるかもしれません。

      でも、20年たっても消えない恐怖や洗脳は
      きっと一生とけないと思いますよ。

      確かに年齢以上に見えますね・・・

    • もー
    • 2016年 4月 17日

    本当に監禁の過去があって、それがトラウマになっているのだとしたら
    あの時代の話をすることを避けると思います、
    事務所的にNGな話題としてインタビューで触れないようにと
    それが去年の暮れに「ダラダラしてすっぽかしちゃった」と
    告白しているワケで、そこがもし本当に監禁だったら疑問過ぎです。

    あの番組は以前から大げさに煽ることで有名な番組です。
    もう衝撃的な芸能人もいなくなっているからかもしれませんが
    「行方不明だったのを探し出したら、現在リハビリ中で生活に困窮していた」
    元キレンジャーの人を扱った事もありますが、
    キレンジャーを演じていただるま二郎さんはしょっちゅう関連イベントに出演していて
    連絡付かないと言っていたけど、数年前からTwitterやFacebookやっていたし
    ゴレンジャーのメンバーと番組終了から30数年ぶりに集結と煽っていたけど
    数年前のイベントで全員揃っていますから

    門倉有希さんの場合、「監禁・洗脳」でテレビ局的に話題に乗れるのと
    門倉有希さん側としては3月16日に新曲リリースのタイミングですからねえ
    3月27日に埼玉の女子中学生が2年ぶりに監禁から逃げて….
    二週間後に放送ってことは、事件から一週間で都合良く番組が
    そんな事件を知ったという感じでは無く、門倉側からアプローチしたんでしょうね

    この先、門倉さんがこの話題を他の番組や雑誌なんかで語る事があるかどうかですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る