広島県廿日市市女子高生殺人事件 犯人との接点・女子高生の裏の顔とは

Pocket

2015年6月12日(金)よる9時から放送の

金曜プレミアム「最強FBI緊急捜査SP日本未解決事件完全プロファイル」の中で、

2004年10月5日に広島県廿日市市(はつかいちし)で起きた女子高生殺人事件が取り上げられます。

 

午後3時というまだ明るい時間に、被害者自宅で起きたこの事件、

当時自宅にいた被害者の妹・祖母がともに犯人の顔を目撃したうえ、

現場に多くの犯人の遺留品があったにもかかわらず、

10年以上が経過した今もなお犯人は逮捕されていません。

 

今回、金曜プレミアムではアメリカより来日した元FBIの特別捜査官が、

犯人特定の手掛かりとなる、被害者の父さえも知らなかった

被害者である女子高生の裏の顔をつかむとのことですが、

それはいったいどんなものなのでしょうか?

 

広島県廿日市市女子高生殺人事件の概要と、

父親のもとに今もなお寄せられる犯人に関する情報、

そして犯人と被害者の女子高生の接点につながるであろう女子高生の裏の顔について調べてみました。

 

広島県廿日市市女子高生殺人事件の概要と犯人の特徴まとめ

事件が起こったのは、今から10年以上前のことになってしまいました。

2004年10月5日、午後3時のことです。

広島県廿日市市上平良で白昼堂々、事件は起こりました。

 

被害者となったのは北口聡美さん(当時17歳)。

通っていた高校から帰宅し、自室で仮眠をとっていたところ、

侵入してきた犯人に襲われました。

 

北口聡美さんの自宅は母屋離れに分かれており、

事件後の調べで、犯人は聡美さんの自室がある離れの2階に

迷うことなくまっすぐ向かっていることが分かりました。

 

 

事件当時、自宅には北口聡美さんの妹(当時小学6年生)と祖母がおり、

襲われた北口聡美さんの悲鳴を聞きつけ駆けつけたところ、犯人と鉢合わせしています。

 

北口聡美さんが、自室に侵入してきた犯人から逃れようと、

自室を飛び出し階段を駆け下りたところでそれを追ってきた犯人に追いつかれ、

ちょうど離れの玄関先で刺されてしまったところでした。

 

その場で犯人は北口聡美さんの祖母にも襲い掛かります。

その間に北口聡美さんの妹は自宅から30mほど離れた近所の園芸店に助けを求めたとのことです。

 

犯人はそのまま逃走し、重体に陥った北口聡美さんとその祖母は緊急搬送されます。

祖母は一命を取り留めましたが、

北口聡美さんは帰らぬ人となってしまったのです…

 

犯人と鉢合わせた北口聡美さんの妹と祖母の供述によると、

北口聡美さんを襲った犯人には以下のような特徴がありました。

 

年齢:20歳くらい
身長:165cmくらい
体格:がっちり型
特徴:目が細い、頬にニキビ様の跡
髪型:当時は髪を立たせており、若干茶髪

 

また犯人が現場に残した遺留品から以下のことが分かっています。

 

靴:DUNLOP製運動靴(約26~27センチ)

DNA:被害者の爪から検出

 

以上のことが判明している点から、解決は時間の問題と思われていた

広島県廿日市市女子高生殺人事件ですが、

意外にもその捜査は難航を極めます。

 

事件後に開設した北口聡美さんの父親のブログには犯人に関する情報が

寄せられており、以下のようなものがあったとのことです。(以下抜粋)

① 「赤いスバル ワンボックス」
 平成16年10月5日 午後3時頃、北口様宅前を通過。
 後方よりこの車両が右、左と異常な運転をして
 3つ目の信号で前車が止まっているので止む無く停車していたのを目撃。
 信号が変わると再び猛スピードで発進し
 視界から消えたが、四季が丘西の信号で2車目で信号待ち。
 青になり佐伯町方面に同じく猛スピードで逃走するように感じた。
 運転手は短髪で若い男性でした。

② 2004年10月5日直後に若い男性と一緒に母親(当時40~45歳くらい?)
 と中学~高校一年くらいの娘さん(黒髪)が
 貴方のそばから急に居なくなった事がありませんか?
 10月5日以降ずっと居ないか?一時期かもしれません。
 若い男性の友人を含めて男2人、女2人の4人で行動してたかも?

③ こんな情報も頂きました。
 年齢は当時25歳前後で、小心者。そして友達も殆ど居ないタイプの若者
 当時、我家から車で5分以内の場所に住んでいた。
 (家族と一緒かアパートに一人暮らしか?は不明です)
 ダンロップの靴ですからオシャレに興味が無いか、車にお金をかけていた若者かも知れません。
 その車も犯行後は処分したと思います。
 髪型もすぐに変えて坊主(スポーツ刈り)のようなイメージ。

 

その後も続く捜査の中で、警察が捜査の為、

一時的に預かっていた携帯電話を含む被害者の遺品から新たな事実が浮かび上がります。

 

広島県廿日市市女子高生殺人事件の被害者の携帯電話から浮かび上がった「こうすけくん」「なおくん」とは誰なのか?

