愛してたって秘密はある4話ネタバレあらすじ&感想 黎と爽は兄弟?!犯人の目的は制裁ではなく破談?!

Pocket

福士蒼汰さん主演のドラマ『愛してたって、秘密はある。』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

黎(福士蒼汰)が父・皓介(堀部圭亮)を殺したことを知っている何者かから、追い詰められ続けるなか、母・晶子(鈴木保奈美)と婚約者・爽(川口春奈)の父・弘晃(遠藤憲一)が知り合いだったことが発覚。

この2人の関係と黎のことを執拗に追い詰める犯人との間に関係性はあるのか?ますます目が離せない第4話です。

以下、ドラマ『愛してたって、秘密はある。』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『愛してたって、秘密はある。』第4話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』第4話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

中学生の時に母・晶子を父・皓介の暴力から守るために殺してしまった黎。黎は晶子と2人で皓介の遺体を庭に埋め、失踪したように見せかけるため、皓介の車を崖から海に落とし、このことは2人の中での永遠の秘密となりました。

11年が経ち、婚約者・爽との結婚を間近に控えた黎に、父殺しの事実を知っているらしい何者かから突然メールが届きます。

それを皮切りに、黎の周囲では不審な事件が続出。海中に落とした父・皓介の車が11年ぶりに引き上げられますが、そのきっかけは何者かによる通報でした。

黎に送りつけられた父の車の鍵には病院創立50周年のキーホルダーが付いていました。限定100個、医師のみに配られたというキーホルダーですが、父の車についていたもののシリアルナンバーは92番。父の後輩・風見忠行(鈴木浩介)のものでした。風見によると、そのキーホルダーはつい最近無くしたとのこと。

そして、爽の父・弘晃に結婚を反対され続けている黎ですが、なぜか突然弘晃の態度が軟化します。それには、直前に黎の母・晶子が弘晃に直談判しに行ったことが関係している模様。晶子と弘晃は旧知の仲であることを、他の家族には隠しています。

そんななか、黎のことを好きな果凛(吉川愛)と、爽のことが好きな虎太郎(白洲迅)が手を組みました。虎太郎は爽の中学時代の1枚の写真を果凛に手渡し、果凛は『これがあの女の弱点か・・・』と嬉しそうな表情。黎に秘密があるように、爽にも何か秘密があるのでしょうか??

さらに詳しいドラマ『愛してたって、秘密はある。』第4話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』第4話の視聴率

ドラマ『愛してたって、秘密はある』第3話の視聴率は、第2回の視聴率を0.5%上回り、9.2%と視聴率を伸ばしてきました。初回8.2%→第2回8.7%→第3回9.2%と順調に上がっています。

ドラマ『愛してたって、秘密はある』第4話の視聴率は引き続き9%代と予想します。そろそろ犯人に関する重大なヒントが登場しそなことから、視聴率もキープするのではないでしょうか?実際のドラマ『愛してたって、秘密はある』第4話の視聴率は分かり次第追記したいと思います。

※ドラマ『愛してたって、秘密はある』第4話の視聴率は8.0%でした

それでは、ドラマ『愛してたって、秘密はある』第4話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『愛してたって、秘密はある。』第4話のあらすじ(ネタバレ)前編

母・奥森晶子(鈴木保奈美)が階段から転落したという連絡を受け、病院に駆けつけた黎(福士蒼汰)と爽(川口春奈)。『早く行ってあげて!306号室!』病院ロビーには果凛(吉川愛)の姿があった。

しかし、病室の晶子は元気そのもの。念のため、精密検査のため明日まで入院するという。『ちょっとね、足滑らせちゃった!年はとりたくないものね』

『さっき爽から連絡があってね。7針縫ったって』弘晃(遠藤憲一)は茜 (岡江久美子)から、晶子が階段から転落した話を聞いた。

黎が帰宅すると、果凛が待ち構えていた。『なんで病院いたの?』『ちょっと風邪ひいちゃって』果凛は黎のために料理を作ると、強引にキッチンに立つ。明日も作ってあげるという果凛に、彼女に作ってもらうと告げた黎。果凛の表情が変わった。『似てる。秘密と恋って似てる。隠したくても、隠しきれないところが』

