過保護のカホコ5話ネタバレあらすじ&感想 初,カホコと交際したい宣言!カホコも脱過保護宣言で母家出の事態に

Pocket

高畑充希さん主演ドラマ『過保護のカホコ』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

父・正高(時任三郎)の家出を皮切りに、これまで溜まっていた膿がカホコ(高畑充希)の親戚中で噴出。合わせて、初(竹内涼真)の母に捨てられた壮絶な過去が明らかになります。

これまで他人の力で生かされてきたカホコが、誰かの力になることはできるのでしょうか?

以下、ドラマ『過保護のカホコ』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『過保護のカホコ』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『過保護のカホコ』第5話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

人生初めての恋を経験し、初に告白したカホコ。カホコの初恋を巡って、初のことを反対する母・泉(黒木瞳)と、カホコは冷戦状態に突入します。

大変なのは、間に挟まれた正高。なんとか2人を仲直りさせようと心を砕きますが、母と娘の間にできた溝は想像以上に深いようです。

そんななか、初に告白の返事を聞いたカホコ。過保護なカホコはタイプではないと、カホコは振られてしまったのでした。

人生初の失恋に打ちのめされる娘の様子を見た正高は、初のもとへ。過保護家庭で恵まれて育ったカホコには、初のように正しいことをビシッと言ってくれる友人が必要だと、これからも友人として付き合ってほしいと頭を下げます。

また、初もカホコのことを振ったものの、自分の絵に対して的確なアドバイスをくれるカホコに必要性を感じていました。初はカホコを呼び出し、恋愛感情は持てないが、カホコのことが友人として必要だとカホコに告げたのでした。家族以外の誰かに、人生で初めて必要とされたカホコは『こんなの初めて・・・』と夢見心地。

こうして、ひと段落ついたカホコの初恋。正高は縁の下の力持ち的な存在となった自分のことに、カホコが全く気づいていないことに少々寂しい気持ちを隠せません。そんななか、カホコと泉があっさり仲直りしてしまいました。ここでも気を使った自分のことなど気づかずに、仲良く団欒する母娘を目の当たりにした正高が爆発しました。

これまでの不満を妻と娘にぶつけ、『俺はもう嫌だ!疲れた!!』と正高は出て行ってしまったのでした。

さらに詳しいドラマ『過保護のカホコ』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『過保護のカホコ』第5話の視聴率

ドラマ『過保護のカホコ』第4話の視聴率は、第3話の視聴率を0.9%下回り、11.1%という結果になりました。前回を下回ったとはいえ、第4話終了時点の視聴率では、今期放送中のドラマトップ3に入ることは確実な高視聴率を記録しています。

ドラマ『過保護のカホコ』第5話の視聴率は、少し落ち着いて10%代くらいになると予想します。ドラマ中盤をこのくらいでキープすると、最終回に向かって視聴率アップも期待できそうです。実際のドラマ『過保護のカホコ』第5話の視聴率は発表され次第、追記します。

※ドラマ『過保護のカホコ』第5話の視聴率は12.1%でした

それでは、ドラマ『過保護のカホコ』第5話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『過保護のカホコ』第5話のあらすじ(ネタバレ)前編

いつものように泉(黒木瞳)に起こされ、洋服を選んでもらったカホコ(高畑充希)。いつもと違うのは、正高(時任三郎)がいないということだけ。

その頃。正高は実家にいた。教子(濱田マリ)は自分のことを棚に上げ、あからさまに迷惑そうな顔。泉たちの方からすぐに謝ってくるだろうから、そうなれば帰るという正高に、教子は『逆に今頃楽しくやってたりして?』と言った。

一方、カホコの自宅。泉は謝るのは正高の方だと思っていた。『パパが謝ってくるまで、カホコも帰ってきてなんて言っちゃダメよ』泉は正高に連絡を取りたそうなカホコに釘をさす。

駅へ向かう車中で初(竹内涼真)に楽しそうにメールを送るカホコを見た泉は心配顔。『麦野君とは友達になったんだよね?会う必要あるかな?男女に友情なんて存在しないんだし』と言ってみるが、カホコは絵のために自分が必要だと言われたと笑顔で答える。