広島県廿日市市女子高生殺人事件の被害者・北口聡美さんの携帯電話の記録から浮かび上がったもの、

それが「こうすけくん」「なおくん」という2人の男性の名前です。

 

警察が北口聡美さんの携帯電話の記録にある人物の身元調査を行った結果、

この2人だけが身元の確認がとれなかったのです。

 

このことを受け、警察は北口聡美さんの行動範囲交友関係において、

この2人の男性の存在を調べますが、手掛かりは見つからなかったそうです。

 

被害者の北口聡美さんの行動範囲は、

家族・友人が知る限り学校自宅周辺ととても狭いもので、

それらの周辺にひっかかるようなポイントは見受けられません。

 

わざわざ家族が在宅中の自宅を選んで犯行に及んでいる点、

北口聡美さんの離れにある自室まで、迷うことなく到達している点、

家族に目撃されてもなお手を止めない点などから考えて、

 

誰でも良かったというような通り魔的な犯行であるとはとても思えず、

明らかに北口聡美さん個人を、強い恨みから狙った事件であることは明白です。

 

となると、なくてはならないのが、北口聡美さんと犯人の男の接点です。

 

一般的には、ある程度の深さの付き合いがなければ、

殺意が芽生えるほどの恨みが生まれる可能性は低いと思われます。

 

ある程度の付き合いがあれば周囲の知るところとなることは自然ですし、

もし北口聡美さんの周囲の人物が誰も知らないと言う場合、

考えられるのは2つの可能性です。

 

1つ目の可能性は、

北口聡美さんの家族・友人が把握している北口聡美さんの行動範囲、

学校・塾・自宅周辺以外の誰も知らない場所で接点があったというもの。

 

そして2つ目は、リアルの世界ではない、たとえばネット上などで知り合い、

普段の行動範囲の外で会っていたという可能性です。

 

北口聡美さんの家族・友人が知らなかった北口聡美さんの素顔…

裏の顔とはいったいどんなものだったのでしょうか?

広島県廿日市市女子高生殺人事件の被害者の誰も知らない裏の顔と警察が触れないその訳…

今回、広島県廿日市市女子高生殺人事件を調べていくにつれ、

行き当った2つの気になる声がありました。

 

あくまでも噂の域を出ない声ですが、

案外手掛かりが隠されている可能性もあるかもしれません。

 

それが、北口聡美さんに関するある噂と、

同じ広島県廿日市市内で、今回の事件のわずか数日後に起きた心中事件との関連を疑う声です。

 

北口聡美さんには中学時代からある良からぬ噂がたっていたという話があります。

 

不確かなことなので詳細は書きませんが、

北口聡美さんは、中学時代から成績が良く、問題を起こすような生徒ではなかったようです。

そんな真面目な北口聡美さんが、

学校や塾といった普段の行動範囲とは別のところに裏の顔を持っているという内容です。

 

この噂を耳にした中学時代の友人は、

才色兼備である北口聡美さんへのひがみから生まれた単なる噂だと認識していたところ、

今回のような凶悪事件に巻き込まれ、この噂をふと思い出した、と言います。

 

仮にそういう人物がいたという可能性があったとしても、

被害者が実生活のそとで持った犯人との接点は、非常に露呈しにくいものだと思います。

そういった部分から、未だ犯人逮捕に至ってない可能性もあるかもしれません。

 

ふたつめの気になる声が、同じ市内で起きた心中事件との関連を疑う声です。

2004年10月5日、広島県廿日市市女子高生殺人事件が起こったわずか数日後、

同じく廿日市市内である夫婦の心中事件が起きたそうです。

心中した夫婦の息子は直前に自殺していており、

今回、2つの事件の関連性を疑う声を寄せた人物は、数日前にも女子高生が襲われるという凶悪な事件の記憶が新しく、

また廿日市市か、と感じたということを覚えている、と語っています。

 

その後、心中事件の直前に自殺した男が、女子高生殺人事件の犯人であるという噂が広まったそうです。

この人物は不審に思いました。

ちょうどその時、廿日市市女子高生殺人事件が未解決事件として

テレビ朝日の「TVのチカラ」に取り上げられていることを知り、

番組に情報提供し、取材を受けたそうなのです。

 

しかし、番組スタッフからの連絡は途絶えました。

2つの事件の間に何の関連性もなかっただけなのか、

あるいはその心中事件には触れてはいけない何かが絡んでいるため

取材の打ち切りとなったのかは定かではありません。

 

以上の噂は現段階ではあくまでも噂に過ぎません。

しかし、報道されているものが全てでないことは事実ですし、

世の中には裏で伏せられている情報が存在することも事実です。

 

今回元FBIの特別捜査官がつかんだ北口聡美さんの裏の顔とは、

いったいどのようなもので犯人逮捕につながるものなのでしょうか?

期待したいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る