2019夏のドラマのあらすじまとめてます

わたしを離さないでネタバレ4話&感想 恭子が浩介と寝た理由が深い!5話で陽光学苑の秘密がついに明るみに?


綾瀬はるかさん主演ドラマ「わたしを離さないで」第4話ラストまでのネタバレと

感想をまとめてみました!

 

今期スタートした新ドラマの中でも

視聴率という点で苦戦しているドラマ「わたしを離さないで」。

 

ドラマ「わたしを離さないで」の視聴率は

第1回6.2%→第2回6.2%→第3回7.7%と決して好調とは言えません。

 

第3話はドラマ第1章完結回ということで若干持ち直した点を考えると、

ドラマ第2章がスタートする第4話の視聴率にも期待できるでしょうか?!

 

さて、恭子たちが陽光学苑を卒業し、

「わたしを離さないで」第3話にてドラマ第1章が完結しました。

 

第3話での大きな展開は大きく2つ。

人の者を奪うことで心を満たそうとする美和によって、

恭子の大切な存在だった友彦が奪われてしまった展開、

恭子が傷つく様子を見ることでさらに心を満たそうとする美和の案によって

恭子は美和や友彦と同じコテージ”ブラウン”で暮らすことになった展開です。

 

新たな登場人物としてコテージの先輩住人たちが加わり、

陽光学苑で知らされていなかったある情報を恭子は耳にすることになりますが・・・

 

ドラマ「わたしを離さないで」第4話ラストまでのネタバレと感想をまとめるとともに、

第5話以降の展開も考えてみました!

 

※ドラマ「わたしを離さないで」第4話のラストまでを完全にネタバレしています。

ドラマ「わたしを離さないで」第4話をまだ観ていない方はご注意ください!
 
 

AD

 
 

ドラマ「わたしを離さないで」第4話ネタバレ&感想の前に視聴率のお話を少しだけ!

スクリーンショット 2016-02-05 16.28.17
出典:ドラマ「わたしを離さないで」HP

ドラマ「わたしを離さないで」が視聴率という点で

苦戦していることには少し触れましたが、実は至って自然なこと。

 

なぜなら高視聴率を出すドラマにはある法則があり、

「わたしを離さないで」はその法則にマッチしていないからです。

AD

 

日本のドラマで高視聴率をとるものにはある一定の法則があると言われています。

それが以下のような特徴を持ったドラマです。

 

正義が悪を成敗するドラマ「HERO」「半沢直樹」

サクセスストーリー「下町ロケット」

刑事系・犯罪系ドラマ「相棒」「スペシャリスト」

医療現場系ドラマ「白い巨塔」

 

これはいわば昨今の流行みたいなもの。

一昔前は人気俳優や女優によるラブストーリーで高視聴率がとれた時代もありましたね。

 

世相を反映しているのか、

最近は立場的に弱い人が強い人をやっつけるなど、

AD

観ていて、胸がスカッとするようなドラマが

視聴者に好まれる流れがあることは間違いないようです。

 

今期のドラマの中でも、

刑事系・犯罪系ドラマ・医療現場系ドラマに分類される

「スペシャリスト」「ヒガンバナ」「フラジャイル」「怪盗山猫」「火村英男の推理」

の視聴率はわりと安定しています。

 

なかでも立場的に強い人が主人公ではない

「スペシャリスト」「怪盗山猫」は特に視聴率をとっていますね。
 

AD

ドラマにおいての視聴率の推移は大きく騒がれる傾向にありますが、

実は以上のような条件を満たしていない、

いわゆる万人受けしない・繊細なテーマのドラマの視聴率が高くないのは当たり前。

 
視聴率がとれるドラマは総じて”わかりやすい”という特徴があり、

小学生が観てもある程度、流れがわかるようなストーリーであることが多いものです。
 

視聴率が悪い=面白くないドラマとは限らないんですね。

視聴率が悪い、万人受けしないドラマは

AD

素晴らしいテーマの描写に挑戦していることも多く、

視聴率がイマイチだったドラマが賞を獲ったりすることが多いのにはこういうわけがあります。

 

この視聴率に関するトピックは

ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の

ネタバレ&感想でも少し触れているのですが、

 

あえて視聴率がとりにくいテーマに挑戦している

「わたしを離さないで」と「いつ恋」を

個人的に観続けたいと感じるのにはこういった理由があるのです・・・

 

前置きが長くなってしまいましたが、

ドラマ「わたしを離さないで」第4話ネタバレ&感想スタートです!

 

ドラマ「わたしを離さないで」第4話ネタバレ&感想〜介護人か提供か〜

AD

現在。

介護人をしている保科恭子(綾瀬はるか)のもとに

酒井美和(水川あさみ)が入所している施設から連絡が入った。

 

外階段から足を踏み外して怪我をしたという美和。

美和の寝顔を見ながら、

美和が自分を呼ぶためにわざと怪我を負ったのだということに恭子は気づいていた。

 

コテージについた恭子と美和、土井友彦(三浦春馬)。

コテージでは複数の男女がすでに共同生活を営んでいた。

 

すでにいくつかのカップルができていてその生活は乱れ、

室内も随分散らかっている。

 

コテージの管理人・峰岸(梶原善)はそんなコテージの住人を

「昼間からサカっている」と揶揄するのだった。

 

介護人が何なのか知らされていなかった恭子たちに

譲二(阿部進之介)が介護人についての説明をしてくれた。

スクリーンショット 2016-02-05 16.21.04
出典:ドラマ「わたしを離さないで」HP

他の人間に臓器を提供し、

体力が落ち通常の生活を送ることが難しくなった提供者を介護するのが介護人の仕事。

 

もうじき介護人になるための研修が始まるという。

「介護人になることを拒否することはできるのか」と問う友彦に、

「介護人になることを拒否すれば、

優先的に提供に回されるだけだ」と桃(松岡恵望子)が説明した。
 
 


 
 

ドラマ「わたしを離さないで」第4話ネタバレ&感想〜恭子を追い詰める美和〜

AD

介護人になるしか道はないということを知らされていなかった

恭子や美和、友彦の落胆は激しい・・・

 

「もっとちゃんと慰めてって言ってるの。

私のこと好きなんでしょ?」

美和は友彦に関係を迫ったのだった。

 

友彦の部屋を訪ねた恭子はドアの前で2人が今何をしているのか、

感づいてしまい、ショックで廊下に座り込んでしまう。

 

翌朝。

あからさまにキスマークを恭子に見せつけ、その反応を伺う美和。

顔色が悪い恭子をコテージのリーダー・立花浩介(井上芳雄)が気遣う。

 

朝食。

恭子がつくった朝食が美味しい、

料理人になれるんじゃないか、と絶賛するコテージの住人に、

希望を持たすようなことは言わないでくれと言う恭子。

 

突然、水族館やガソリンスタンドで働いているという

仲間の話を聞いたことがあるとはしゃぐ美和。

しかし、それはいつもの嘘。

 

その後、恭子を呼び出した美和。

美和は恭子にもう料理はしないほうがいいと忠告する。

 

恭子の料理の評判が良かったことで

あぐりが機嫌を損ねている言う美和の話にまたいつもの嘘か…という顔の恭子。

 

浩介は友彦がいつも恭子のことを目で追いかけていることを指摘。

そんな友彦の態度が恭子と美和の関係を悪くしている、と。

 

次ページの

ドラマ「わたしを離さないで」第4話ネタバレ&感想に続きます!
 
 


 
 

2 COMMENTS

aoi-sea

山内さん

やってしまいました・・・

ご指摘いただきありがとうございます!
訂正させていただきました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です