黒革の手帖4話ネタバレあらすじ&感想 高嶋政伸の怪演に鳥肌!元子の快進撃が順調すぎて怖い

Pocket

武井咲さん主演ドラマ『黒革の手帖』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

貧しい生い立ちが原因で金に異様な執着を見せる元子(武井咲)。そんな元子のことを、元楢林クリニック看護師長・中岡市子(高畑淳子)は『女の幸せがわからない可哀想な女にしか見えない』と評しますが、元子の欲望は尽きず・・・

売りに出されるという銀座最高峰のクラブを手に入れるため、元子が再び黒革の手帖を取り出します。

以下、ドラマ『黒革の手帖』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『黒革の手帖』第4話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』第4話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

かつての派遣行員仲間・波子(仲里依紗)を夜の世界に引き入れた元子。しかし、波子は予想外の悪女ぶりを開花させ、クラブ・カルネの存続を脅かすまでの存在となりました。

元子が波子のパトロンである楢林クリニック院長・楢林謙治(奥田瑛二)に近づき、黒革の手帖を使って金を脅しとったことにより、波子の出店は白紙に戻り、このことが原因で元子は波子から激しく憎まれることとなります。

波子は元子が行員時代にしでかした何かが、元子の弱点であると考え、東林銀行元次長・村井(滝藤賢一)に接触。村井は自らにも危険が及ぶことから、元子の横領の件について波子には明かしませんでしたが、元子の辞職以来、左遷され、人生を台無しにされたと波子同様、元子のことを激しく憎んでいたのです。

波子からクラブ・カルネのことを聞いた村井は執拗に店に現れ、元子に金を無心します。村井から元子を守ったのは、安島富夫(江口洋介)でした。

安島に心惹かれ始めた元子でしたが、近い選挙で出馬することが決まっている安島は、大手ゼネコンの社長令嬢・堂林京子(江口のりこ)と政略結婚が決まっています。

安島への淡い想いよりも、元子のことを駆り立てるのは金でした。幼少期から金に困っていた元子は、両親は金に負けたと考えており、だからこそ、自分は金に勝ちたいと考えています。そのために必要なのが、銀座のトップだったのです。

そんななか、銀座最高峰のクラブ・ルダンが売り出されるという噂が流れます。どうしてもルダンが欲しい元子は、黒革の手帖を使って、上星から金を脅しとる計画をめぐらせ始めるのでした。

さらに詳しいドラマ『黒革の手帖』第4話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』第4話の視聴率

ドラマ『黒革の手帖』第3話の視聴率は第2話の視聴率を1.4%下回り、10.9%という結果となりました。とはいえ、11.7%→12.3%→10.9%という推移は、今期放送中の連続ドラマのなかでもトップクラスのものとなっており、今後にも期待できそうな予感です。

ドラマ『黒革の手帖』第4話の視聴率は、物語中盤ということで少し落ち着いて10%代と予想します。実際のドラマ『黒革の手帖』第4話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『黒革の手帖』第4話の視聴率は10.7%でした

それでは、ドラマ『黒革の手帖』第4話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』第4話のあらすじ(ネタバレ)前編

銀座最高峰のクラブ、ルダンが売りに出された。その売値はおよそ3億円。不動産業者を訪れた元子(武井咲)は、もし今カルネを売りに出すといくらになるか尋ねる。業者は時間をかければ、買った時と同じ値の1億円で売れると答え、元子は微笑んだ。

(あと2億いる・・・)黒革の手帖のページをめくる元子。元子は次の獲物を上星ゼミナール理事長・橋田常雄(高嶋政伸)に定めた。

上星から、箱根に旅行に行かないかと電話で誘われた元子。元子は予定を確認してみると言い、上星はあとで店に行くと電話を切った。

安島富夫(江口洋介)がカルネを訪れた。安島は政財界のフィクサー・長谷川庄治(伊東四朗)と待ち合わせているという。

選挙を控えている安島は群馬に選挙事務所を開くと、元子に報告。元子は事務所開きの日には必ず駆けつけると微笑んだ。

元子が楽しく安島と話していると、現れた上星が割り込んできた。『土日は?平日は?』しつこい上星。『2人で箱根旅行行くんだ』上星は安島の様子を探るような目で見つめた。

安島が近々結婚すると元子が上星に伝えると、『じゃあ私はいくらママを口説いても、箱根に旅行に行っても構わないね?』と上星は笑う。その時、長谷川が来店したとボーイが伝えにやってきた。すると、上星は突然慌て出す。『ここから出来るだけ離れた席にして!早く早く!』
 

【スポンサーリンク】

 
しかし、上星は長谷川に見つかり、長谷川や安島、元子達と同じ席で飲むことになってしまった。『で、どうなんだ?例の件だけど』長谷川が切り出したのは、近々売りに出されるという料亭梅村の件。長谷川は、上星に料亭を買ったらどうかと勧めており、しかし上星は気が進まない様子。

『お金というのは生き物なんだ』大事に扱えば、一旦は出て行っても戻って来る。料亭も転売すれば、必ず元はとれると物件の購入を強く勧める長谷川。『君が裏口入学でいくら儲けてるか知らんと思ってるのか?』上星は笑ってごまかすが、長谷川は追及の手を緩めない。『とにかく、梅村の件は頼むよ。今度、ママと一緒に品定めに行ってきなさい』

長谷川に言われ、梅村を訪れた元子と上星。実物を目にし、上星は『確かにこれなら2億で買っても、すぐにそれ以上で売れるかも・・・』と物件の購入に興味を示す。

その頃。長谷川と安島、安島の婚約者の堂林京子(江口のりこ)も料亭梅村にて、会っていた。上星と元子、安島と京子は廊下で偶然出会った。婚約者を元子に紹介する安島。『こんな綺麗な奥さんもらっちゃったら、安島くんももう銀座遊びできないね?』上星は嬉しそうに冷やした。

車に乗った安島は元子について、京子から尋ねられた。『長い付き合い?』別に外に女性がいても構わないと京子は淡々と話す。自分たちの結婚には打算しかないと言う京子の口を、安島はキスで塞いだ。

個室で食事を楽しむ上星と元子。『結婚から人生をやり直したい。その時はママと一緒になる』と言う上星。『どう思った?安島くんの婚約者。嫉妬した?』元子が安島に気があることはお見通しだという上星は、一生京子に頭が上がらない安島のことを気の毒だと言う。

突然、上星が元子の顔色が悪いから休んだほうがいいと言い出した。上星が隣の襖を開けると、そこにはなぜか布団が敷かれている。『私が寝かしつけてあげるから!私は安島くんとは違う!真実の愛が欲しいんだ!!』上星は元子に襲いかかってきた。

次ページのドラマ『黒革の手帖』第4話のネタバレあらすじに続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る