わたしを離さないでネタバレ6話感想 真美の遺言”幸せになって”を7話で恭子と友彦は果たせる?猶予の真相にいよいよ迫る

Pocket

綾瀬はるかさん主演ドラマ「わたしを離さないで」第6話ラストまでのネタバレと

感想をまとめてみました!

 

ドラマ「わたしを離さないで」第5話にて突如浮上した陽光学園の噂。

それが「陽光出身者で、真に愛し合っていることが証明できた者たちは

提供が始まるまで、3年間自由に過ごせる“猶予”を得ることが出来る」というもの。

 

また時を同じくして龍子から友彦に送られた手紙。

そこには、陽光には生徒たちを守る特別な計画があると綴られていて、

友彦に今からでも遅くないからと

絵を描き始めることを強く勧める内容であったことから、

友彦は特別な猶予が確かに実在し、それは絵画にて判断されるものであると確信します。

 

友彦が特別な猶予を受ける相手として選んだのは

美和ではなく恭子でした。

 

ドラマ「わたしを離さないで」第6話で

そのことを告げられた美和の動向、

そして友彦と恭子が本当に猶予を得ることができるのかという点に注目が集まります!

 

ドラマ「わたしを離さないで」第6話ラストまでのネタバレと感想をまとめるとともに、

第6話以降の展開も考えてみました!

 

※ドラマ「わたしを離さないで」第6話のラストまでを完全にネタバレしています。

ドラマ「わたしを離さないで」第6話をまだ観ていない方はご注意ください!

 

ドラマ「わたしを離さないで」各話のネタバレ・原作の結末までのネタバレが知りたい方はこちら
 
 


<スポンサーリンク>

 
 

ドラマ「わたしを離さないで」第6話ネタバレのまえに”失くしたものが見つかる場所”ロケ地をチェック

ドラマ「わたしを離さないで」第5話にて、

美和のルーツ探しに出かけたコテージブラウンの住人たち。

 

ドラマの設定では、

譲二が介護実習に訪れた町”いまさこ”という名前で登場しました。

 

ドラマ「わたしを離さないで」第5話のロケが行われたのは

茨城県ひたちなか市勝田中央。

恭子たち6人が美和のルーツを探して歩いていた道は

勝田駅前の歩道だということです。

 

スクリーンショット 2016-02-19 16.40.25

出典:ドラマ「わたしを離さないで」HP

スクリーンショット 2016-02-19 16.38.53

 

その後、友彦が付近の地図を片手に、

陽光の授業で聞いた海流の関係で

様々なものが流れ着くのぞみが崎を見つけたと嬉しそうに恭子たちに告げたのが

道の駅かつらの駐車場です。

スクリーンショット 2016-02-19 16.43.44

出典:じゃらん

スクリーンショット 2016-02-19 16.09.17

ドラマ「わたしを離さないで」HP

ここから、美和たちは別行動になり、

友彦と恭子2人はのぞみが崎に電車で向かいます。

 

のぞみが崎は茨城県ひたちなか市の大洗海岸。

大友康平さん演じる店主が営むリサイクルショップは

大洗海岸から車で25分のところにある古着屋本舗水戸本店です。

 

スクリーンショット 2016-02-19 16.46.37

スクリーンショット 2016-02-19 16.47.33

出典:ドラマ「わたしを離さないで」HP

CDを見つけた友彦は恭子にプレゼント。

恭子たちが帰りの電車に乗った駅はひたちなか海浜鉄道の殿山駅でした。

 

スクリーンショット 2016-02-19 17.05.53

またリサイクルショップからえらい歩きましたね・・・

 

失くしたものがみつかるかも・・・という夢を

恭子の前で実際に叶えて見せた友彦。

友彦は夢は叶おうが叶うまいが持つことに意味があると恭子に語りました。

スクリーンショット 2016-02-19 17.08.56

出典:ドラマ「わたしを離さないで」HP

一方、恭子は叶わない可能性が高い夢なんか見ないという現実主義者ですね。

 

期待を裏切られ続け、やがて期待することをやめてしまった恭子にとって、

自分と同じ境遇にありながら、

夢をあきらめない友彦を目の当たりにし、

恭子から友彦が好きという気持ちと涙が同時にあふれた瞬間が印象的なシーンでした。

 

殿山駅のベンチで

自分にとっての夢は何なのか、

思いをめぐらせてみるのも素敵です。

 

それでは、

ドラマ「わたしを離さないで」第6話ネタバレ&感想、スタートです!

