あなたのことはそれほど8話ネタバレあらすじ&感想 小田原は涼太と同類で美都へ歪んだ愛情が?!嫌がらせの正体も彼か


波瑠さん主演ドラマ『あなたのことはそれほど』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

不倫関係を終わらせたものの、罪悪感に耐えきれずに自ら浮気した事実を妻・麗華(仲里依紗)に明かしてしまった有島(鈴木伸之)。麗華は勘づいてはいながらも、有島の告白に対し『嘘をつき通して欲しかった』とショックを隠せない様子です。

一方、夫・涼太(東出昌大)との関係に限界を感じた美都(波瑠)は離婚を決意。しかし、涼太は離婚に応じません。

そんななか、なぜか離婚を勧める小田原(山崎育三郎)。涼太と悦子(麻生祐未)が気づき、『なんで別れてほしいの?』『もしかして(美都のことを)好きとか?』と尋ねます。

2つの夫婦が迎える結末、そして小田原の真意とは果たして・・・?!

以下、ドラマ『あなたのことはそれほど』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『あなたのことはそれほど』第8話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『あなたのことはそれほど』第8話までの簡単なあらすじ

有島から別れを切り出され、抵抗するも、その様子に有島の本気度を察した美都は別れを受け入れました。そんな美都に対し、涼太は『遊ばれたんだね、かわいそうに・・・』と相変わらず安定の前向き発言。

半ば力づくに自宅に連れ戻され、日常に戻った美都。美都の前に小田原が現れ、『渡辺とは別れたほうがいいと思います。お互いのために・・・というより、奥さんのほうかな?美都さんには幸せになってほしいから・・・・』という意味深発言。小田原はただの野次馬なのか、それとも美都のことを好きなのか・・・気になります。

そんななか、有島は罪悪感に耐えきれず浮気してしまった事実を麗華に告白しました。直後から、明らかに変化した麗華の自分への対応に戸惑いを隠せない有島。2人の間生まれた溝は確定的になりました。

一方、離婚を決意した美都は、涼太に離婚届を差し出し、記入してくれるよう頼みます。不倫は最中だけではなく、終わってからも怖い。そんなことを感じざるを得ない第8話となりそうです。

更に詳しいドラマ『あなたのことはそれほど』第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『あなたのことはそれほど』第8話のあらすじ(ネタバレ)前編

夫・涼太(東出昌大)との離婚を決意した美都(波瑠)は、別居に向け、物件探しをしていた。帰宅した美都が確認すると、新しい離婚届には渡辺のさんずい部分しか書かれていない。早く離婚届を書いて欲しい美都、はぐらかしたい涼太。

すでに美都と涼太は別々に寝ていた。翌朝、美都は起きてくるなり、新しい離婚届を確認。そこには『渡刀』と書かれていた。

一方、浮気を告白した光軌(鈴木伸之)と麗華(仲里依紗)の間には溝ができていた。ため息をつきながら出勤する有島の様子を、こっそり皆美(中川翔子)が見ている。

通勤途中の美都は有島に似た容姿の男性とすれ違い、思わず振り向く。(涼ちゃんと離婚が成立したとしても、有島くんに会うことは・・・ない)

出勤した美都は森瑠美(黒川智花)に結婚することになったと報告を受ける。たくさんの候補がいた中、一番長く好きでいられそうな人を選んだと語る瑠美。『万が一、離婚したらバカみたいだから』という瑠美は、占いに行った際、結局運命を決めるのは自分だと言われたと美都に明かした。

公園で皆美に出会った麗華。皆美は、有島が麗華を選んだ理由など、有島夫婦の関係をあれこれ詮索するのだった。

美都が帰宅すると、涼太が料理を作っていた。『書いた?名前、書いた?』離婚届を涼太が書いたのかを真っ先に気にする美都に、涼太は離婚届を見せる。そこには『渡辺涼犬』と書かれていた。点を打つところを間違ったという涼太に、美都は新しい離婚届を差し出す。

そんなことなど一向に構わない様子の涼太。『味見してみない?ほら?』涼太はポテトサラダを美都に味見させる。(私たち、離婚するんだよね・・・?)一向に進まない離婚話に美都は一瞬自分が置かれた状況を見失いそうになる。
 

【スポンサーリンク】

 
帰宅した有島が亜胡の寝顔をみていると麗華が起きてきた。『起こさないでね?』以前、亜胡を触ろうとした際に手を洗えと言われたときのことを思い出し、思わず手を引っ込める有島。

翌日は休日。麗華は天気が良いから公園に行こうと有島を誘う。麗華からの思わぬ誘いに喜びを隠せない有島。

動物園に行こうと有島と麗華が外に出ると、皆美が現れた。動物園に行くという話を聞き、皆美はしきりに羨ましがる。『一緒にどうですか?』有島の社交辞令を真に受け、皆美が夫と子供を連れ、一緒についてくるという。『光軌はいい人ね。人の旦那って面倒なのよね・・・』と麗華は呟いた。

その頃。ここにいたらダメだと感じた美都は物件探しへ。涼太は離婚届を記入するが、今度は『渡辺涼天』と書いてしまった。そこに小田原真吾(山崎育三郎)から電話がかかってきた。

街中で子連れの母親を目にした美都はふと(もしかすると子供がいたら変わってたのかな?)と思う。直後、美都は生理が長いこときていないことに気づいた。

動物園。亜胡を中心に楽しそうな有島一家とは違い、皆美の夫はあくびをかみ殺す。

やがてお昼になった。手作りの弁当を持ってきた麗華に対し、皆美は急だったためコンビニ弁当。夫は麗華の弁当を羨ましがる。続けて、夫は離乳食を皆美がうまく用意できなかったことを持ち出し、『本当馬鹿だから!』と皆美を卑下する。そのとき、耐えきれなくなった有島は、母親を馬鹿にする父親を見て育つ子供がかわいそうだと麗華と亜胡を引き連れ、帰っていく。

車中。あんな父親でも俺よりはマシかと呟く有島に、麗華は『あれで浮気してたら完璧なダメなやつね』と冷たく言う。有島が麗華を選んだ理由を今言いたいと語り出す。それは初めて有島が麗華を名前で呼んだときのこと。麗華の冷静さを見た有島は、きっとどんな状況になっても、麗華とならずっと一緒に居られると思ったからだと語る。

『結婚式の誓いの言葉見たいね?』有島の言葉を聞いた麗華は声をあげ笑い出し、その後急に真顔になる。『私今辛いよ?辛い私とこのまま一緒に居られる?どうしてずっと嘘をつきとおしてくれなかったの?』
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る