2019春のドラマのあらすじまとめてます

ナオミとカナコ原作ネタバレ結末 完全犯罪?逮捕?ナオミとカナコが迎える結末が意味深?結末の先は誰もわからず…


ドラマ「ナオミとカナコ」の原作を結末までネタバレしていきます!

 

新ドラマ「ナオミとカナコ」の原作は奥田英朗氏著の小説「ナオミとカナコ」。

 

親友通しのナオミとカナコがDV夫の殺害を企て遂行、

完全犯罪だったはずの犯行のほころびが徐々に大きくなり、

やがてナオミとカナコが追い詰められていく様子が

奥田英朗氏のスピード感あふれる文体でスリル満点に描かれます。

 

新ドラマ「ナオミとカナコ」の原作の結末までをネタバレしていくとともに、

原作小説「ナオミとカナコ」の意味深な結末に関する感想などをまとめてみました!
 

追記:林竜輝が日本に再び日本に戻ってくる部分のネタバレを追記しました
 

※原作小説「ナオミとカナコ」の結末までをネタバレしています。

ドラマ「ナオミとカナコ」の結末のネタバレに直結する可能性がありますので

ご注意くださいね!
 
 


 
 

原作小説「ナオミとカナコ」結末までのネタバレ 〜再会した親友カナコは地獄に…〜

葵百貨店で勤務する小田直美(広末涼子)。

百貨店の得意先相手に商品を販売する外商部に所属している。

スクリーンショット 2016-01-13 11.42.08

出典:ドラマ「ナオミとカナコ」HP

 

忙しい日々を送っていた直美は大学時代の親友・加奈子(内田有紀)と再会。

スクリーンショット 2016-01-13 11.42.19

出典:ドラマ「ナオミとカナコ」HP

はっきりとした性格の直美とおっとりとした性格の加奈子は

性格こそ正反対だったが、

大学時代に知り合ってすぐに仲良くなった。

 

加奈子は大学卒業後、数年の務めを経て寿退社。

AD

銀行員の夫・服部達郎(佐藤隆太)と結婚し、

専業主婦として優雅で幸せな日々を送っているように直美には見えたのだったが・・・

 

エリート銀行員で物腰もスマートな達郎は誰が見ても理想の夫。

しかし、加奈子は達郎に猛烈な家庭内暴力を受け、

誰にも相談できずに怯える毎日を送っていたのだった。

AD

 

加奈子の傷から達郎のDVに気づいた直美は加奈子に離婚を勧めるが、

夫の支配下にある加奈子は恐怖にとらわれ身動きが取れない様子。

 

直美は父親が母親に暴力を振るっている様子を見て育った。

DVがどんなに凄まじく悲惨で、

そして断ち切り難いものであるのかを直美は知っていたのだった。
 
 


 
 

原作小説「ナオミとカナコ」結末までのネタバレ 〜夫の殺害計画、そして実行〜

AD

なんとかしなければ・・・

そんなある日、直美が働く百貨店で華僑の顧客相手に商談会が開かれた。

その際に展示品の高額腕時計を盗難したのが、

中国人の女社長・李朱美(高畑淳子)。

スクリーンショット 2016-01-13 12.12.33

出典:ドラマ「ナオミとカナコ」HP

AD

朱美を追って訪れた中華街で

加奈子の夫・達郎に瓜二つの中国人密航者・林竜輝(佐藤隆太/二役)を見かけた直美は

林を替え玉に使い達郎を殺害する計画を思いついたのだった。

 

直美は加奈子に達郎殺害を持ちかけた。

「いっそ2人で殺そうか?アンタのダンナ・・・」

 

直美と加奈子で達郎を殺害し、山中に遺棄する。

その後、中国人密航者の林に達郎のパスポートをつかい、

中国へ出国してもらう。

AD

 

銀行員である達郎が銀行の金を横領し、国外逃亡したというシナリオだ。

 

手始めに、

直美の顧客である資産家女性を達郎に紹介し、口座を開設。

その後、直美はPCを操作し、

資産家女性の口座から1000万円を加奈子の口座に振り込んだ。

 

これで達郎が顧客の金を妻の口座に移し、横領したことに見せる。

 

その後、林に加奈子の口座から報酬200万円を引き出させ、

AD

故郷に帰り、2度と日本へは戻ってこないことを約束させたのだった。

 

完全犯罪への準備が全て整ったある金曜の晩。

酔いつぶれた達郎を絞殺した直美と加奈子は遺体を運び出し山中に遺棄した。

 

達郎になりすました林が出国し、

月曜日、顧客の金を横領した達郎は出社しない・・・

 

完全犯罪が成立するはずだった。

 

次ページ、原作小説「ナオミとカナコ」の結末までのネタバレに続きます!
 
