セシルのもくろみ2話ネタバレあらすじ&感想 幸せ装う由華子にDV?!奈央との女の友情の行方は?

Pocket

真木よう子さん主演ドラマ『セシルのもくろみ』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

ひょんなことから読者モデルの切符をつかんだごく平凡な主婦・宮地奈央(真木よう子)。第2話では、専属モデルたちの間でトラブルが勃発、専属モデルの枠が1人空き、読者モデルに格上げのチャンスが到来。

沖田江里(伊藤歩)・カメラマンの山上航平(金子ノブアキ)・ヘアメイクの安原トモ(徳井義実)から成るチーム宮地一丸となって、奈央を専属モデルに押し上げる作戦が始動します。

以下、ドラマ『セシルのもくろみ』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『セシルのもくろみ』第1話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『セシルのもくろみ』第2話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

北春日部に暮らす宮地奈央(真木よう子)は、夫と中学生の息子と暮らす平凡なパート主婦。奈央を一流に育て、自らのキャリアアップつなげようともくろむライター・沖田江里(伊藤歩)に強引にスカウトされた奈央は、何の間違いかファッション雑誌『ヴァニティ』の読者モデルに採用されることになりました。

もともと奈央をスカウトしていたのは、編集デスク・黒沢洵子(板谷由夏)。洵子には現編集長の南城彰(リリー・フランキー)に代わり、自らが編集長となりたいという野望があり、その野望に奈央を利用しようともくろんでいる様子。洵子は南城の好みのタイプが奈央のような女性であることを知っていたのです。

THE読者モデルといういでたちの奈央の同期の読モ・坂下葵(佐藤江梨子)や小田萌子(藤澤恵麻)との埋められないギャップを感じた江里は、葵や萌子と同じ土俵で戦うのではなく、等身大の奈央をさらけ出すという作戦を考えます。江里が打ち出した平凡な奈央の変身企画は成功。奈央は読者モデルの企画1ページを見事勝ち取ったのでした。

一方、奈央自身は自分の気持ちなどまるで無視の、この業界のやり方に辟易していました。しかし、『自分の正義を通したかったら、まず認められること!』というトモの言葉に覚醒した奈央は、上を目指すことを決意したのでした。

さらに詳しいドラマ『セシルのもくろみ』第2話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『セシルのもくろみ』第2話の視聴率

7月13日(木)に放送されたドラマ『セシルのもくろみ』第1話の視聴率は5.1%という結果になりました。基本的に、ドラマは初回と最終回が視聴率を集めやすい傾向にあることを考えると、第1話の5.1%は惨敗と言ってよい数字でしょう。

その理由の一つは、ドラマ『セシルのもくろみ』が放送される木曜22時枠の前クール(桐谷美玲主演『人は見た目が100%』)・前々クール(香里奈主演『嫌われる勇気』)のドラマがどちらも平均6%代と視聴率が低かったせいと思われます。前クールのドラマが面白ければ、その視聴者が引き続き、本クールのドラマを観るという流れがあるので、基本的に、前クールが好評だったドラマは初回の視聴率が高めであることがほとんどです。

個人的にはドラマ『セシルのもくろみ』は面白いと思うので、これから第2話以降視聴率は上がり、ドラマ『セシルのもくろみ』第2話の視聴率は6%代くらいではないかと予想します。

実際のドラマ『セシルのもくろみ』第2話の視聴率は分かり次第、追記します。

※ドラマ『セシルのもくろみ』第2話の視聴率は4.5%でした。

それでは、ドラマ『セシルのもくろみ』第2話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『セシルのもくろみ』第2話のあらすじ(ネタバレ)前編

由華子とママ友になった奈央

自分なりの正義を通すため、再度戻ってきた宮地奈央(真木よう子)。早速、ライター・沖田江里(伊藤歩)、カメラマン・山上航平(金子ノブアキ)は奈央を連れ、相撲部屋での撮影に出かけた。

カバーモデル・浜口由華子(吉瀬美智子)と食事をする編集長・南城彰(リリー・フランキー)。話題は奈央について。由華子は『あなたが好きになるのはわかる』と言った。

食事帰りの由華子と南城と出くわした奈央。『あ、そうだ。今度うちこない?』『・・・はい!!』奈央は、由華子に自宅に誘われたのだった。

海が見える高級住宅街に建つ豪邸に住む由華子の自宅を訪ねた奈央。庭のプールや居間の暖炉に奈央は子供のようにはしゃぐ。『なんじゃこりゃ〜〜!』部屋には由華子の夫の写真が・・・由華子の夫は文学賞作家で、由華子のモデルという仕事にも理解があるらしく、皆から羨ましがられているようだ。

『最近宮地さんに引っ張られすぎてるんじゃないの?』江里は編集デスク・黒沢洵子(板谷由夏)に出した奈央の企画を全てボツにされた。

再び由華子の自宅。息子が同じ中学の同じ部活であることから、息子の話で盛り上がる奈央と由華子。『あ、そうだ!』由華子は奈央をクローゼットに招き入れる。『よかったら幾つかもらってくれない?』仕事の関係でよく衣装をもらうという由華子。奈央はほぼ新品の洋服を山ほどもらって帰ってきた。
 

【スポンサーリンク】

 

読モから専属へ?!チャンス到来!

翌朝。由華子からもらった服に着替えた奈央に驚く夫・伸行(宇野祥平)と息子・宏樹(佐藤瑠生亮)。『どうしたのそれ?!』『やっぱ変だよね、着替えてくる!』『いいよ!!ねえ?』『うん、いい!』2人に褒められ、奈央は上機嫌。

出版社にも奈央は由華子からもらった服を着て、やってきた。『なにそれ?!』驚く江里は、由華子の服を着た自分をインスタに載せてもいいという奈央の言葉の矛盾を指摘。すっかり由華子に染まってしまった奈央に奈央らしさはない。『私、ハマユカになる!!』奈央は由華子に心酔している様子。

メイクルームで葵(佐藤江梨子)が専属モデル2人が子供の話がきっかけで殴り合いの喧嘩をしたという噂を聞いたと安原トモ(徳井義実)に切り出した。『耳が早いね?誰に聞いたの?』『ちょっと・・・』葵は言葉を濁す。どうやらその話は本当らしい。

葵と萌子のメイクが終わり部屋から出て行き、やがて奈央の番になった。トモは由華子から服をもらったことはあまり言わないほうがいいとアドバイスした。

葵の企画が通った。葵の企画を押したのは副編集長・石田信也(眞島秀和)。『なんであんたが仕切ってんの?読モ担当は私なんだけど』洵子と石田は一触即発状態に。

編集部員が呼ばれ、洵子から今回喧嘩した専属モデルの空きに、読者モデルから1人選ぼうと考えているとの話がある。またとないチャンスに浮かれた江里は奈央に電話。『絶対とるよ!!』

葵と密会する石田。そうやらこの2人はただならぬ関係にあるらしい。

次ページのドラマ『セシルのもくろみ』第2話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る