母になる9話ネタバレあらすじ&感想 広,巣立ちの時“お母さん2人いちゃいけない?”最終回で結衣が出す答えは?


沢尻エリカさん主演のドラマ『母になる』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

広(道枝駿佑 )のことを信じ、2年前なぜ広が施設に預けられたのか?麻子(小池栄子)に何があったのか?と正直に包み隠さず話して聞かせた結衣(沢尻エリカ)と陽一(藤木直人)。結衣たちは広がどんなにショックを受けるだろうかと心配していましたが、意外にも広の反応はあっさりしたものでした。

その翌日、本当のことを話したと結衣から報告を受けた麻子は結衣を非難。直後、いつも通り登校したはずの広が学校に来ていないと学校から連絡があり、麻子は広がショックを受けているからに違いないと推測しますが・・・

以下、ドラマ『母になる』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『母になる』第9話がまだの方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『母になる』第9話までの簡単なあらすじ

育児放棄をした末に息子を死なせてしまった愛美(大塚寧々)。その後、再婚した愛美でしたが、再婚相手の連れ子・リュウ(間中斗環)もまた、実の母親により育児放棄されていました。リュウと向き合う努力はした愛美でしたが、リュウは帰ってこない実の母親のことを頑なに信じ、継母である愛美に心を開きません。

かつては仕事に、家事に、子育てにと意欲的に取り組んでいた愛美。いっぱいいっぱいの毎日の中、愛美はつい感情的になり、怒る必要のないところで子供を怒ってしまいます。一つが崩れると、あとはなし崩し的に全てがうまくできなくなったと明かした愛美を『母親も、子育てもやり直せます!』木野(中島裕翔)は励まします。愛美はリュウと向き合うことで、かつて死んでいった息子が自分をどんな気持ちで待っていたのか?を知り、母親を、子育てをやり直していくことになりそうです。

そして結衣は、麻子が人を傷つけ、刑務所に服役していたことを広に明かしました。広の反応は意外にも『そうなんだ・・・・で?それだけ?』というもの。『そっか、わかった。じゃあ寝るわ。おやすみなさい』明るい広に拍子抜けする結衣と陽一。

翌日、結衣は麻子に会い、広に本当のことを話したことを報告。麻子は広は想像以上にデリケートだと主張、結衣が真相を明かしたことを麻子は責めます。そんななか、広が学校に来ていないと担任から連絡が・・・ショックを受け、登校できずにいるに違いないという麻子が広に電話すると、かけ直してきたのは女子高生の桃(清原果耶)でした。

広が真相をどのように受け止めているのか?そして学校をサボって一緒にいた女子高生とはどういう関係なのか?第9話で明らかになりそうです。

ドラマ『母になる』第9話までのさらに詳しいネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『母になる』第9話のあらすじ(ネタバレ)前編

学校をサボったことは悪かった、大丈夫だと言う広(道枝駿佑 )。電話を切った結衣(沢尻エリカ)と麻子(小池栄子)は『電話の声女だった!』『女だった!何あれ?』と戸惑いを隠せない。ふと我に返った結衣は、もう麻子には関係ないことなのだから首を突っ込まないでほしいと伝え、帰って行った。

事態を聞きつけた里恵(風吹ジュン)から広のことを心配する電話が帰宅した結衣にかかってくる。結衣は最近広が急にマウスウォッシュを使い始めたことを里恵に報告しながら、ふと気付き慌てる。『なんで急に口のなかをきれいに?!そういうこと?そういうことよね?!』そんな結衣に里恵は家族会議をしようと提案した。

琴音(高橋メアリージュン)に会った麻子は広のことが心配だと漏らすが、琴音は母親より女の子に目がいく年頃だから自然なことだと言う。『それより自分のことに目向けたら?』琴音は麻子に仕事の紹介状を手渡した。

柏崎オート。現れた西原莉莎子(板谷由夏)・西原太治(浅野和之)・西原繭(藤澤遥)・木野愁平(中島裕翔)、それに柏崎オートの社員たちに驚いた結衣は里恵に確認。『家族会議ですよね?』里恵は広と近しい人皆に声をかけたという。結衣が麻子も呼んだのかと尋ねると、里恵はあの人は家族じゃないから呼んでいないと笑った。

広が一緒にいた女子高生は桃(清原果耶)という名前だった。一緒にいるのを見たという繭や柏崎オートの従業員たち。『そんなんじゃないし。通りすがりのJKだし』という広に、なぜ学校をサボったのかと皆で尋ねると、広はもう2度とサボらないと約束し、理由は言わなかった。

自宅に戻る里恵と琴音。『今日の家族会議は広のためというか結衣ちゃんのためだから』いざとなったらあれだけの人が助けてくれるのだと言うことを結衣に知らせたくて、今回の家族会議を開いたのだと言う真意を里恵が琴音に話している。忘れ物を届けに来た結衣はそのことを聞き、礼を言う。

『あ、麻子さん、いなくなりますよ?』奥能登の旅館の紹介状を麻子に渡したという琴音。麻子は旅館で働くため、来週には東京を離れることになっていると琴音は結衣に報告した。
 

【スポンサーリンク】

 
放課後。広が桃を呼び出した。『花火大会どうする?行きたいって言ってたからさ?』『・・・どうしようかな・・・後で連絡する』『連絡して。じゃあな』

『ただいま〜』帰宅した広は桃からいつ連絡が来るかとスマホに夢中。出迎えた結衣の顔も見ようとしない。自室に戻った広のことを、部屋の外から伺う結衣。やがて桃から(花火大会、OK。一緒に行こう)というLINEが来た。『やった〜〜〜〜!やった〜〜!』

部屋から降りてきた広は明日の花火大会に行きたいという。『いいよ、行こう!』という結衣に広は『お母さんとじゃなくて』と答えた。広が部屋に戻ったあと、結衣は悔しがる。『桃ちゃんか〜〜クッソ〜!』

その夜。花火大会に行く許可を陽一(藤木直人)に取る広。陽一は門限を20時までだと言うが、広はそれでは花火が全部見られないと反論。しかし、中学生なんだからと陽一が諭し、広も20時という門限を受け入れた。

広が部屋に戻ったあと、陽一は麻子が本当に東京から去るならば、広にもそのことを話したほうが良いと結衣に伝えた。

翌日。浴衣姿で広のことを迎えに来た桃。『忘れ物!』陽一が携帯用のマウスウォッシュを広に差し出す。『初めてだからってうかれないようにな?』という陽一に広は『初めてじゃないし』と言い残し出て行こうとする。気が気でない結衣を残し、広は花火大会に出かけて行った。

『お忙しいところすいません。今話していいですか?』木野に電話する結衣。『広が以前にも彼女がいたみたいなことを言ってたんですけど、ご存知ですか?』木野は施設に居るときにそんな話を聞いたことはないが、今時の子供だからあってもおかしくはないと言う。

ますます落ち着かない結衣は続けて麻子に電話。喫茶店に呼び出した。

やってきた麻子は東京を離れることにしたと結衣に報告。本当のことを知ってもなお、広がショックをうけなかったこと、彼女がいるらしいことを知り、広は自分から離れていきつつあると感じたという麻子。『私の連絡先を削除してください。私もお2人の連絡先を削除します』最後に聞いておきたいことはないかと尋ねる麻子に、結衣は『ひとつありました』と切り出す。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る