初のアトリエ。カホコは絵のモデルを初に頼まれた。初の言うとおり、ソファーに寝転んで笑顔でポージングするカホコ。そこに泉から2人だから夕飯は外食しないかというLINEが来た。

正高が家出したことを知った初。初は『どうせすぐ帰ってくるんだから』と取り合わない。『お前にはわからないだろうな。親に愛されて育つのがいかに幸せなことか・・・』とつぶやく初に、『初くんのパパとママは愛してくれなかったの?初くんのこと』と直球で尋ねるカホコ。初は、父親は自分が物心つく前に亡くなり、母親はどこかで男と楽しく暮らしているんだろうと毒づいた。

その夜。正高がカホコにLINEしようか迷っていると、カホコからLINEが来た。(パパ。カホコ、過保護だと思う?)正高は自分にも責任があるが、過保護だと思うと答えると、カホコからはありがとうとだけ返事が来た。家出の件に全く触れられないため、がっかりする正高。

続けて泉から電話が。しかし、その内容は今月の生活費をもらっていないということと、明日夕飯がいるのかという用件のみだった。
 

【スポンサーリンク】

 
翌朝。『まだ扶養家族が増えたままみたいだけど?』正高は教子から釘を刺される。このまま離婚になって、実家に転がり込んでくることになったらシャレにならないと噛み付く教子。正高は渋々生活費を差し出した。

絵のモデルを務めるカホコの頭の中は、正高の心配でいっぱい。そんなカホコは描く気にならないと初は絵を描くのを中断。ネット検索してみたが、どうしたら正高が帰ってくるのかわからないというカホコ。初は『放っておけ』の一点張り。『物事にはなんでも意味があるってことだよ』正高が出て行ったことも、カホコの自立を促す神の言葉だという初。カホコはバイトをしてみる気になった。

その夜。カホコは泉に切り出した。『カホコ、バイトしてみようかな?』『麦野君にそう言われたの?』『・・・でもカホコも本当にそう思うし、ちゃんとママの言うとおり花嫁修行も頑張るから!』泉は明日学生課に行こうと言い出した。

翌日。学生課にて、泉と一緒にインターンの資料を見るカホコ。泉の勧めで、カホコは自宅近くの学童保育のお手伝いをすることになった。

早速バイトを始めたカホコ。その様子を心配そうな様子で見守る泉。泉は見ていられなくなり、思わずカホコの前に飛び出してしまう。

帰宅した泉は子供相手の仕事はカホコには向かないのではないかと言い出した。もし、子供に怪我をさせようものなら、モンスターペアレンツが出てきて大変だと言う泉。しかし、カホコの小さい頃、泉がモンスターペアレンツそのものだったことは正高しか知らない・・・

持病の喘息の発作が原因で、環(中島ひろ子)が病院に運ばれた。カホコが駆けつけると、衛(佐藤二朗)は自分が最近酒を飲みすぎたせいではないかと語り出した。警察での厳しい仕事の重圧から、飲まずにいられないことがあると言う衛。どうやら衛には、若干のアル中の気配がある様子。

厚司(夙川アトム)が病室に入ってきた。『お兄さん、お願いがあるんですが・・・娘が補導されたらしいんです』

節(西尾まり)や厚司、衛とともに警察を訪れたカホコ。糸(久保田紗友)は出会い系で知り合った男にホテルに連れ込まれそうになり、もめたことが原因で補導されたらしい。『ふてくされてないでなんか言ったら?!』声を荒げる節を、糸は睨みつける。『別に誰と付き合おうと関係ないし。言っとくけど、私、死んでもあんたたちみたいな大人にならないから!!』

糸が補導されたことを初に報告したカホコは、糸と初がかつていい感じだったことから糸をなんとかしてほしいと初に相談。『俺が言うのもなんだけど、一応好きなんじゃないの?俺のこと』初はカホコのお人好しぶりに呆れる。

初がいつも持っている使い終わった絵の具のチューブが目に付いたカホコ。『なんでこれいつも持ってるの?』何か思い出があるのかとカホコが尋ねると、初は急に不機嫌になり、バイトに備えて寝たいとカホコをアトリエから追い出したのだった。

次ページのドラマ『過保護のカホコ』第5話のネタバレあらすじに続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る