貴族探偵2話ネタバレあらすじ&感想 愛香再敗北!ラスト生チョコを盗った貴族探偵は何者なのか


相葉雅紀さん主演ドラマ『貴族探偵』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

事件が起こったことをどこで聞きつけたのか、突然現れた貴族探偵(相葉雅紀)率いる使用人に事件を解決されてしまった女探偵・高徳愛香(武井咲)。師匠・喜多見切子(井川遥)の仇でもある貴族探偵に見事してやられ、愛香は地団駄を踏み、次こそは、と執念を燃やします。

また、自らは何もせず、ただ遊んでいるような貴族探偵に、裏で使用人の推理を正解に導くような動きを見せているそぶりもありましたね。貴族探偵と使用人たちの推理には何か秘密がありそうです。

以下、ドラマ『貴族探偵』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『貴族探偵』第2話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『貴族探偵』第2話までの簡単なあらすじ

喜多見切子(井川遥)の探偵事務所で働く女探偵・愛香(武井咲)。事務所内で愛香と普通に会話する切子は、貴族探偵との推理対決に敗れ、すでに亡くなっている設定です。ということは、愛香は切子の亡霊と話しているか、愛香の脳内での会話・・・ということになりそうですね。

とある財閥の社長令嬢が主催したパーティーで起こった殺人事件が起こり、現れた貴族探偵(相葉雅紀)や使用人たち(滝藤賢一・中山美穂・松重豊)と競り合うように犯人を推理した愛香でしたが、その推理は外れ、犯人を推理で導き出したのは使用人たち・・・という結果になってしまいました。

第1話にて大きな証拠となったのが別荘ガレージに置かれていた釣竿でしたが、使用人がその証拠に気づくきっかけとなったのが貴族探偵が『釣りがしたい』と希望したこと。すでに全てを推理していた貴族探偵が、使用人が証拠に気づくよう、誘導したのか?そんな可能性が愛香の脳裏をかすめますが、愛香はそれをただの偶然と結論づけました。

『事件を解決できないのは探偵ではない』と貴族探偵にズバリ言い負かされてしまった愛香でしたが、第2話の推理対決の軍配は果たしてどちらに上がるのでしょうか?

更に詳しいドラマ『貴族探偵』第2話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら
 

【スポンサーリンク】

 

ドラマ『貴族探偵』第2話のあらすじ(ネタバレ)前編

『厄神春柾(大和田伸也)先生も是非お会いしたいっておっしゃってましたよ!』編集者・日岡美咲(紺野まひる)が運転する車で、取材のため富士山麓にある厄神の別荘に向かう高徳愛香(武井咲)。突然車の前に落石があり、車は立ち往生してしまう。愛香が警察へ連絡している少しの間に、貴族探偵(相葉雅紀)が現れた。気がつけば美咲は田中(中山美穂)の淹れた紅茶を飲んでいる。

貴族探偵が探偵であることを知り、美咲は興味を示す。『しかし落石とはここの連中は税金で何をしているのかね?』とご立腹の貴族探偵に、佐藤(滝藤賢一)が落石に人の手が入っている痕跡があるため、何者かによってこの石が落とされた可能性があると話した。

苦情を言いに、落石があった上にある別荘に向かった一同。その別荘は厄神の別荘だった。厄神の大ファンである田中は大はしゃぎ。美咲は迷信やしきたりを異様にきにする厄神が、初夢に富士山の夢を見たことがここに別荘を構えた理由だと語った。

『こういうことはきちんと筋を通した方がいいんですよ』と貴族探偵はあくまでも落石の苦情を厄神に言うつもりの様子。チャイムを押すが応答がないため、貴族探偵はずかずかと別荘に上がり込んだ。『先生に叱られます!』大慌ての美咲。貴族探偵は美咲を無視し、厄神の仕事場へと入った。

