オコエ瑠偉 関東一 東村山六中学時代が意外!「体育は2 打撃はゴルフ部で学んだ」オコエ瑠偉の球歴とは

Pocket

第97回全国高校野球選手権が始まり、

連日甲子園では熱い戦いが繰り広げられていますね!

 

今回は関東第一のオコエ瑠偉外野手にスポットを当ててみたいと思います。

 

地方大会開催中から注目度が急上昇している

関東第一のオコエ瑠偉外野手の出身中学である東村山六中時代のエピソードや

東村山シニア時代を含むオコエ瑠偉外野手の球歴や成績についてご紹介します。

追記:2回戦 対富岡商戦(12-10)成績 追加しました

追記:3回戦 対中京大中京戦(1-0)成績 追加しました
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

関東第一・オコエ瑠偉外野手の小学生時代 東村山シニア時代以前は捕手だった!「足が速すぎて鬼ごっこに入れてもらえなかった」

 

ナイジェリア人の父親と日本人の母親の間に生まれたオコエ瑠偉外野手。  

 

オコエ瑠偉外野手の名前の由来が、

サッカー好きな父親がラモス瑠偉氏からとったものであることは有名ですよね。  

 

父親の意に反して、小学生になったオコエ瑠偉外野手が始めたのは野球でした。

 

小学生時代は東村山ドリームスに在籍し、主に捕手を務めました。  

 

プロ野球12球団が毎年開催している「NPB12球団ジュニアトーナメント」。

トーナメントには各球団が小学5・6年生を中心に編成したチームが出場します。  

 

小学6年生で、オコエ瑠偉外野手は読売ジャイアンツジュニアのメンバーに選ばれます。

 

東京都軟式野球連盟から推薦を受けた選手などのなかから

読売巨人軍OBが厳正な審査をして決定するそうです。  

 

読売ジャイアンツメンバーに選ばれたことをきっかけに、

オコエ瑠偉外野手は捕手から外野手に転向したということです。  

 

小学生時代からその類い稀な身体能力は際立っていたそうで、

特に足の速さはそのころから同級生の群を抜いていたとのこと。  

 

オコエ瑠偉外野手があまりに足が速いことから、

鬼ごっこをする際には仲間に入れてもらえなかったというエピソードが…  

 

鬼になればすぐ捕まり、そうでなければ誰もオコエ瑠偉外野手を捕まえられない

という理由からであることは想像できますよね。  

 

またそのころから身体の大きさもまわりの同級生と比べると、

ずば抜けた体格だったオコエ瑠偉外野手。  

 

かくれんぼでは物陰からはみ出す大きな身体が原因ですぐ見つかってしまい、

オコエ類外外野手がいるときに友人間で提案される遊びは、

常にかくれんぼだったという微笑ましいエピソードもありました。
 
   

【スポンサーリンク】

 
 

関東第一 オコエ瑠偉選手の東村山第六中学時代と東村山シニア時代 「態度が悪くて体育はいつも2」

小学6年生のときには読売ジャイアンツジュニアの

2009年メンバーとして活躍したオコエ瑠偉外野手。

 

小学校を卒業し、東村山市立東村山第六中学に進学します。  

 

中学校進学と同時に、

広島、巨人で活躍した江藤智氏らを生んだ名門・東村山シニアに入り、

外野手としての腕を磨くとともに、走打含め才能が開花していきます。  

 

しかし、オコエ瑠偉外野手が中学2年生の時、

引退をも考えるほどの大きな病に苦しむことになってしまうのです…  

 

その病の名は「大腿骨頭すべり症」。

 

あまり聞きなれない病名ですが、

簡単に説明すると太ももの骨と骨盤を繋いでる部分が外れてしまう病気です。  

 

主に成長期の過体重児に起きやすいとされている病気で、

外れた部分で血液が止まることから最悪壊死してしまうこともある重病なのです。  

 

オコエ瑠偉外野手は成長があまりにも急激なものだったため、

骨がそのスピードについていけず、負担になっていたのかもしれませんね。  

 

大腿骨頭すべり症の治療は骨のズレを修正し、

金属製のピンで動かないように固定する手術になります。  

 

2ヶ月ほど全く動かせない状態からのリハビリを乗り越え、

オコエ瑠偉外野手は再びグラウンドに戻ってきたのでした。  

 

オコエ瑠偉外野手は東村山シニアでの野球の他に、

東村山六中ではゴルフ部に在籍し、ゴルフもやっていたそうです。  

 

現在話題のセンターを中心に弾きかえすような打撃は、

東村山六中時代のゴルフ部での経験を生かしたものだそう。  

 

ゴルフで、ボールの回転が打球の方向や飛距離に大きく影響することを学んだオコエ瑠偉外野手。  

 

そのことから、普段からバッタボックスでは、

きれいなバックスピンンのかかった打球を打つことを心がけているそうです。  

 

センター前ヒットを2塁打にしてしまう驚きの身体能力を持つオコエ瑠偉外野手ですが、

意外にも中学時代の体育の成績は5段階評価中一定して「2」の評価。  

 

「態度が悪かったので」と本人が認めるように、

「2」評価の理由はオコエ瑠偉外野手の授業態度にあったようです。  

 

しかし、あれほどの運動能力で体育が「2」とは、

相当態度が悪かったんですねぇ。

真剣に体育の授業に参加していなかったのかもしれませんね。

 

中学生と言えば、思春期真っ只中ですしそういうこともありますよね。     
 

【スポンサーリンク】

  

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る