クライシス9話ネタバレあらすじ&感想 爆弾と共に稲見散る!?結城に見たのはもう1人の自分か


小栗旬さん・西島秀俊さん主演のドラマ『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

テロリストに転身したらしい自衛隊特殊部隊員時代の友人・結城雅(金子ノブアキ)から、『手を組まないか?』と誘われる稲見(小栗旬)。一方、林千種(石田ゆり子)を失い傷心の田丸三郎(西島秀俊)にも、『あなたの力でこの国を変えてみませんか』と謎の男が近づきます。

これまでに2人の心のなかで鬱積した国家への不信感が爆発してしまうことはあるのか?目が離せない展開です。

以下、ドラマ『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』第9話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』第9話がまだの方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』第9話までの簡単なあらすじ

かつて公安に属していた田丸はある問題から公安からの信用を失い、なんとか失った信用を回復できないかと考えていました。

当時、田丸がしていた仕事が、協力者の確保です。そんな田丸の目に留まったのが会社からの横領、妻・千種との不仲という問題で首が回らなくなっていた林(眞島秀和)でした。田丸は林に近づき、千種と出会います。田丸は美しい千種に心を奪われてしまいました。

単身身分を隠して団体に飛び込み、潜入捜査を行う仕事が、どんなに危険な仕事であるかを田丸は知っていました。しかし、林を獲得し公安からの信用を回復したいと言う気持ち、仕事にかこつけて美しい妻と会い続けたいという気持ちに誘惑され、田丸は言葉巧みに林を勧誘。結果、林は神の光教団に送られ、命の危険にさらされています。

そんな後悔から、林救出は断念すると判断した国家に背き、田丸は林の救出に向かい、成功。しかし、田丸と千種の関係を察した鍛治大輝(長塚京三)は、千種と林を海外に送り、二度と国内に戻さないという判断をしたのでした。

冷静沈着な田丸ですが、今回の件で、ますます国家への不信感が増大した様子。そして、かねてから不信感をあらわにしている稲見。2人は国家への忠誠を貫き通すことができるのでしょうか?

ドラマ『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』第9話までのさらに詳しいネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』第9話のあらすじ(ネタバレ)前編

2016年。建物内で爆発が起こり、自衛隊特殊部隊員が突入する。現場には数々の犠牲者が・・・目の当たりにした1人の特殊部隊員は恐怖に息を震わせた。

公安機動捜査隊特捜班の事務所。休日にもかかわらず、出勤している大山玲(新木優子)。すると、樫井勇輔(野間口徹)が出勤してきた。せっかくの休日くらい、家族に会いに行かなくても良いのかと大山に尋ねる樫井。『休日が台無しになる程暗い話になるけど、それでもいい?』『・・・止めとくよ』大山は樫井を誘い、将棋を始めた。

すると、そこに吉永三成(田中哲司)が出勤してきた。現在家族とは別居中の吉永。大山がランチに皆を誘い、3人は連れ立って出て行く。

とある公園。田丸三郎(西島秀俊)が1人ベンチでコーヒーを飲んでいる。田丸は先日、教会にて1人の男に話しかけられた時のことを思い出す。

『少しお話しさせていただいてよろしいですか?』そう言い、近づいてきた男。『あなたの支えている国家は腐敗していると思いませんか?』田丸が国家のために尽くそうとすれば、するほど国家は腐敗すると男は言う。『あなたの力でこの国を変えてみませんか?』1ヶ月後にまたここで話そうと言い、男は去った。

稲見朗(小栗旬)はバーで知り合った松永芳(野崎萌香)と映画館にいた。上映中に爆睡してしまった稲見に、芳は微笑みながらそっとブランケットをかける。

そして、休日明け。事務所に鍛治大輝(長塚京三)が現れた。『稲見、話がある。ちょっと来い』ただならぬ気配を感じる班員たち。

稲見を外に連れ出した鍛冶。『結城雅(金子ノブアキ)を覚えているか?』結城は稲見の特殊部隊員時代の友人。鍛冶は結城と最近いつ連絡をとったかと尋ね、稲見は除隊後にはとっていないと答える。『2週間前に突然姿を消したそうだ』休暇後、そのまま戻っていないという結城。結城は地元の北海道にも帰った形跡はない。『もしお前の前に結城が現れたら、俺にすぐ連絡をよこすんだ。いいな?』という鍛冶に、稲見はこの件に裏があるなら隠さずに教えて欲しいという。それほどに結城は優秀な部員だったのだ。鍛冶は事情が見えてきたら教えると稲見に約束。そんな2人の様子を遠くから結城らしき男が伺っていた。
 

【スポンサーリンク】

 
バー「40886」の店の前で、突然稲見の前に結城が現れた。固く抱き合う2人。『今から付き合えよ。久しぶりに話そうぜ?』結城に誘われ、2人は夜の公園へ。

なぜ隊から逃げたのかと稲見が尋ねると、結城はその話はお互いの近況を話し合ってからにしようという。しかし、2人は結婚や子どもの誕生といった生活とはかけ離れた生活をしていたため、特に報告するような話題を持ち合わせていなかった。『公安に入ったんだろ?お前がスパイか・・・』という結城。

『あの任務が俺と前にとって初めての試練だったな?』(助けてくれ!)必死に命乞いをする男を射殺した記憶が、稲見に蘇る。

あの任務で国家に仕えることには懲りたかと思っていたのに、なぜ今だにそっち側にいるのかと尋ねる結城に、稲見は自分が国家を変えられると思っているからだと答えた。自衛隊から去った稲見のことを腰抜けだと思っていたが、今は稲見の気持ちがよくわかるという結城。

『俺は歪みきった世界を正すつもりだ。罰を受けるべき人間がのうのうと生きていけるシステムを変えるつもりだ。お前もそれを手伝え。俺たちにはそれができる』と誘う結城に、稲見テロを起こすつもりなのか?と尋ねる。『お前言ったよな?理想主義者に世界は変えられないと。今お前が言ってることと矛盾してないか?何がお前を変えたんだ?』『俺と手を組むのか、組まないのか、どっちなんだ?』そこへパトロール中の警官がやってきた。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る