※ロケ地出典:ロケ地ガイド
 

ドラマ「わたしを離さないで」第6話ネタバレ&感想〜恭子と友彦の秘密〜

現在、とある橋の上。

タバコに火をつけ、花と共に路上に供える保科恭子(綾瀬はるか)と珠世(馬場園梓)。

 

命日でもないのにどうしたの?と問う恭子に、

「提供が始まる前に真実(中井ノエミ)に会っておきたくって」

と笑う珠世。

 

恭子は真美に与えられた宿題、幸せになることを未だ果たせていないと語り、

「真美はしあわせだったのかな」と真美の悲惨な最期に思いを馳せた。

 

 

のぞみが崎からの帰りの車中。

目を覚ました酒井美和(水川あさみ)がのぞみが崎はどうだったかと問う。

 

ゴミが流れ着いているだけだった、

CDも見つけることができなかったと恭子は嘘をついた。

 

コテージ。

夜中、土井友彦(三浦春馬)がメモ帳を取り出し、

そっと上着のポケットに入れたのを美和は見ていた。

 

翌朝。

友彦が昨日の件について何も言ってこなかったことから、

恭子は友彦が昨日のことをなかったことにしたいのだと受け止めた。

 

その夜。

真美のコテージのメンバーが警察から追われ、逃亡途中に警官を殺害してしまった。

このことが明るみに出れば、即時解体だと真美たちメンバーは取り乱す。
 
 


<スポンサーリンク>

 
 

ドラマ「わたしを離さないで」第6話ネタバレ&感想〜真美の突然の訪問〜

友彦からもらったCDを聞いていた恭子。

美和が恭子の部屋を訪れ、

最近友彦に避けられているのではないかと打ち明ける。

スクリーンショット 2016-02-19 15.43.36
ドラマ「わたしを離さないで」HP

 

美和が友彦に感情をぶつけすぎるのではないかという恭子に、

美和は友彦のことをよくわかっているんだねと言った。

 

そこへ、金井あぐり(白羽ゆり)が美和を訪ねてくる。

陽光の猶予の噂について、

陽光出身者以外にも受ける権利があるのか、

早く陽光に問い合わせてほしいと訴える。

 

あぐりが出て行ったあと、

美和はそんなことあるわけないのに・・・とバカにした。

 

恭子は美和に秘密を持ったことに罪悪感を感じながらも、興奮していた。

そんな恭子の元を突然真美が訪れる。

 

「真美、何かあったの?」

「別に。恭子の顔見たかっただけ」

 

恭子が真美たちの運動について尋ねると、

真美はうまくいっていると答える。

 

「あのモンスターとはうまくいってるの?何かやられてるの?」

心配する真美に恭子は猶予の噂を聞いたことがあるかと切り出した。

 

真美は心当たりがない様子。

恭子は龍子からの手紙の内容、

陽光には生徒たちを守る制度があり、

今すぐにでも絵を描き陽光に持っていくよう書いてあったことを聞かせる。

 

真美は陽光の生徒が他の提供者よりも圧倒的に寿命が長いことから、

猶予はあり得る話だと語った。

 

美和が友彦と付き合っているのは、

恭子へのあてつけだという真美の言葉にショックを隠せない恭子。

恭子に勝っているということだけが美和の生きがいだという真美は続ける。

 

その頃、友彦は納屋の中でメモ帳を取り出し、

何かを熱心に書いている。

その様子を美和が怪訝な顔をして物陰から伺っていた。

 
ドラマ「わたしを離さないで」第6話ネタバレ&感想、次ページに続きます!
 
 


<スポンサーリンク>

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る