貴族探偵5話ネタバレあらすじ&感想 犯人は友也か皐月?共犯?!鷹亮や金山も動機十分,狼は誰?

Pocket

相葉雅紀さん主演ドラマ『貴族探偵』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

相変わらず貴族探偵(相葉雅紀)の使用人たちに推理対決で負け続きの女探偵・愛香(武井咲)。前話では、現場に不在だった佐藤(滝藤賢一)に負けてしまいました。

不在だった佐藤に情報を与えていたのは、もちろん貴族探偵しかいないでしょう。なぜ貴族探偵は、自ら推理をせずにわざわざ不在の使用人をつかって愛香のミスを訂正させるという回りくどい方法をとるのでしょうか?そこに貴族探偵の正体に関する重大なヒントがありそうです。

以下、ドラマ『貴族探偵』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『貴族探偵』第5話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『貴族探偵』第5話までの簡単なあらすじ

とある山間にある温泉旅館で殺人事件が起きました。被害者の男性は最近自殺したアイドルと交際していたという噂。被害者男性がアイドルを弄んだことがアイドルの自殺の原因だと考える犯人による、復讐だったのです。

しかし、殺害された男性にアイドルと交際していたという事実はありませんでした。アイドルと交際していたのは、旅館に宿泊していた別の女性。自殺したアイドルは同性愛者で、今回の殺人事件は、アイドルと交際しファンからの復讐を恐れた『優』という女性が、自分と同じく名前だけでは性別の識別が不可能な『和美』という男性と名前を入れ替えていたために起こった間違い殺人だったのです。

貴族探偵は筆跡をもとに、名前の入れ替えが行われていることに序盤の段階から気付いていた模様。しかし、貴族探偵は今回も自らは推理せず、現場には不在だった使用人たちに情報を送り、推理させました(あるいは推理の正解を教えた?)。

このことに気づいた愛香はますます貴族探偵の正体が気になります。愛香は玉村依子(木南晴夏)から、貴族探偵の詳しい情報を知っていそうな人物として、桜川鷹亮(竜雷太)に紹介してもらえることに。貴族探偵は何者なのか?鷹亮から新しい情報が出てくることに期待です。

更に詳しいドラマ『貴族探偵』第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『貴族探偵』第5話のあらすじ(ネタバレ)前編

森の中で狩りをする4人の男性。製薬会社創業家の子息・金山俊市(忍成修吾)・商社創業家の子息・高宮悟(佐藤祐基)・製紙会社創業家の子息・水口佳史(金井勇太)・出版会社創業家の子息・尼子幸介(駒木根隆介)。4人の男性は鷹亮の孫・弥生(北香那)の婿候補。4人の間には弥生をめぐって、一触即発の空気が漂っている。

鷹亮の邸宅の前に到着した高徳愛香(武井咲)。しかし待ち合わせる予定にしている玉村依子(木南晴夏)の姿はない。愛香が依子に連絡すると、なんでも今日は桜川家にてとても大切な儀式がある日らしく、鷹亮に会うことを諦めた依子はドバイにいた。

鷹亮の外孫、豊郷皐月(加藤あい)が表に出てきた。皐月は依子が愛香に連絡をしなかったことを謝罪し、愛香を敷地内に招き入れた。Giriによると、桜川家は元貴族の由緒ある家系。現在、鷹亮の力は政財界にまで及ぶフィクサーだという。

その時、庭に婿候補の4人が入ってきた。『何が始まるんですか?』と尋ねる愛香に、皐月は『お婿さん選びよ』と教える。

邸宅内で、愛香は鷹亮と弥生に会う。数年前に事故死したという弥生の両親。鷹亮は自分が元気なうちに、桜川家の跡取りとなる婿を選んでおきたいのだと皐月は説明する。

桜川家では代々婿選びをする際はキジ狩りをし、仕留めたものが婿となるしきたりがあった。しかし、そのしきたりも現在は形式のみとなり、最後に婿を選ぶのは弥生本人になると皐月は続けた。

強引な金山に戸惑いの表情を見せる弥生のことを、愛香たちが遠巻きに心配そうに眺めていると、執事の愛知川真司(篠井英介)が鷹亮が愛香に会うと言っていると声をかけた。
 

【スポンサーリンク】

 
鷹亮の書斎。『初めまして、高徳愛香と申します。今日はお聞きしたいことがあって参りました。貴族探偵のこと、ご存じですか?彼は何者でしょうか?』『それなら彼に聞いたらいい』愛香が後ろを振り返ると貴族探偵(相葉雅紀)の姿が・・・貴族探偵は今回の儀式の立会人として、鷹亮に依頼され来たのだという。『世継ぎを決めるのはなかなか難しくてね。2人の探偵がいれば安心です』鷹亮は愛香にも立会人を依頼し、愛香は戸惑いながら受けたのだった。

鷹亮に紹介された貴族探偵と愛香。婿候補たちは不信感をあらわにする。『私の名刺を!』配られた名刺は『貴族探偵』という名前のみが入った金色の名刺だった。『なんだこれ・・・』という婿候補たちに、あなたたちのような成金にはこういう名刺が喜ばれると思ったと笑う。貴族探偵と愛香、皐月は別のテーブルで儀式を見守ることになった。

『祝いの杯を!』鷹亮の一声で、キジの生き血が婿候補たちの杯に注がれる。キジを獲った金山だけはしきたりにより、桜色の杯を使った。

すると、生き血を口にした金山が突然吐血し、倒れた。使用人の愛知川友也(白洲迅)が駆け寄る。『触らないで!』愛香が駆け寄ると、金山は床に血で『うつき』とメッセージを残した。『やはり簡単にはなれないようですね?桜川家の跡取りには』と言う神妙な面持ちの貴族探偵。

貴族探偵の依頼で鼻形雷雨(生瀬勝久)・常見慎吾(岡山天音)・冬樹和泉(田中道子)が到着した。今回の由緒正しき桜川家で起きた事件、うちうちに処理してほしいという意向があるのだとか。

一命をとりとめた金山。しかし、金山の杯からは毒物が検出された。犯人は残りの婿候補にいるに違いないと推理する鼻形。鼻形は『うつき』という謎の文字に関係する人物が犯人だという。

次ページのドラマ『貴族探偵』第5話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る