 


 
 

22 COMMENTS

aoi-sea

ゆうなさん

ご指摘いただきありがとうございます!
早速訂正させていただきました。

返信する
ゆうな

早速の訂正、ありがとうございます。

嫌がらせのようにいくつも指摘してすみません。

後半も、楽しみにしています!

返信する
aoi-sea

ゆうなさん

丁寧に読んでいただき、感謝しています。
本当にありがとうございました!

返信する
ゆうなってw

みんな自分の頭で再会に変換して読むよねぇ。揚げ足取る人ってなんなんだろうw

返信する
aoi-sea

ゆうなってwさん

コメントいただきありがとうございます!

再開→再会の件はこの記事以外でもご指摘いただいてまして・・・

PC変換の関係で見落としてしまっているようで、
お恥ずかしい限りです。

返信する
aoi-sea

みてるんさん

でしたね・・・
今度こそ、訂正いたしました。

ありがとうございました!

返信する
ひろくん

やっぱり最後もやもやした感じが残りますが、視聴者の思いを尊重しつつ、法律に触れない方法を考えたらあれが関の山なんかな?

返信する
aoi-sea

ひろくんさん

コメントいただきありがとうございます!

たしかにスッキリとはいかないですね。
ドラマではなく、映画などだったら上海に逃げた末に出産し、
幸せに暮らしているところまで描けたのかな?とも思います。

スポンサーとの兼ね合いで、犯罪者が幸せになる結末は難しかったかもです。

返信する
まみ

わかりやすくて読みやすい記事でした

誤字脱字、誤変換なんてよくあることだし
読んでる方は脳内変換して読んでるので
神経質な指摘が不快です〜
記事、楽しく拝見いたしました

返信する
aoi-sea

まみさん

コメントいただきありがとうございます!

そして、読んでいただき、ありがとうございます!

ドラマをオンタイムで観ながら書いていることもあり、
誤字脱字は本当に多くて、自分でもお恥ずかしいです・・・

新ドラマの方も書いていきますんで、また気になるドラマがありましたら
覗いてやってくださいね(^^)

返信する
あや

ドラマで、最後に吉田羊が微笑んだのを見逃したのかな?明らかに捕まった下りでしょ

返信する
aoi-sea

あやさん

コメントいただきありがとうございます!

>最後に吉田羊が微笑んだ
この顔ですよね??

スクリーンショット 2016-03-19 23.41.44

私には笑っているようには見えませんでした。
半泣きのような、放心状態のような、そんな顔に見えたのですが・・・

こんなふうに結末について世間が盛り上がることも
計算して作られてますよね、きっと。

返信する
よこ

あの吉田洋の顔はホッとした後に微笑みかけて終わる感じでしたねーー。やっぱどっちにしてもはっきりしなくてモヤっとですね

返信する
aoi-sea

よこさん

コメントいただきありがとうございます。

ホッとしている=放心
半泣き=微笑み

どういう風にもとれる微妙な表情です。
微笑んでいるようにも見えてきました・・・

う〜〜ん、台本にはあの表情に関して
どんな記述があったのかとても気になります!

返信する
キシリ透

現実的には、仮に中国に逃げられても時効は停止されて、連日ワイドショーで騒ぎまくられて顔も流される。
中国当局に捜査依頼された挙げ句に不法残留になり、怯えた生活を送らなければならないっていうことになっちゃいます。決してハッピーエンドではありません。

返信する
aoi-sea

キシリ透さん、コメントいただきありがとうございます。

現実派ですね!

確かに直美と加奈子が乗った飛行機が仮に離陸に成功したとしても、
あちらの空港で降りてきた瞬間拘束されるでしょうね・・・

林が上海直行便ではないチケットを渡していて、
結局どこに行ったのかわからないということにはなりませんかね^^;

返信する
みゆき

あたしも そう考えました。
行き先の違うチケットを渡された?
だって 警官が走ってて角を曲がりました
よね? その先に あの二人がいるはず
なのに 映ってなかったから…。
この モヤモヤ感… どうにかして!
完結編 出してくださーい(T ^ T)

返信する
aoi-sea

みゆきさん

コメントいただきありがとうございます。

おそらく李社長が林にわざわざ新しいチケットを持って行かせたのは
陽子の存在が想像以上に危険で、成田→上海に乗ることができないかも・・・
ということを恐れたからではないでしょうか?

だとしたら、羽田発上海の直行便以外のものをて配している可能性は
十分あるような気がします・・・

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です