今度の花火大会に誰と行こうか迷う虎太郎(白洲迅)。黎が本命の彼女は作らないのかと尋ねる。『本命ならいるけど。彼氏持ちの子。ほっといても別れるから』

『おふくろさん、入院したんだってな?お大事に』廊下で黎は弘晃に声をかけられた。反対されていたのではなかったのかと驚く虎太郎。

黎が晶子の病室を訪れると、そこには黄色のバラの花束が・・・『晶子さん、検査中だったから僕が受け取っちゃった』風見忠行(鈴木浩介)が現れる。『黎くんが送ったんでしょ?』配送伝票の送り主の欄には黎の名前があった。

花束をゴミ箱に捨てた黎はメッセージカードに気づく。そこには『早く元気になるといいね』と書かれていた。

黎が帰った後、入れ替わりに爽がやってきた。黎の子供時代の話を懐かしそうに爽に語る晶子。『いつかこの子の震える手を握ってくれる人が現れたらいいなって』爽と巡り会えて、黎は本当に幸せだと笑う晶子。病室のドアの外には人の気配があった。

配送伝票に記載された花屋を訪れた黎。送り主が自分になっているが、記憶にないという黎に、店員は1週間前ネットストアの方から入った注文だと言う。しかし、それ以上の情報はわからなかった。
 

【スポンサーリンク】

 
病室では爽が黎の父親のことが知りたいと晶子に切り出していた。自分には父親のことが好きだったと語った一方、弘晃には嫌いだったと語った黎。そのことが解せないという爽に、晶子は医師で仕事が忙しかったため、あまり遊んでもらえなかったからではないかとごまかした。

爽の自宅。茜が黎と爽の前に手料理を並べる。2人の馴れ初めを茜に聞かれ、学生時代に黎にしてもらった数々の嬉しかったことを話し出す爽。『言葉と違って、行動は嘘つかないから。私のこと真剣に思ってくれてるんだなって・・・』

その頃。弘晃は書斎にて、黎の身元調査報告書とともに受け取った病院で働く晶子の隠し撮り写真を見つめていた。

『良かったら2人で行ってきて』茜は商店街の福引きで当たったという花火大会のチケットを差し出した。爽に虎太郎から電話がかかってきたため、爽は席をはずす。『爽ね、好きな人と花火大会に行くのが夢だったの。楽しんできてね』と茜は笑った。

『こないだなんであんなこと言ったの?私が嘘つかれてるって』爽が尋ねると、虎太郎は『明日空いてる?』と爽に尋ねた。

帰り道。花火大会のことを考える黎の脳裏に、父親を殺害してしまった日の晩、窓から見えた花火が・・・黎は身震いし、激しく肩を上下させたのだった。

爽は最近誰かから付けられているような気がすると、兄の立花暁人(加来賢人)に相談。暁人は知り合いの刑事に頼んでみると言う。

皓介(堀部圭亮)の車中に遺骨がなかったという捜査結果を受け取った一ノ瀬義男(矢柴俊博)と井上大吾(佐伯大地)。『全部流されちゃったのかな?』という井上に、一ノ瀬は『バカだな!ちゃんと読んでみろ』と捜査書類を押し付けた。

退院した晶子が帰宅した。転落した時のことを詳しく聞こうとする黎だが、晶子は後ろに誰かいたような気もするが覚えていないとはぐらかす。『庭のことだって何も事件になってないじゃない?』父殺しのことを知っている誰かに突き落とされたのではないかと心配する黎に、気にする必要はないとあくまでも楽天的な晶子。そこに玄関のチャイムが鳴った。

一ノ瀬と井上が黎の自宅を訪れた。『鑑識が調べたところ、ギアがニュートラルに入ってたんです。崖から落ちた際、車には誰も乗ってなかった。何者かが車を押して、海に落とした可能性が高いということです』引き続き、捜査を続けるという2人に晶子と黎は頭を下げた。

次ページのドラマ『愛してたって、秘密はある。』第4話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る