『いやいや、こんなショーが控えていたとは。さすがの私にもわかりませんでした』厄神の仕事場では、ベッドの上で厄神が頭を殴られ亡くなっていた。人気ミステリー作家の殺人事件の謎を解けば、名があがるチャンスだと貴族探偵は愛香に微笑んだ。
 

【スポンサーリンク】

 
早速、別荘の庭にテントを張った貴族探偵。愛香は現場検証に入る。現場に争った形跡はなく、身内の犯行と推理する愛香。田中は厄神の死に涙しながらも、愛香の推理ミスに備えて貴族探偵にフォローするよう言われていると現場検証を行った。

貴族探偵は庭で美咲とドローンを遊んでいた。佐藤が落石があった場所を見つけたと伝えに来る。石をあげたらしいジャッキも近くで見つかった。

愛香は外部から内部に侵入できる勝手口をチェック。書斎の勝手口はベッドが前に置かれているため、使えなくなっており、キッチンの勝手口に厄神の履き物が置いてあった。厄神はげん担ぎのため、勝手口から出入りしていたという。

チャイムが鳴り、原稿を受け取りに来たという編集者・松尾早織(豊田エリー)がやってきた。1時間前に来たが、応答がなかったため、森を散策していたのだという。するとパトカーのサイレンが聞こえてきた。厄神の死を知り、衝撃を受ける早織。

管轄外の鼻形雷雨(生瀬勝久)が常見慎吾(岡山天音)・冬樹和泉(田中道子)を引き連れやってきた。鼻形は貴族探偵専属となったらしい。

昨日の朝、仕事のため別荘に向かったという厄神。死亡推定時刻は今朝の5時〜8時の間で、凶器は遺体のそばにあったトロフィー。『わかった!犯人は厄神のファンだ!』鼻形は犯人は厄神のファンだと推理。しかし、愛香は争った形跡がないことから、犯人は顔見知りだと推理した。その時、管轄の久下村勇気刑事(平山祐介)が到着した。

貴族探偵が殺人現場で生オーケストラを楽しんでいることに、久下村は立腹。上から好きなようにさせろという指示は受けてはいるものの、貴族探偵のあまりの非常識さに耐えかねたようだ。そこに厄神の妻・令子(横山めぐみ)が連絡を受けやってきた。
 

【スポンサーリンク】

 
続けて編集者・滝野光敏(丸山智己)がやってきた。連載の企画打ち合わせのため、朝の3時にやってきたのだという。厄神との打ち合わせは縁起が良いため、富士山のご来光を見ながらするのが常だったと語る滝野。美咲や早織、他の編集者との打ち合わせもそうだったという。

令子は書斎に特に変わったところはないという。週に一度は令子は掃除に別荘に訪れているとのこと。

令子は落石があった場所をチェック。あの石は富士の石で、厄神が縁起が良いとネットで購入したものらしい。『落とされた石は事件に関係あるのか?』と尋ねる鼻形に、愛香はそうにちがいないと語る。犯人は妻と3人の編集者の中にいる可能性が高いと愛香は推理した。

4人のアリバイを確認した愛香と鼻形、田中。愛香と鼻形には、貴族探偵から豪勢な弁当が用意された。『死ぬほどうめえな〜!貴族万歳だな!』あまりの美味しさにすっかり貴族探偵に買収されそうになる鼻形。

そして今回も田中がまとめたボードが登場した。鍵となるのは厄神が殺害された時刻と落石の時刻のアリバイ。令子と滝野には2つの時間帯ともアリバイがあった。美咲は殺害推定時刻にはアリバイなし、落石時にはあり。早織に関しては殺害推定時刻にはあり、落石時にはなしだった。つまり、2つの時刻ともにアリバイがない犯人がいないということになる。

そのとき、厄神に妻以外の女の影があるとの情報が入る。続けて常見が書斎にあったという革張りの日記を持ってきた。『そういうことか・・・』日記を読んだ愛香は『犯人がわかりました』と言った。

次ページ、ドラマ『貴族探偵』第2話のネタバレあらすじ後編に続きます。
 

【スポンサーリンク】

 

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る