黒革の手帖3話ネタバレあらすじ&感想“お金に勝ちたい”敵に囲まれつつある元子,銀座トップ目指し再始動

Pocket

武井咲さん主演ドラマ『黒革の手帖』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

元子(武井咲)が黒革の手帖を使ってのし上がっていった一方、堕ちていった東林銀行の次長・村井享(滝藤賢一)や波子(仲里依紗)。

元子に強い恨みを持つ者どおしが組み、企む復讐を、元子はかわすことができるのでしょうか?

以下、ドラマ『黒革の手帖』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『黒革の手帖』第3話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』第3話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

派遣行員として働くうちに、銀行にいくつもの税金逃れのための借名口座が存在し、銀行側がそれを黙認していることを知った元子。元子はその詳細を黒革の手帖に記し、それをネタに銀行を恐喝することによって、銀座にクラブ・カルネを出店、ママの座を手に入れました。

しかし、クラブ経営は元子の想像以上に厳しいもので、かつて手に入れた1億8000万円は5000万円を切るまでに減っていました。そんななか、自らが夜の世界に引き入れた元同僚の波子が悪女ぶりを開花。楢林クリニック院長・楢林謙治(奥田瑛二)に取り入り、カルネの二階上のフロアに新しいクラブを開店させることになってしまいます。

ただでさえ経営が厳しい今、そんな事態になればカルネの存続がさらに厳しいものになることは一目瞭然。元子は楢林の愛人で、波子の出現により捨てられてしまった楢林クリニック看護師長・中岡市子(高畑淳子)に近づき、味方のふりをしてクリニックの裏帳簿を持ち出させたのでした。

黒革の手帖と市子が持ち出した裏帳簿を使い、楢林をゆすった元子。元子は5000万円を手に入れ、そのうちの1000万円を市子に。金がなくなった楢林は、波子の店を出店させるという計画を白紙に戻したのでした。

『文句があるならカルネのママに言え』という楢林の言葉から、今回の件に元子が絡んでいることを知り、怒り狂う波子。波子が元子への復讐に向け、動き出します。

さらに詳しいドラマ『黒革の手帖』第3話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』第3話の視聴率

ドラマ『黒革の手帖』第2話の視聴率は初回の視聴率を0.6%超え、12.3%という高視聴率をマークしました。この数字は現在民放で放送中の14の連続ドラマのうち、『コードブルー』『カンナさーん!』に続き第3位の高視聴率となっています(第2話終了時)

ドラマ『黒革の手帖』第3話の視聴率は引き続き12%前後になると予想します。実際のドラマ『黒革の手帖』第3話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『黒革の手帖』第3話の視聴率は10.9%でした

それでは、ドラマ『黒革の手帖』第3話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『黒革の手帖』第3話のあらすじ(ネタバレ)前編

動き出した元子への復讐計画

『楢林(奥田瑛二)先生に何したの?!寝とったんでしょ?!』と言う波子(仲里依紗)に、『あなたとは違う』と答える元子(武井咲)。『こんなお店出せるお金はどこから出てきたんでしょうか?!やっぱり人に言えないことしてるんでしょ?』あの日、支店長室で何を話してたのかと尋ねる波子に、辞職の挨拶をしていただけだと淡々と答える元子。

『まだミィーテング中かな?』上星ゼミナール理事長・橋田常雄(高嶋政伸)がやってきた。波子はボーイにつまみ出され、エレベータのなかで壁を叩いた。『潰してやる・・・絶対に!!』

今時の親が子供を甘やかすばかりな一方、元子はきちんとしていることから、元子の親がきちんと躾ができていたのだろうと笑う橋田。元子は借金取りの前で泣き崩れる母親の姿を思い浮かべた。

今度箱根旅行に行こうと言う橋田を元子は終始笑ってかわす。そのうち、他の席に呼ばれて、橋田の席を立った元子の姿を、橋田が執念深い眼で見つめていた。

安島富夫(江口洋介)が秘書を務めていた亡き大臣の妻が、法事の席で自らが出馬する旨を宣言している。『まさか散々世話になった大臣や奥さんに後足で砂かけることしないよな?』安島は隣の席の人間に睨まれた。

元楢林クリニック看護師長・中岡市子(高畑淳子)と共に新たにエステサロンをオープンさせる物件を見に来た元子。『私にできるかしら・・・』自分は経営者の器ではないと市子は尻込みしている。

東林ファイナンスで働く元東林銀行の次長・村井享(滝藤賢一)のもとを波子が訪れた。2人は公園に出る。『何があったんです?原口さん、東林銀行で何したんです?』何も話すことはないという村井に、ならば支店長の連絡先を教えてほしいという波子。村井は支店長は左遷され、今は病気で入院中だと語る。『おかしいと思いません?原口さんが辞めた途端に2人とも左遷なんて・・・』波子は今夜酒でも飲みながら話を聞いてくれと、村井の太ももに手を置いた。

クラブ・カルネを安島が訪れた。『選挙のために結婚して、それで選挙に負けたら俺はどうなるんだろう・・・』安島の口から弱音が出た。安島は話題を変え、元子に恋人はいるかと尋ねるが、元子は男性が信用できないと話そうとしない。その理由として、元子は恵まれなかった家庭環境を安島に明かした。

『ママといると、なぜか心許してしまう』安島はかつて建設会社を経営していた父親が、急遽ダム建設を取りやめた政治家のせいで自殺に追い込まれたという身の上話を始めた。安島はその過去から、政治家の道を志したのだという。

ボーイが元子に声をかける。『すいません、一見さんのお客様はお断りしていると申し上げたのですが・・・』そこには村井の姿があった。
 

【スポンサーリンク】

 

村井の奇襲

『あちらの席に・・・』という元子の言葉を聞かず、『ここでいい』と安島の隣の席に座り込んだ村井。村井は瓶ビールしかないことに文句をつけながらも、『再会を祝して』と元子にグラスを合わせた。安島の携帯に着信があり、安島が席を立つ。

村井は波子が元子のことを探っていること、しかし何も話していないことを報告。あの後、自分は左遷され、その年収は三分の一になったと語る村井。『とりあえず金を貸してくれ。100万円。君にとっては端た金だろう?』余裕がないと答える元子。『俺が洗いざらい喋れば・・・』『全てを失うのはお互い同じでしょ?』年収が減ったとはいえ、一般的なサラリーマンの年収よりはいいだろうと元子は余裕の表情。『贅沢は敵ですよ』元子は村井の席を立った。

店の外で電話を終えた安島の前に元子が現れた。知り合いの政治家の息子の尻拭いのため、今から行かなくてはという安島は、村井のことを心配し、何かあったらいつでも電話してほしいと言う。

市子の自宅を酒に酔った楢林が訪れた。『お前なのか?裏帳簿、あの女に。お前なんだろう?なんであんなバカなことをした?!すべてあの駅前の一等地に新しい病院を作るためだったんだろう!?』楢林は目を潤ませながら、市子に訴えかける。市子は泣き崩れてしまった。

閉店後のカルネで、元子は自分に迫り来る波子や村井の脅威に怯えていた。元子が最後に思い出したのは、安島の笑顔・・・

元子は路地裏にて刃物を手にした村井と波子に追い詰められた。『天罰よ!』『天罰だ!』2人に刺され、路上に倒れる元子・・・

次ページのドラマ『黒革の手帖』第3話のネタバレあらすじに続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る